第7回インデックス投資交流会で「投資を続ける拠りどころは?」

水瀬ケンイチ

先日、えんどうやすゆきさん主催の第7回インデックス投資交流会に参加してきました。

会場の新宿の居酒屋に集まったのは20名くらいでしょうか。
開催が半年ぶりだったので、懐かしい顔ぶれも新しいかたもいらっしゃいました。

投資、政治(参議院議員選挙当日でした)、保険、節税など、いろいろな話題が出ました。
話は詳細にわたるのでご紹介できませんが、ブログ読者さんとひとつくらい話題を共有したいなと思い、参加者にちょっとヒアリングしてみました。

「相場が悪い時もありますが、投資を続けられる拠りどころは何ですか?」



・人の欲望がある限り資本主義経済は発展する
・数学的分散効果
・悲観シナリオも分散でヘッジ
・配当成長戦略
・残高は見ないから関係ない
・取り崩すのは40年後、世界全体なら少しくらいは成長しているだろう
・相場が悪い時にはバーゲンセールで買えるからいい
・人口が多い新興国が豊かになれば世界経済も成長する
・人類の英知に楽観的に期待
・割高・割安など判断できないという謙虚な気持ち
・騰落は見ていない、下げには慣れている etc...

全員に聞けたわけではありませんが、皆さんすぐに答えが返ってきました。
理論を拠りどころにしているかたから、経済見通しを拠りどころにしているかた、心の有りようを拠りどころにされているかた、見ないから関係ないというかたまで、いろいろなことを心の拠りどころにして、投資を継続しているんですね。
同じインデックス投資家たちでも回答がバラけたのが意外で興味深かったと同時に、たいへん勉強になりました。

個人的には、上ふたつが拠りどころかなぁ。
さて、これをお読みの皆さんが、投資を続ける心の拠りどころは何でしょうか?
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ