現物国内保管型の貴金属ETF

水瀬ケンイチ

三菱UFJ信託銀行と三菱商事から、金・プラチナ・銀・パラジウムの貴金属ETFが出るようです。

三菱商事プレスリリース
本邦初、現物国内保管型の貴金属上場信託の新規上場

個人的には、「また貴金属ETFか」と思いますが、このETFは現物国内保管型で、一定の条件を満たせば、投資家の有する受益権と貴金属の現物との交換が可能とのこと。
「一定の条件」が具体的になっていませんが(手数料やら何やら取られそう)、イメージ的には、「金ETFが350万円分になったんでゴールドバー1kgと交換しよう」とかできるようになるということか。



現物との交換にどれだけニーズがあるのか分かりませんが、投資家にとって現物の裏づけがより強固に感じられる貴金属ETFということはできるかもしれません。
金関連のETFには、既に「SPDRゴールドシェア(1326)」「野村 金投信(1328)」「ETFS 金ETF(1672)」「みずほ 国内金先物ETF(1683)」といろいろあります。
後発組は特長がないと厳しいのでしょうね。

今のところ、このETFに投資する予定はありません。
でも、将来、金にでも投資したくなったら、このETFを検討(コスト・流動性等を見て)してみてもいいかなと思いました。


P.S
金と交換する人はもしかしたらいるかもしれませんが、パラジウムと交換する人っているのだろうか?

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ