SBI証券、外貨MMFの銘柄を6通貨9銘柄に拡充

水瀬ケンイチ

SBI証券が、6月1日より外貨MMFの銘柄を6通貨9銘柄に拡充したようです。

外貨MMFの銘柄数が今までの3通貨4銘柄から、カナダドル、豪ドル、ニュージーランドドルを加え6通貨9銘柄へと大幅に拡充されます。
また、米ドル、ユーロにおいては今までのノムラ・グローバル・セレクト・トラストやゴールドマン・サックスなどに加えてニッコウ・マネー・マーケット・ファンドが用意され、有利なものを選べるようになりました。

外貨MMFについて、SBI証券・楽天証券・マネックス証券で比較すると……


■SBI証券
・米ドル 3銘柄
・ユーロ 2銘柄
・カナダドル 1銘柄
・豪ドル 1銘柄
・NZドル 1銘柄
・南アフリカランド 1銘柄
(6通貨9銘柄)

■楽天証券
・米ドル 1銘柄
・ユーロ 1銘柄
・カナダドル 1銘柄
・豪ドル 1銘柄
・NZドル 1銘柄
・南アフリカランド 1銘柄
(6通貨6銘柄)

■マネックス証券
・米ドル 1銘柄
・ユーロ 1銘柄
・豪ドル 1銘柄
(3通貨3銘柄)

SBI証券の選択肢の広さが光ります。
2010年6月1日現在、ゴールドマンサックスの米ドルMMFの利回りが異様に低い状態(年0.011%)が続いているので、ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド(年0.182%)が選べるのは今のところ有利です。

SBI証券さん、グッジョブ!(^^)b

<追記>2010/06/04
やっしーさんから情報をいただき、SBI証券の外貨MMFは、「為替取引サービス」(課税)により外貨を準備してからの売買になるので、結果的に為替差益に対して課税されるということがわかりました。
これはあまりおすすめできない形です。グッジョブじゃなかった…(´・ω・`)ショボーン
(なお、楽天証券・マネックス証券の外貨MMFは、通常どおり非課税です)



<ご参考>
SBI証券は、以下から資料請求・口座開設できます。(無料)
SBI証券
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ