「フラッシュ・クラッシュ」とETF(Vanguard Markets & Economy)

個人的な英語の勉強の一環で、米国バンガードの英語コラムを読んでみました。

Vanguard Markets & Economy
July 08, 2010 Vanguard's chief investment officer discusses the "flash crash" and ETFs

ない頭でコラムの内容をざっとまとめると、こんな感じのような気がします。
(もちろん、すべて米国市場のお話です)

・2010年5月6日に「フラッシュ・クラッシュ」と呼ばれる株式市場の大規模な下落があった
・20分にわたる大暴落で大量の取引が執行された
・SECは、5分以内に価格が10%以上動いた個別株は5分間の取引停止をアナウンス。ETFにも拡大
・これらのサーキットブレーカーは効果的であろうと考える。取引停止の時、人々は状況を再評価し、うまくいけば、感情的な行動に走る衝動を振り払う時間を与える
・何千もの取引が5月6日から遡及で取り消されたが、問題は、マーケットメーカーがいつそれらの取引が取り消されるか知らなかったことである。いつ取引が取り消されるかは明らかにされるべきだ
・SECと業界は、投資家教育、特に成行注文とストップロス注文についての潜在的なリスクの教育をもっとするべきだ

※水瀬の貧弱な英語力での解釈ですので、誤解・曲解があるかもしれません(多分あるでしょう)。あまり参考になさらないでください。

個人的に、マーケットを眺めたりしていないので、短期的にマーケットでどんなことが起こっているかはあまり把握していません。
先日、僕も保有しているETFの1306が一時的に一気に8%上昇したというニュースを見かけました。
よく知りませんが、FXでは「ストップロス狩り」といって、FX事業者が意図的に一瞬レートを操作して顧客のストップロスを約定させてしまうという噂もあります。
いろんなことが起こっているようです。

しかし、金融先進国であるはずの米国でも、市場の構造的に「フラッシュ・クラッシュ」みたいなことが起こるんですね。
ETFでもストップロス注文を入れていると一瞬の異常な下落に引っかかって、思わぬ安値でETFを売却してしまう可能性があるようです。

まぁ、投資信託派や、ETFでもストップロスなど入れないバイ&ホールド派には、あまり関係のない話かもしれませんが(^^;

(関連記事)
大和総研ホールディングス コラム
2010/05/24 電子化で影響が拡大したフラッシュ・クラッシュ

<追記>2010/07/13
野村総研 金融ITフォーカス
2010年7月号 複雑化した米国の株式市場構造と「フラッシュクラッシュ」
関連記事


  





コメント

こんにちは

感情的な行動とありますが
原因はコンピュータ売買ではないでしょうか?
東証でも最近特定銘柄で起こったと日経に載っていました。

今日は英語と格闘しました

僕も海外の情報を得ようとして、いくつものHPにおじゃましていますが、WIN7の翻訳機能ではどうしても変な翻訳になってしまいます。
取りあえず、単語を追って解釈しています。
更に米国のデータなのに探していても実際に欲しいデータが無くて困る事も有ります。
僕も海外から分かる範囲で情報を得られたので、明日お見せしましょう。←って、コラムと関係ないじゃん!?

>りささん

バンガードの原文にもフラッシュ・クラッシュの原因については具体的には書かれていないと思います。
感情的行動云々は、フラッシュ・クラッシュ発生後の投資家の行動について書かれたものです。
最後に付けた大和総研の参考記事に、原因について少し書かれているようですので、ご興味があればご覧いただければと思います。


>タカちゃんさん

文章全体の翻訳機能はヘンテコな文章になるので僕も使ってません。
単語を調べるくらいでしょうか。
昔覚えていた単語もけっこう忘れており、なかなか苦労しています。

なにか良い情報を得られたようですね。
それでは明日の第7回インデックス投資交流会で。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)