鳩山首相辞任に思う

水瀬ケンイチ

本日、鳩山首相が辞任しました。当ブログは普段政治ネタは扱いませんが、ひと言だけ。

着任からわずか8ヶ月あまりの首相辞任の余波で、国家公務員法等改正案、地球温暖化対策基本法案、労働者派遣法改正案などの重要法案が廃案になる可能性があります。
投資関係で言えば、延び延びになっていた確定拠出年金のマッチング法案も成立が厳しそうです。

普天間基地問題や政治と金の問題など、首相が辞任すべき理由はあるのかもしれませんが、できるだけ「政治の空白」は作らないでほしいです。
世の中はめまぐるしく動いていて、政治が落ち着くのを待ってはくれません。

政治は経済の足を引っ張らないでほしい。
そう思います。


P.S
政治については素人ですので、的外れなことを言っているのかもしれませんがお許しを。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ