セミナー参加できず。情報お待ちしております

本日SBI証券で開催のセミナー「東証共催 東証上場ETFで“お手軽”国際分散投資!」に参加する予定でしたが、諸般の事情で参加できませんでした。無念。
(関連記事)
2010/05/19 「国内籍ETFの利点と欠点」を聞きたい

もし参加されたかたがいらっしゃいましたら、どんな感じだったか教えていただけないでしょうか?
特に、「国内籍ETFの利点と欠点」についてどんな話が出たのか知りたいです。
情報お待ちしております。よろしくお願いします <(_ _)>

<追記>2010/06/03
taka_2さんより、知りたかった情報をコメントでいただきました。
ありがとうございました!


関連記事


  





コメント

「国内籍ETFの利点と欠点」について

こちらのブログがきっかけで、セミナーに参加してきました。

「国内籍ETFの利点と欠点」ですが、資料を引用すると、

日本の金融商品取引所の価格形成方式は、売買注文を取引所に集中させるオークション方式で、一物一価を維持でき透明性が高い一方、売買が閑散なときは、証券業者が売買を成立させるマーケットメイク方式(NYやロンドン証券取引所等)に比べて、流動性の確保ということでは劣後することがあると言われます。

の部分じゃないかと思います。

>taka_2さん

おぉ!!情報提供ありがとうございます。
「国内籍ETFの利点と欠点」について、そういうお話だったのですか。
市場価格と基準価額の乖離のお話かと思っていたので、ちょっと意外ですが、とても参考になりました。

市場価格と基準価額の乖離

当日参加したものです。
講師は「市場価格と基準価額の乖離がある」ということについても再三話していました。

ただ、「そういうことを認識しておくこと」ということで、個人投資家がそれに対して何か具体的な対処ができるかというと、それは現実には難しい。だから「納得できる(だけの安い)価格になった時に買うこと」と述べておられました(笑)。


>ミドル英二さん

なるほど。
確かに、乖離の要因が因数分解できない現状じゃ気にしても仕方がないのかもしれませんね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)