ボーグル氏、欧州財政危機でも「分散投資は有効」

水瀬ケンイチ

ジョン・ボーグル氏が、欧州財政危機に関して心強いメッセージを出しています。

モーニングスター 2010/06/03より引用】
資産運用大手バンガード創設者のボーグル氏、欧州財政危機でも「分散投資は有効」
 インデックスファンド運用最大手バンガードグループの創設者であるジョン・ボーグル氏はこのほど、米モーニングスターのインタビューに応じ、個人投資家にとっての投資戦略や米金融規制のあり方について見解を述べた。ボーグル氏は欧州諸国の財政問題などで金融市場の先行きが不透明な状況でも「分散投資という従来の方針を変更する必要はない」と指摘。経済動向について先行きいくつかの困難が待ち構えているとして、「ポートフォリオに占める債券の比率を年齢に等しくするルールを設けて資産分散をすることが重要だ。60歳であれば、債券の比率が全体の60%になるようにしたい」とアドバイスした。
【引用おわり】

まぁ、凡人である僕には経済の将来予測などできないので、リーマンショックがあろうとギリシャショックがあろうと、やることは同じです。
インデックスファンド・ETFで国際分散投資。積み立てで、たまにリバランス。
それだけです。

この場合頼れるものは、資本主義の発展に伴う経済成長と、ポートフォリオの分散効果くらいですが、「絶対」はないこの世の中で頼れるものって意外に少ないです。
これで十分だと個人的には思っています。



記事では、債券の比率にも言及されています。

そういえば、自分がインデックス運用を始めてからもう7~8年経ちますが、ポートフォリオにおける債券比率はほとんど変えてません。
そろそろ意識的に債券比率を少し上げてもいいかなと思っています。
できれば株式クラス絶好調!の時期にやりたいものですが、こればっかりは神のみぞ知るところで、狙ってできるものではありません。
自分の人的資本を考慮したリスク許容度の変化に合わせて、ある程度機械的にやるしかないのかなと思っています。

サラリーマンの人的資本は加齢とともに縮小していきます。
歳はとりたくないですねぇ(^^;
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ