高コスト投信はより高コストに

水瀬ケンイチ

菅首相が消費税を10%に上げることを公約にすると言ったそうです。
(関連記事)
菅首相会見 消費税10%「公約」「2、3年後か少し先」

消費税が上がると投信のコストにも影響が出てきます。
投信の信託報酬には、消費税がかかっているからです。
消費税の増税により、全ての投信が影響を受けますが、コストが低い投信は影響が少ない一方、コストが高い投信はより強く影響を受けることになります。
消費税が5%から10%に上がった場合の影響を、僕の保有商品で見てみます。

・TOPIX連動型上場投資信託(1306)
 信託報酬年0.1155%→年0.121%(値上がり幅 年0.0055%)
・MHAM株式オープン
 信託報酬年0.7665%→年0.803%(値上がり幅 年0.0365%)
・DIAM 中国関連株オープン
 信託報酬年1.68%→年1.76%(値上がり幅 年0.08%)

まぁ当たり前といえば当たり前ですが、高コスト投信ほど値上がり幅が大きいのが分かって嫌ですね。
今後20年、30年先を考えると、もしかしたら更なる消費税増税があるかもしれません。
低コスト投信は、将来の増税に対する抵抗力も強く、頼りになるというお話でした。



P.S
そういえば、僕のメイン投資商品である海外ETF(米国ETF)は消費税が上がるとどうなるのでしょう?
調べておきたいと思います。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ