内藤忍氏が運用会社に直撃する動画、第二弾はETF編

水瀬ケンイチ

マネックス証券で、「インデックス投資を極める!第二弾」として、ETFの運用会社に内藤忍氏が直撃するという動画が掲載されています。


マネックス証券 WEBサイト 会社情報
5月27日 【動画】ETF、徹底比較 スペシャル対談第2弾
(ログインしなくても見られます)


第一弾の企画では、インデックスファンド編ということで、「STAMインデックスシリーズ」の住信アセットマネジメントと「eMAXISシリーズ」の三菱UFJ投信を直撃していました。
(関連記事)
2010/04/23 内藤忍氏が商品開発担当者に直撃する動画、第一弾はインデックスファンド編

第二弾の今回は、ETF編ということで、「上場MSCIコクサイ株」などの日興アセットマネジメント、「VT」などのバンガード・ インベストメンツ・ジャパン、「ACWI」などのブラックロック証券を直撃しています。
特に、ブラックロック証券のかたのお話を聞く機会は今まであまりなかったので貴重でした。

国内ETFの利便性で攻める日興アセット、低コストなベーシック海外ETFで攻めるバンガード、海外ETFの多様性で攻めるブラックロックという感じで、それぞれ特徴が出ていて面白いです。
また、内藤氏も日興アセットには「流動性は大丈夫なのか?」と突っ込み、バンガードには「新商品を出す気はあるのか?」と突っ込み、ブラックロックには「他社のETFと比べて何が違うのか?」と突っ込み(それぞれ表現はやや誇張してますが…笑)、個人投資家が聞きたいところを突っ込んで頑張ってくれています。



上記3つの動画に加えて、内藤氏による『「投信とETFの違い」~インデックス投資の3つの選択肢はこう考える』という動画があります。
インデックスファンド、国内ETF、海外ETFの3つについて、メリット・デメリットを紹介していて参考になります。

ただ一点気になったのは、各商品の「特定口座への対応」について言及されていなかったところです。
マネックス証券にとって自分で自分の首を絞めることにもなるので難しいのかもしれませんが、海外ETFが特定口座に対応していないのは、投資家にとって問題です。特に、国民健康保険のかたは、海外ETFの売却益で保険料が上がってしまう可能性もあり事は重大です。
特定口座対応についても包み隠さず説明してくれるとさらに良かったなと思います。

いや、特定口座に対応してくれるのが一番いいんですけどね(^^;


<ご参考>
マネックス証券は以下から資料請求・口座開設できます。(無料)
マネックス証券
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ