カブドットコム証券、ETF販売の手数料無料化

カブドットコム証券が、ETFの販売手数料を一部無料化すると報道されています。

日経新聞によると、無料化となるのは三菱UFJ投信が運用する「MAXIS 日経225上場投信」など3銘柄で、ETFの手数料を無料にするのは国内の証券会社で初めてとのこと。
開始日、金額に条件があるのか等詳細は不明です。正式な発表が待たれるところです。
ETFを長期保有する投資家も、短期売買する投資家もいるでしょうが、すべての個人投資家にとってとても良いことだと思います。

カブドットコム証券さん、グッジョブ!(^^)b

米国では、ETFの販売手数料の無料化の動きがありますが、日本でもその動きが出てきたようです。
今後、系列にETF運用会社がある証券会社は、同様の動きが期待できるかもしれません。
広がるといいなぁ。

<追記>
カブドットコム証券のプレスリリース出ました。
http://kabu.com/company/pressrelease/2010/20100617.asp

サービス名称は、フリーETF (手数料無料のETF)。
対象銘柄は、MAXIS トピックス・コア30上場投信(1344)、MAXIS 日経225上場投信(1346)、MAXIS トピックス上場投信(1348)の3銘柄。
取引形態は問わず(現物取引、kabu.comPTS(私設市場)、信用取引)。
手数料は、取引チャネル、注文方法に関わらず無料。
開始日は、2010年6月18日(金)予定。
※リリースを見る限り、購入金額に制限はないように見えます。

<さらに追記>
カブドットコム証券のご担当者から、購入金額について、
「制限はありません。1億でも、10億でも、100億でも無料です」
とのご連絡をいただきました。
資産家や機関投資家も大喜び?(^^)



<ご参考>
カブドットコム証券は以下から資料請求・口座開設できます。(無料)
カブドットコム証券
関連記事


  





コメント

まさに「カブドットコム証券さん、グッジョブ!」ですね。

ETFの普及に一役買ってくれましたね。

企業側も販売をFreeにしても、その後の信託報酬で収益を上げられる。
顧客側もFreeの恩恵を受けられる。


これはグループ企業のいい面ですね。

外国税額控除

前回の暫定版では外国税額控除を差し引いていましたが、これは間違えである事が分かりました。
税務署の判断が間違えである事を葛飾区役所の方で発見した為です。
ですから、東京都葛飾区役所の判断により、中田たろうさんの計算で正解です。↓
http://nakatatarou.blog110.fc2.com/blog-entry-585.html
以下では東京都葛飾区の事例で計算します。

年収2400000円(年齢40歳)
基礎控除のみ適用
DIA配当300000円
去年の株式譲渡損失は300000円
DIA配当300000円で確定申告する場合としない場合の比較

DIA源泉税
米国源泉税30000円
所得税18900円
住民税8100円

DIAを確定申告しない場合
住民税118500円
所得税56000円
国民健康保険161955円
介護保険36885円
合計373340円

DIAを確定申告をした場合
住民税110300円(実質は118400円ですが、端数と還付があるためです)
所得税37100円(実質は56000円ですが、還付が18900円ある為です)
外国所得金額=300000円-300000円=0円
外国税額控除=所得税*0円/1500000円=所得税*外国所得比率=所得税*0%=0円
外国源泉税繰り越しは30000円になります。
国民健康保険153509円
介護保険35163円
合計336072円

差額37268円

この場合は外国税額控除が適用されますが、外国所得金額が0円なので、外国税額控除が0円になります。
ここで注目して欲しいのは、上記の事例では国民健康保険、介護保険が安くなっている点です。
ですから、外国税額控除が0円であってもコスト削減効果は有りと言えます。
インデックス投資をやっている人で国民健康保険の人は上記の事例を考えてコスト削減に取り組んでも良いでしょう。
なお、401Kを利用しても国民健康保険が安くなりますが、住民税の下限が一般的な所得(給与が1000001円以上)で有れば4000円でして、これ以上、住民税を下げる事はできません。
住民税が下げられる範囲で401Kに投資しなければコスト削減効果は出ない点に注意が必要です。
インデックス投資はコストが決め手と言われますが、まさにその通りでしょう。

詳しい計算方法は区役所(市役所)の住民税課税課でお願いします。
また、最終的な判断は自己責任でお願いします。

>投資素人さん

ETF普及につながればいいなと思います。


>吊られた男さん

このコンボはMUFGならではのグループ力だと思います。
SBIや楽天には真似しづらい施策かもしれません。


>タカちゃんさん

国民健康保険の場合の外国税額控除は判断が複雑ですね。。。
また教えてください。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

三菱UFJ投信「MAXIS」シリーズ フリーETFを提供開始

[投資信託] ブログ村キーワード カブドットコム証券が「フリーETF」の提供を6月18日(金)から始めるようです。 以下カブドットコム証券...

衝撃の手数料無料

ついに、衝撃の手数料無料化が発表されました。

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中(2017/06/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大2ヶ月国内株式手数料実質0円キャンペーン実施中(2017/06/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)