消費税増税で海外ETF(米国ETF)も信託報酬が上がるの?

水瀬ケンイチ

昨日の記事「高コスト投信はより高コストに」では、将来の消費税増税で投信の信託報酬が上ってしまう話をしました。

実例も出しましたが、あえて日本籍の投信・ETFだけにしました。
それは、僕がメインで投資しているIVV・EFA・VWOなどの海外ETF(米国ETF)の場合、日本の消費税増税の影響がどうなるか分からなかったからです。
そこで、メイン口座の楽天証券に確認してみたところ、回答は……





≪質問≫
もし仮に消費税が10%に増税された場合、IVVやVWOなどの海外ETF(米国ETF)の信託報酬はどうなるのでしょうか?

≪回答≫
信託報酬とは、海外ETF(上場投資信託)を含む投資信託の、運用・管理にかかる費用で、信託財産の中から販売会社・運用会社・受託銀行にそれぞれの業務に対する報酬として支払う費用となります。

このため、日本の消費税による影響は、起こりにくいかと存じます。
(楽天証券カスタマーサービスセンターの回答より抜粋)


起こり「にくい」って何だ?
回答の文言が微妙ですが、おそらく、米国ETFの場合、信託報酬に日本の消費税の影響はないと言っていいと思います。
米国ETFの仕組みから考えて、信託報酬に日本の消費税が絡む部分がないですから。
つまり、日本の消費税が上がっても海外ETF(米国ETF)の信託報酬は上がらないはずです。

そう考えると、もし日本の消費税が上がったら、海外ETFの人気が出たりして…(^^)

P.S
日本の消費税の影響を受けない代わりに、米国の税制の影響は受けるので、そっちの影響でコストが上がる可能性はなくはないですが。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ