STAMインデックスシリーズ、信託報酬率引き下げ

住信アセットマネジメントは、2010年7月30日より、STAMインデックスシリーズの信託報酬率引き下げると発表しました。

住信アセットマネジメント お知らせ
2010/07/05 STAMインデックスシリーズの信託報酬率引き下げ等について

信託報酬の引き下げ内容は以下のとおり(いずれも税込み)。

STAM TOPIXインデックス・オープン 0.483% → 0.4725%
STAM グローバル株式インデックス・オープン 0.777% → 0.63%
STAM 新興国株式インデックス・オープン 0.8715% → 0.6825%
STAM 国内債券インデックス・オープン 0.462% → 0.42%
STAM グローバル債券インデックス・オープン 0.672% → 0.5775%
STAM 新興国債券インデックス・オープン 0.7560% → 0.63%
STAM J-REITインデックス・オープン 0.672% → 0.525%
STAM グローバルREITインデックス・オープン 0.861% → 0.6825%
世界経済インデックスファンド 0.714% → 0.63%

信託報酬値下げの目的は、
① 受益者の皆様のさらなる利便性の向上
② これから投資を始める皆様に対しても、インデックスファンドの認知度をさらに高め、資産形成の一助としていただくこと
とのこと。

住信アセットマネジメントはかねてより、STAMインデックスシリーズの純資産拡大に伴う信託報酬の値下げに言及していました。
まさに有言実行。素晴らしいと思います。

今回の信託報酬値下げ幅自体は、ライバルのeMAXISシリーズに追いつくか追いつかないかというレベル(一部同等)ですが、ファンドの純資産の拡大に伴い信託報酬を値下げするという運用会社の動きは、個人投資家として大歓迎すべきものであると思います。
米国のように、この動きが他の運用会社にも広がっていってくれることを祈ります。

住信アセットマネジメントさん、グッジョブ!(^^)b


(関連記事)
2010/06/30 STAMから日経225連動のインデックスファンド登場。コストに注目
関連記事


  





コメント

新規設定の「日経225インデックス」の信託報酬がeMAXIS同等の0.42%だったので、既存インデックスファンドももしかしてと思っていたのですがついに来ましたね!
特に保有しているグローバル株式、新興国株式の信託報酬もeMAXISほぼ同等に下げてもらえてうれしいです。
この調子で純資産額増大に伴うコスト削減の動きが出てくるとよいですね。

素晴らしい!

STAMの信託報酬の引き下げ嬉しいです。eMAXISに積み立てを変更しようかと悩んでいた所でした。やはりインデックスブロガーの方々の要望が引き下げの時期を早めたと思います。この様な競争はドンドンやって欲しいです。海外ETFの特定口座での取引も早く実現して欲しい。かなり要望出しているんですけど(^^/

初めて投稿。よろしくです

「STAMの信託報酬このままでいくのかなぁ、eMAXISと戦う気なさそうだなぁ」と思っていたら、やる気マンマンじゃないですか!とりあえず両者信託報酬はここら辺が落ち着き所か?今度は銘柄数勝負かな?私的には世界株式(日本株含む)を作ってほしいな。あと現在コモディティのアセットクラスだけノーロードがないので作ってほしいなぁ。

ある程度見計らったか?

ある程度信託報酬に差が出てきた所を見計らったように思えます。
ただ、既に前回のインデックス投資ナイトでは信託報酬の引き下げの可能性は言っていた事なので、それが現実的になったのですね。

こうなってくると、資産を余り神経質に動かす必要が無くなります。
そうなれば税金のロスが無くなるので有利です。
でも、ある程度は投信会社への応援は必要だと思います。
信託報酬が下がるごとにシーソーゲームなんてやられたら投信会社の運用に影響が出てくるので、やはりそう言った投信会社は何社か育てていって応援しないと大変だと思います。
STAM、eMaxis、CMAM・・・など、応援していけるようにすると運用会社の純資産も安定するので、良い意味での競争が出来ると思います。

ありがたい!

純資産額の大小に関わらず下げてくれましたね。
今持ってる住信は、新興国株式と世界経済インデックスFだけですが、
リレーすることもないのでコツコツ買っていきます♪
他はeMAXISですが、平行してこのままでいいやと思います。

住信AMの努力もありますが、インデックス投資を広めているブログや
本を出してる方の影響というのも大きいと思います。

この下げ相場でも勇気付けられた人も多いでしょう!笑

それでもまだ・・・

CMAMにはまだまだ敵わないですね。
先月分の積立から、STAMからCMAM(新興国株式のみeMAXIS)に変更したばかりなんですけど、後悔はしないで済みました(笑)
コストは低いに越したことはないですけど、あんまりこればっかり気にして積立商品の選択をしてるヒマもないですからね。どっか、決定的にローコストな商品を出してもらいたいものですね。

「トヨタ・バンガード」も、少し値下げ競争に参加してくれませんかね。

信用が上がりましたね

前から信託報酬を下げると言ってましたが、本当に下げてきましたね。
下げ幅については皆さんの意見があると思います
が、それを実行したという『信頼』は上がり、eMAXISと比べていた人にはぐっと心をつかんだと思いますよ。

これからも頑張ってほしいですね。

>kenzさん

僕もSTAM日経225のコストを見てぴーんときてました(^^)
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1436.html

この動きが他社にも広まってくれることを期待します。


>としちゃんさん

要望は、たとえすぐに実現されなくても、みんなで積極的に出すべきだと思います。
数の蓄積がモノをいうこともあると思います。


>ももこさん

はじめまして、ももこさん。
運用会社間の健全な競争は大歓迎ですよね。

要望があれば、ぜひ直接運用会社に出すことをおすすめします(^^)
どうやら、ちゃんと見ているみたいですよ。


>タカちゃんさん

自社ブランドのインデックスファンドをコストを下げながら大切に育てていってほしいですね。
インデックスファンドの使い捨て(途中償還)はもうたくさんですから。。。


>龍王さん

わずかとはいえ、コストの低減はそのままパフォーマンスの向上につながりますからね(^^)


>平野孝太郎(仮名)さん

そうですね。ETFにリレーする必要がないくらい低コストなインデックスファンド(DC専用ファンド並み)が出てくればうれしいのにと思います。
どこか思い切ってくれないかなぁ。


>tetsueさん

「トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド」はかなり取り残されてしまった印象ですね。
奮起を期待します。


>にっしーさん

そうですね。信頼度は上がったと思います。有言実行ですから。
もっと飛躍的に純資産が拡大したら更なるコスト低減もあるかもしれませんね。

小さい1歩だけど、素晴らしすぎる

信託報酬の引き下げなんて始めて聞きました!!
あまりの素晴らしさに声も出ません!!

以下、他の投信会社にも広がって欲しい動きです。

>TKさん

投資信託やETFの信託報酬の値下げは、たまーにあるんですけどね(^^;
個人投資家にとってとてもいいことだと思います。
仰るとおり、他の運用会社にも広がってほしい動きです。

乗り換えたけど再乗り換えしました

STAMからeMAXISに積み立てを変更したのですが、この記事を見てやっぱり戻しました。正常な競争で手数料がどんどん下がってくれればよいですね。

>竹野貫太郎(仮名)さん

健全な競争は大歓迎ですよね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

信託報酬引下げへ(STAMシリーズ+世界経済インデックスの計9ファンド) 

全STAMインデックスシリーズ(世界経済インデックスファンド含)の信託報酬が7/30から下がります。 #もう既に 水瀬 ケンイチさんのブログ「...

STAM インデックスシリーズの投資信託、信託報酬引き下げ!

JUGEMテーマ:資産運用  待ちわびた報せが遂に届きました。STAMインデックスシリーズの信託報酬率引き下げ等について | 住信アセットマネジメント

STAMシリーズが信託報酬引き下げ (eMAXISと好勝負へ)

すでに一部のブログでも取り上げられています。 住信アセットマネジメントのインデックスファンドブランド"STAM"シリーズが7/30から信託報酬を引き下げることを発表しました。 住信アセットマネジメントのニュースは以下 (上の方が個人投資家には分かりやすい) ・STAM

インデックス・ウォーズ STAMの逆襲

もうすでに多くののブログで話題となっているが、あえて紹介と感想を。 STAMがまさかの既存インデックスファンドの信託報酬を引き下げへ。 ...

STAMシリーズ 信託報酬を引き下げ

STAMシリーズに久々の新商品が追加されました。日経225に連動する「STAM日経225インデックス・オープン」(以下STAM日経225)です。信託報酬はeMAXISシリーズを意識して、同じ0.42%です。巨人対阪神か(古っっ!)、オランダ対ドイツか(...

STAMシリーズの信託報酬値下げ!(住信世経も)

既に多くのブロガーさんがSTAMインデックスシリーズの信託報酬値下げの記事を取り上げられていますね。ここのところ仕事やプライベート...

STAMのコスト引き下げは投信界の偉大な一歩!

インデックスファンドの先駆者的存在のSTAMインデックスシリーズが待望の信託報酬引き下げを発表しました 住信アセット、30日から「S...

インデックス投信個人向け広がる選択肢 

 日経新聞の日曜に「SUNDAYNIKKEI」というコーナーがある。ここは毎回テーマを変えて、私がこのブログの「投資初心者のための入門講座」としてやっているような初心者向けの内容を書い...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)