日本国民としての誇りはないのか

水瀬ケンイチ

先日、インデックス投資家が多く集まる投資懇親会に参加した時のこと。

みんなで資産運用について話している時に、アセットアロケーションの話になりました。
自分がポートフォリオの日本株式クラスに10%程度しか配分していない(実際の資産配分)ことを話すと、

「日本国民としての誇りはないんですか!?」

と言われてしまいました。
その場は、

「日本国民としての勤めは、投資ではなく仕事で果たすつもり」

と言って許して(?)いただきましたが、たしかに投資に関しては愛国心が薄くてゴメンナサイという感じです。
個人的には、日本という国自体は好きですが、どうしても仕事が日本に縛られてしまうので、投資に関してはリスク分散の観点からお金は世界に旅をさせようという考えです。
でも、日本を投資の面から応援したいというかたがいらっしゃっても何の不思議もありません。むしろ立派かもしれません。

今までホームカントリーバイアスは「避けるべき心の癖」という印象を持っていましたが、インデックス投資家でも考え方はいろいろなんですね。
あらためて勉強になりました。


そういう目で、「長期分散投資ブロガーの殿堂」で各ブロガーさんたちの目標アセットアロケーションを眺めてみると、けっこうホームカントリーバイアスが強いかたも多いですね。
日本を応援したいという観点のかただけでなく、為替リスク回避という観点のかたもいらっしゃるでしょうし、日本の将来に強気の見通しを持っているという観点のかたもいらっしゃるかもしれません。

アセットアロケーションに正解はないと言われていますが、本当に人それぞれですね。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ