ホームカントリーバイアスについての研究あれこれ

2010年5月30日の記事「日本国民としての誇りはないのか」は、主に「ホームカントリーバイアス」についてのお話でしたが、予想以上に反響が大きかったので驚きました。

そもそも、ホームカントリーバイアスとは、投資家が何らかの理由によって海外投資に慎重になり、国内資産の投資に偏ってしまう傾向のことです。
今まで、個人的にはホームカントリーバイアスは避けるべき「心の癖」だと思っていましたが、いろいろな理由で肯定されてもいいものなのかもしれないと思いなおしたというお話でした。
でも、いろいろな理由って具体的に何だ?

そこで、ホームカントリーバイアスについての研究レポートを集めてみました。


■年金投資におけるHome Country Bias(ホームカントリーバイアス)について
(1998年4月 大和銀行 企業年金レポート)
http://www.resona-gr.co.jp/resona-tb/info/note/pdf/9804.pdf

かなり古いレポートですが、MPT(現代ポートフォリオ理論)とホームカントリーバイアスの関係について書かれています。
ホームカントリーバイアスの要因として、

・国内情報の入手の容易さ
・国の文化の相違
・投資家のリスク許容度の違い
・外貨建て資産に関する運用規制(リーガルリストルール)の存在

をあげています。
いずれも、それなりに合理的な要因ということができると思います。


■グローバル・マンデート運用の台頭とビジネスへの示唆
(2008年11月 野村総研 Financial Information Technology Focus)
http://www.nri.co.jp/opinion/kinyu_itf/2008/pdf/itf20081104.pdf

日本の年金におけるホームカントリーバイアス是正の動きについてのレポートです。
グローバル・マンデートとは、国際分散を徹底するより高次な視点から国内株式と外国株式の区別自体を廃し、「グローバル株式」という単一のアセットクラスとして運用するという考え方のことだそうです。


■ホームアセット・バイアスが生じる要因(1)~(3)
(2010年1月、2月、4月 ニッセイ基礎研究所 ニッセイ年金ストラテジー)
http://www.nli-research.co.jp/report/pension_strategy/2010/Vol163/str1001d.pdf
http://www.nli-research.co.jp/report/pension_strategy/2010/Vol164/str1002d.pdf
http://www.nli-research.co.jp/report/pension_strategy/2010/Vol166/str1004c.pdf

ここでいうホームアセットバイアス=ホームカントリーバイアスです。
このレポートでは、ホームカントリーバイアスの要因として、

・情報収集コストの存在
・情報の非対称性
・行動経済学的要因
・為替リスクの存在

をあげ、それぞれを検証しています。
私が思っていた「心の癖」というのは「行動経済学的要因」に含まれるようです。
ちなみに、レポートは(3)の先もまだ続くようですので、今後のレポートにも注目していたいと思います。


盛りだくさんですがこれらのレポートを読んでいただければ、是非はともかく、ホームカントリーバイアスにも一定の合理性があることがわかると思います。
また、一方で日本の年金においてそれを解消しようとする動きもあるようです。

ただ、これらのレポートは主に日本の年金を対象とした研究になっており、必ずしも個人投資家に当てはまるものばかりでもありません。
個人においては、特に「ある企業を応援したい」という考えがあるかもしれませんし、日本全体が過小評価されているという個人的見通しがあってもおかしくありません。

それらを踏まえたうえで、ホームカントリーバイアスを排除してアセットアロケーションを決めるか、受け入れてアセットアロケーションを決めるか、投資家各人が判断すればいいと思います。

関連記事


  



コメント

規制やコストの影響が大きい

「その国の株式市場はその国の人が良く知っている」って言うのは情報の非対称性は株式ならではですが、為替ではこれが余り見られません。
株式の場合は言語、規制、コストが壁になってある立場では有利だが、ある立場では不利になるって事はよくおこります。
例えば日本人が米国株を持つ場合と米国人が米国株を持つ場合では、同じ銘柄で同じ株価で買っても米国人の方が有利な場合が圧倒的です。
理由としては米国人では損失が出た時は年間$3000まで給与と損益通算ができたり、日本の投資家の配当課税が二重課税されたりと、どう考えても有利、不利が出てきます。
日本株では会社四季報CD-ROMを使って勝間和代さんの本(決算書の暗号を解け!)では有りませんが、インチキ利益を四季報でスクリーンニングして信用売りするっていう投資手法も圧倒的に日本人ができそうな気がします。
これも情報の非対称性になり易く、まさに「日本株は日本人が良く知っている」って言う原因にもなります。

もうひとつ気になるのは行動経済学的要因ですが、日本ではおなじみの株主優待制度が有ります。
特に初心者だと株主優待銘柄の方が買いやすい傾向に有り、これも理由のひとつかも知れません。

これとは対照的にホームカントリーバイアスが入りにくいのが為替です。
日本円は金利が安いと言う理由だけで円をショートポジする人はいますが、これはホームカントリーバイアスではなく単なる金利要因です。
逆を言えば日本の金利が中ぐらいになると日本円が相手にされなくなる可能性が有り、これは金利要因で動く投資家ならば世界的な傾向です。

ですから、為替は株式に比べるとホームカントリーバイアスがかかりにくいと言えそうです。

興味深い記事です

情報収集コストに関しては、個別株を嗜む投資家にとって
一番の大きな要因になりそうですね。
また為替リスクに関しては昨今の為替変動の激しさがリスク回避
につながっていると考える事もできそうです。

ホームカントリーバイアスについて体系的にまとめられたレポートは初めて読んだので参考になりました。ありがとうございます。

日本国民としての誇りはけっこう持っているつもりなのですが…苦笑

よくも色々なレポートを見つけて読んでますね!さすがwすごいww
個人的には、数年前から運用資産の10%を日本株にしていますが、レポートを読んでも、今のところアセットアロケーションを変えようとは思えませんでした。。個別株を保有せずにインデックス投資を基本とするなら情報収集はあまり関係ありませんしねぇ。。でも、思考停止には陥らないよう気をつけたいと思います。

大変勉強になる記事をいつもありがとうございます。
結論としては各個人が考えるべきこととはいえ、ホームカントリーバイアスについて漠然と疑問がありましたので、とても参考になりました。
個人的には自己の年金、キャッシュフロー、持ち家等を考慮して、日本株式比率は世界市場平均よりも低くてもよい、つまり0としてもよいというふうに考えております。将来的に考えが変わるかもしれませんが・・・

インデックス投資をする場合は、内外の個別株に投資をする場合に比べて情報格差は少ないと思います。

また、為替リスクはアセットアロケーションを設計するときに考慮済みだと思いますので、それ以上にホームバイアスを考える必要はないでしょう?

あと、考えられるのは、日本株は割安だから多めに買っておこうとかいうトレード的な考えですが、これはホームバイアスとは別物ですね。
(^^

>タカちゃんさん

たしかに、為替の情報は株式よりもフェアですが、為替リスクの存在そのものがホームカントリーバイアスになっているという考え方のようですよ。


>ポッキーさん

調べるテーマさえ決まれば、google先生から研究レポートはざくざく出てくるものですよ。
お試しあれ(^^)


>虫とり小僧さん

「ホームカントリーバイアスこそ日本国民の誇りである!」と胸を張られると辛いですが…(^^;
それなりに合理性があるものだと考えを改めました。


>やまけんさん

この記事で、漫然とした疑問が解消されたのであれば幸いです。
書いてよかった。。。


>Tansney Gohnさん

>>インデックス投資をする場合は、内外の個別株に投資をする場合に比べて情報格差は少ない

>>為替リスクはアセットアロケーションを設計するときに考慮済み

なるほど、そういう考え方もあるのですね。
勉強になります。


>>日本株は割安だから多めに買っておこうとかいうトレード的な考えですが、これはホームバイアスとは別物

これは、要するに身近なアセットは見通しが立てやすいという意味で、上記記事の1つ目のレポートにおける「国内情報の入手の容易さ」、3つ目のレポートにおける「情報の非対称性」に含まれると考えることもできると思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/04/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/04/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)