他人のボーナスの使い道をのぞき見しちゃおう

水瀬ケンイチ

住信SBIネット銀行が、「ボーナスに関する意識調査」の結果を公表しています。

住信SBIネット銀行 お知らせ
【住信SBIアンケート】ボーナスに関する調査結果(2010/6/25)

詳しくは上記レポートの結果をご覧いただきたいのですが、相変わらず、預貯金に回すかたが多い(69%)ようです。
上記レポートによると、預貯金の目的でいちばん多いのは「老後の備え」とのこと。
預貯金で老後の備え。手堅いですね。

photo_20100625_1.jpg
(上記アンケート結果より引用)

ただ、資産運用に回すというかたも、少ないながらもいらっしゃる(21%)ようです。
いちおう投資ブログなので、資産運用の「内訳」も少し詳しく見てみたいと思います。



photo_20100625_2.jpg
(上記アンケート結果より引用)

株式が60%といちばん多いですね。(昨年より8%減ってますが)
世の中的には、「資産運用といえば個別株」という感じなのでしょう。
投資信託も46%と健闘しているように見えます。(昨年より3%減ってますが)
個人的には、思ったよりも浸透しているなという印象です。
インデックス投資もこのカテゴリーに入ることが多いと思います。
債券は18%で昨年より6%伸びているようです。
世界金融危機の影響でディフェンシブな心理が働き、株式・投資信託を避けて債券に回っているのかもしれません。

困ったのは外貨預金です。
25%もあります。しかも、昨年よりも4%増えています。
当ブログでは以前から何度も「外貨預金はやめた方がいい」と主張しています。
理由は簡単です。外貨預金はコストが高いからです。
せめてやるなら外貨MMFの方がコストが安いです(為替差益が非課税だし)。
上記レポートの詳細を見ると、若年層はそうでもないのですが年齢が上がるに従って外貨預金をやっている率も上がる傾向が見てとれます。
お父さん、大丈夫ですか?ちょっと心配です。
(参考記事)
2008/03/18 円高ですが外貨預金だけはやめておいたほうがいい etc...
※一部のネット銀行の外貨預金は低コストなものもあるようですので、よく比較して選択いただけたらと思います。

なにはともあれ、他人のボーナスの使い道がどうなっているのかは、興味があるところですし参考にもなります。
ちなみに自分の場合は、おそらく100%資産運用に回し、内訳は100%投資信託になると思います。
預貯金は、生活防衛資金として生活費の2年分以上を確保しているので、ボーナスからは回しません。
世の中的には「変な人」かもしれません。人生いろいろですね(^^)
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ