OECD、経済成長率予想を上方修正

ギリシャ危機で総悲観ムードのなか、なにか明るい話題はないんかい?と思っていたら、こんなニュースが出ていました。

Bloomberg.co.jp 2010/05/26より引用】
OECD:経済成長率予想を上方修正-新興国が回復をけん引
経済協力開発機構(OECD)は2010年と11年の経済成長率予想を上方修正した。中国などの新興市場国が債務負担の重い先進国を上回り、世界経済の成長をけん引する。

OECDは26日公表した報告書で、加盟30カ国の10年の成長率見通しを2.7%とした。昨年11月時点では1.9%の成長を見込んでいた。中国などの非加盟国を含めた世界の10年の成長率は4.6%、11年は4.5%と予想した。06年まで10年間の平均は3.7%だった。
【引用おわり】

「そんな楽天的なこと言って、最近のギリシャ危機の影響を考慮していないんでしょう?」とお思いのかたもおられるかもしれませんが、記事を読むと、「ユーロは年初来で14%下落しており、公的債務が先進国の景気拡大を脅していることを示しているとOECDは分析した。中国とインドは景気過熱リスクがあるとしている」となっており、ギリシャ危機の影響など直近の状況は一応織り込んでいるようです。
ちょっと明るくなれるニュースですね。

でも、OECDはしょっちゅう経済成長予想を修正するので、参考程度にしたほうがいいのかもしれません。

P.S
世界経済の協力体制が実質G8からG20に移行したように、そろそろOECDも中国などの新興国を入れたほうがいいような気がします。

関連記事


  





コメント

関与強化国、らしいです >中国

>水瀬さん

いつも興味深く拝見させていただいております。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%8D%94%E5%8A%9B%E9%96%8B%E7%99%BA%E6%A9%9F%E6%A7%8B#.E9.96.A2.E4.B8.8E.E5.BC.B7.E5.8C.96.E5.9B.BD (ウィキペディア)

中国ですが、調べましたら2007年に加盟を視野に「関与強化国」にノミネートされたみたいです。

BRICs当たりは、数年以内にかなり入ってきそうですね。

面白い時代になっているなー、と思っています。

>えいてぃえいとさん

情報ありがとうございます。
OECDに「関与強化国」というものがあるんですね。
いずれ正式に入ってきそうな感じがします。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)