英語にふれる機会を作ろうっと

楽天やファーストリテイリングが英語を社内公用語にするというニュースを見ました。
(関連記事)
三木谷浩史・楽天会長兼社長――英語ができない役員は2年後にクビにします
ユニクロ、公用語を英語に 12年からグローバル化を加速

僕は英語が得意ではありません。
海外旅行でなんとか買い物ができる程度のレベルです。
TOEICは入社当時がいちばん点が高く、年々着実に下がってきて、しまいには受けなくなってしまいました。
英会話のイーオンにも1年行きましたが、途中で挫折した情けない野郎です。

でも、
ニュースを見て、再び英語をやらなくてはという危機感がわいてきました。
当面、仕事で英語を使うことはないのですが、今後、英語がリストラの足切りラインに使われないとも限りません。
また、同じような話をTwitterでしたところ、「ドメドメ企業でも外資系企業・ファンドに買収されると外人が経営やボードに送り込まれて、事実上英語での文書作成、会議進行が要求されます」とのお言葉をいただき、さもありなんと。

幸い、さしあたり期限を設けられているわけではないので、ゆっくり準備しようと思います。
きばって構えてやると途中で挫折するのが目に見えているので、興味あるものについて自然な形で英語にふれられる機会が作れるといいと思いました。

ためしに、インデックス投資関連情報の英語を読んでみました。ETF TrendsとかIndex Universeとか。
思ったよりは読みやすいような気がしました。
きっと、passiveとかemergingとかGDPとか、金融用語がそのまま英語になっているからだと思います。
面白いので、ちょっと続けてみたいと思います。

これから、たまには英語の記事をブログ記事の出典にするかもしれませんが、その際は、間違った理解をしていることも多いと思いますので、あまり信用しないでください(笑)

関連記事


  





コメント

>英語の記事
正解中の記事がこのブログで読めるのですね。
めちゃくちゃ期待しています(喜

(訂正)
>英語の記事
世界中の記事がこのブログで読めるのですね。
めちゃくちゃ期待しています(喜

PS変換ミスです。
私は英語の前に日本語を学ばなければ(爆

私も得意ではないですが、仕事で使うので、今でも、勉強
しています。

10ページ位の短篇などを暗記すると、英語のリズムが身に
ついて、英語アレルギーが無くなるかと思います。また、
個人的には、ペーパーバックを(電子)辞書を引きながら
読んだことと、English Grammar in Use(英語で書かれた
英文法のテキスト)を最後までやったことが、TOEIC の得点
アップに貢献したと思っています。

また、関心がある分野の英語の記事を継続して読む、こと
もよいかと。

そこそこ英語ができるようになると、世界が広がりますから、
自分に対する投資だと思って、ぜひ、継続して勉強を。

英語ですか・・・

僕が気象予報士試験で苦労したのが、気象図に出てくる英文情報と気象業務関連法令の2つです。
気象図に出てくる英文情報は頭がピーマンで、最初は全然分かりませんでした。
ではどうやって克服したのか?そのポイントは3つ
1:英語が得意である必要は無い、分からなければ調べればよい。
2:日銀の当座預金残高のように質問の為に使うお金をジャブジャブ積み増す。
3:英語を語学と思うな!暗号と思え!
この3つをコンセプトを実践しました。
やり方は気象図を毎日みて分からない英単語が出てきたら、すぐにハレックスの質問添削に出して、それを覚える事を8ヵ月やるだけです。
例え分からない単語が1つでも質問しました。
そのうち、「これからの気象の現場を考えるとこの程度の英語は慣れておいた方が良い」と回答も有りましたが、それにも関らず「日銀当座預金残高へお金を積むように質問を積み増す」やり方を継続しました。
重要な事は「聞けば一瞬の恥、知らねば一生の恥」と心得て、気象図の英文に関する質問だけで12000円も使ってしまうぐらい日銀当座預金残高にお金を積み増す感覚で質問しまくりでした。
そうやって英文を覚えると言う、「応用も糞もないやり方」をしましたが、いざ、試験では「おお!この英文出てきた!」と感動しました。

その一方で、気象予報関連法令では勉強時間を費やしたにも関わらず、全くと言っても良いほど効果が無かったです(爆)。

今は、証券アナリストの勉強中ですが、これは「英語は出てこないですよね!」と証券アナリスト協会に質問して、東京証券取引所まで行ってテキストを見せてもらってからスタートしました。
もしも英語が出てきたら今度こそThe Endになるからです。
気象予報士でも証券アナリストでも計算問題で大量得点を稼ぐのは当然と考えてやっていますが、気象予報士では気象図の英文情報の克服が急務でした。

私がTOEICを受けたのは

5年くらい前ですね。私も最近は受けてません。

>今後、英語がリストラの足切りラインに使われないとも限りません。

TOEICリストラですか?(^^;;;
最近、解雇の規制緩和とか言っている連中もいるのであるかもしれません。
ある程度勉強はしておいた方がいいですね。余りにも極端だとまずいかもしれません。

>ためしに、インデックス投資関連情報の英語を読んでみました。ETF TrendsとかIndex Universeとか。

私は任天堂DSのソフトを検索してしまいました。
自分に合ったのがあればいいんですけどね。
まあ、3000円ちょっとなので気楽にやれそうですけど。

自分に対する投資という話が出てますが、まさしくその通りで、知識のポートフォリオなんですよね~

英語はできたらプロフィットが大きい(仕事面での実利はもちろん、海外の面白いWebページを読めるようになるとか)から
勉強しないともったいないな、とは常々思って、
インデックス投資よろしくちびちび長々と投資してます。

ちょっと思い出しました

韓国のサムスンと言う企業ですが、これが面白いです。
入社資格はTOEIC730点以上、幹部クラス930点以上だそうです。
ですが、ここからが面白いのですが、今はみんな携帯電話を持ち歩いています。
しかし、メール機能が有るのは日本など、基本的な母国語が読み書きできる国に限られているそうです。
つまり、携帯電話とは電話をする為にあると言う訳です。
何故ならば、貧困国や新興国では母国語の読み書きすらできない人たちが沢山いるので、世界人口で考えれば母国語を読み書きできない人の方が多いから、「携帯電話」とはあくまでも世界標準では「電話」機能がメインです。
サムスンはここに目をつけています。

サムスンの社員は英語がベラベラなのに、世界的には英語どころか母国語すら読み書きできない人の為のビジネスをやるっていうのは結構、変な感じがします。
母国語が読み書きができない例として、具体的には南アフリカのようにアパルトヘイトの名残として母国語の読み書きができない人が沢山いる事で教育を受けた人との所得格差につながって、治安が非常に悪くなっている国も有ります。

>saru999さん

英語出典の記事にはあまり期待しないでください。
ミスリードにならないか心配なので注意書きは必須ですね。


>ひろんさん

すごく努力されているんですね。
「英語で書かれた英文法のテキスト」なんて想像もできませんでした。
まずは、「関心がある分野の英語の記事を継続して読む」を継続してみようかと思います。


>タカちゃんさん

気象予報士の受験は難関なようですから大変だったでしょうね。
英語に関してですが、申し訳ないのですが、仰っていることがよく分かりません。
「日銀の当座預金残高のように質問の為に使うお金をジャブジャブ積み増す」って何ですか?
有料の英語質問サービス(?)があるのですか?


>ぷれでたさん

今やゲーム機で勉強ができるんですね。
時代は変化しているのを実感します。
自分に合うもの、継続できるものを模索したいと思います。


>ststさん

なるほど、知識のポートフォリオですか。
自分の知識のポートフォリオは相当偏っているだろうなぁ。
リバランスしなくては(^^)

ハレックスの質問添削

僕の場合はハレックスの実技講座を受けていて標準で10質問までが可能でした。
これは気象予報士試験対策に関わる質問を10回まで出来るサービスが付属しています。
これを使い切ったらハレックスでは気象予報士試験対策に関する質問を有料(10質問まで12000円)でやっています。
気象予報士試験対策であれば何でも良くて、例えば前線解析のやり方が分からなければ、必要資料を添付した上で質問し、そのやり方の解説などを詳しく教えて貰えます。

僕の場合は、気象図に出てくる英文情報で1つでも分からない単語が出てきたらすぐに質問をしました。
実は英文情報の質問だけで実技講座に付属している10回までの質問を使いきってしまった為、質問添削が10回12000円で出来るので申し込みをして質問をいくらでも出来るようにしました。
とにかく単語1つでも分からなければ、無差別に質問し、お金をどんどん使うため、「引き落とし口座にお金をどんどん積み増す作戦」に出ました。
結果的にはハレックスに支払うお金を振り込む為に口座には20万円ぐらいお金を積み増しました。
そこで、この作戦を「日銀当座預金残高積み増し作戦」と名付けて、英文情報についてはお金をいくらでも出すから教えてくれ!と言う無謀な作戦にでました。
この作戦でハレックスの実技講座の質問10回とは別に12000円を支払って10回も英文情報の質問をしました。
結果的には英文情報の他にも前線解析や専門用語の読み方なども含めて24000円のお金を払って、30近い質問をしました。

ただし、僕の場合は教育訓練給付制度を利用していた為、ハレックスの実技講座の80%の費用が戻ってきましたので、結果的には4万円ぐらいお金を掛けた計算になりました。
これとは別に試験代、気象予報士の登録料などもあるのでトータルで6万円ぐらいでしょうか。

英語は・・・

仕事で英語を使うこともあるのですが、なかなか上達しない悲しさ。


昨日の楽天のセミナーも英語で聞いていましたが必死でした。が、必死になっても理解できなかった部分はありますし・・・

>タカちゃんさん

なるほど。
ハレックスという実技講座の質問添削のサービスなんですね。
よくわかりました。ありがとうございました。


>吊られた男さん

余裕の表情に見えましたが…(^^)

> 「英語で書かれた英文法のテキスト」なんて想像もでき
> ませんでした。

これは、日本語の参考書よりも、数段マシですよ。最初は
難儀するかもしれませんが、難しくないです。高校の時の
中間テストで、19点とか取っていた私が言うのですから、
本当です(笑)。

私は、ほぼ毎朝、仕事の前に、コーヒーショップで30分
程度、英語学習 or 読書 をしています。こうやって、
習慣化すると、分厚いペーパーバックでも、1年くらいで
何となく、読み終わるんですよ。

自分のペースで、無理せず、継続してやることが一番です。
インデックス投資と同じですよ(笑)。

>ひろんさん

日本語の参考書より数段マシとは!!
ひろんさんが仰るのだから間違いなさそうですね。
高校の時の参考書を復習しようと思ってましたが、ちょっと考え直します。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)