世界国債インデックスからギリシャ国債を除外へ

水瀬ケンイチ

米シティグループは、ムーディーズがギリシャのソブリン格付けを投機的(ジャンク)等級に引き下げたことを受け、同社の世界国債インデックス(WGBI)からギリシャ国債を外す可能性があることを明らかにしました。

ロイター
2010/06/15 米シティ、世界国債インデックスからギリシャ国債を除外する可能性
住信アセットマネジメント
2010/06/15 フォローアップレター「ムーディーズがギリシャを格下げ、投資不適格級の(Ba1)へ」

ロイターの記事によると、2010年6月のWGBIプロファイルのうちギリシャ国債は全体の1.34%に相当するそうです。
だから、ギリシャ国債が除外されても、直接的な影響は小さそうです。
とはいえ、住信アセットマネジメントのレポートによると、「今回の問題はギリシャにとどまらず、すでにユーロ圏の他の国にも影響がひろがっていることから、今後しばらくは通貨ユーロに対する下押し圧力が続くものと予想」とのことですから、ユーロに与える影響は予断を許さない感じです。

でも、こうしてダメなものは自動的にインデックスから除外され、また新たなものが加えられていくという新陳代謝が働くので、インデックス投資はゆったり構えていられるのかもしれません。
ギリシャには申し訳ありませんが、再び信頼が回復するまで、しばらくさようならです。



話は変わりますが、もしWGBIから日本国債が除外されるような事態になると、どうなるでしょう。
真面目なものからトンデモなものまで、「日本国債暴落」論者はたくさんいます。
その信憑性はともかく、現在、日本国債はWGBIの約30%をも占めていますので、大混乱になると予想されます。

今のところ、日銀は、日本が巨額の財政赤字を抱えているにもかかわらず長期金利が低位(=債券価格は高位)で推移していることに対し、「日銀の金融政策が物価安定のもとの持続的な成長に沿って運営されるという安心感があるため」との認識(日経新聞より)らしいです。
本当に大丈夫だといいのですが…(^^;


<ご参考>
シティグループの世界国債インデックスは以下のURLから参照できます。国別の構成比率や収益率までけっこうきめ細かくチェックできます。
http://index.citigroupglobalmarkets.jp/cgi-bin/bond/IX_home.cgi
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ