2010年7月現在のアセットアロケーションと主な構成商品

毎年、正月にアセットアロケーションの把握をしていますが、今年も半分を終えたので、7月頭の時点での中間チェックをしてみたいと思います。
(関連記事)
2010/01/03 2010年1月現在のアセットアロケーションと主な構成商品

なお、世の中に出回っているアセットアロケーションの表現方法に合わせ、今回から区分けを以下のように変更しました。
・インデックス・アクティブの区分けを廃止(ほとんどインデックス運用のため)
・外国株式クラスを、先進国株式クラスと新興国株式クラスに分割

2010年7月のアセットアロケーション

日本株式 14.0%
先進国株式 40.7%
新興国株式 17.0%
日本債券 10.4%
外国債券 14.3%
その他 3.6%

主な構成商品は以下のとおりです。
(これ以外にも、多少の金融商品があったりなかったりしますが)

■日本株式
・iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA)の日本株式部分
・TOPIX連動型上場投資信託 (1306)
・インデックスファンドTSP
・eMAXIS TOPIXインデックス
・MHAM株式オープン

■先進国株式
・iShares S&P500 Index Fund (IVV)
・iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA)の外国株式部分
・STAM グローバル株式インデックス・オープン
・eMAXIS 先進国株式インデックス

■新興国株式
・Vanguard Emerging Markets ETF (VWO)
・DIAM中国関連株オープン
・アムンディ・ロシア東欧株ファンド(旧SGロシア東欧株ファンド)

■日本債券
・MHAMのMMF

■外国債券
・STAMグローバル債券インデックス・オープン

※これらリスク性資産のほかに、生活防衛資金として生活費の2年分以上を銀行預金で確保しています。←超重要!


アセットアロケーションについては、前回と比較してもあまり変わっていません。
株式クラスについては、先進国株式クラスが少し下がっていますが、日本株式クラスはまったく変わっていません。新興国株式クラスでは積立投資をしていないのですが、価格上昇により比率は保たれている感じです。
債券クラスについては、株式クラスが少し下がった分、少し上がっています。内訳は、意識的に日本債券クラスを増やしています。

リスクはおおまかに把握し、有効フロンティアは厳密には追い求めておりません。
たいしたアセットアロケーションではありませんので、真似しない方がいいと思います。

構成商品としては、時機を見て、ご無沙汰になっているリレー投資をしたいです。
インデックスファンドの「STAMグローバル株式インデックス・オープン」「eMAXIS 先進国株式インデックス」「インデックスファンドTSP」などを、海外ETFの「VTI」「EFA」にリレーしていこうと思っています。
それから、そろそろ新興国株式クラスへの積立投資を開始してもいいかなと思っています(商品候補は「eMAXIS 新興国株式インデックス」)。

また、コア&サテライト戦略のサテライト部分が少なく面白味がないので、なにか良いものがないか引き続き探しているところです。
(いい加減、不振が続くMHAM株式オープンからも卒業したい!)


<ご参考>
上記商品は、以下のネット証券で購入しています。会社名をクリックすると資料請求(無料)できます。
楽天証券
SBI証券
マネックス証券


関連記事


  





コメント

サテライトについて

サテライトを実現するべくアセットクラスの要望を東証にしました。
具体的には今度のインデックス投資交流会で話す事にしましょう。
サテライト部分はいくつか研究中でして、更に山崎 元さんのお勧めの本を今週買うかどうかも検討中です。
勿論、サテライトとして使えるかどうかも本を読んでみて考えられればいいなあと←たぶん数ヵ月先になりそう

こんにちは。
先進国の株式を多く扱っているのですね。
勉強させていただいております☆
よろしければ遊びにいらしてください。

サテライトとして

いつも楽しく読ませてもらっています。水瀬さんのアセットアローケーションは参考になりました。

ちなみに私はサテライトとして純金投資を行っています。いくつかの会社で行っている積み立て投資です。

>タカちゃんさん

おっ、タカちゃんさんが考えるサテライトとは何か興味があります。
東証に要望を出すということは、個別株とかではなくアセットクラス的なものなのでしょうが…むむむ。


>ニッシーさん

先進国株式が多いのは株式時価総額を少し意識してのことです。
あまり参考になさらない方がよろしいかと思います。


>ほこまろさん

サテライト部分は理屈から離れてある程度趣味でいいかなと思っていますが、なかなかこれぞ!というものを見つけられません(^^ゞ

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)