東証がアジア首位を奪還だけど

東証の売買代金がアジア首位を奪還したようです。

【日経新聞2010/07/14朝刊4面より引用】
売買代金 東証、アジア首位
東京証券取引所が今年1~6月の株式売買代金で、半期ベースでは2008年7~12月以来、3半期ぶりにアジア首位の座を奪還したもようだ。09年に首位だった中国の上海証券取引所で、金融引き締めへの警戒感などから売買が低迷したため。
【引用おわり】

photo_20100714.jpg
(上記記事より引用・クリックで拡大)

グラフを見れば一目瞭然ですが、東証が伸びたのではなく、中国が勝手に落ちてきただけというのが実態のようです。
それにしても、上海証券取引所は騰落の差が激しいですね。まさに新興国株式という感じです。

記事は、「東証の売買代金も足元は低迷が続いている。年間ベースで首位を守れるかは不透明だ」とも指摘しています。
株価自体が低迷するなかでの市場活性化は難しいのかもしませんが、できることもあると思います。

例えば、ETFはどうなっているのでしょうか。
銘柄数だけは93本(2010年7月現在)と東証が目標にしている100本に迫っていますが、売買高がほとんどない銘柄も目に付きます。
米国では、機関投資家も含めた投資家によるETF売買が市場の活性化の一端を担っているようです。
そこから学べることは多いはず。

また、日本証券業協会は上場前に企業が個人から出資を募ることを制限する協会規則改正案の施行延期を発表しましたが、これ以外にも、ベンチャー企業の上場に対して無駄にハードルを上げているような規制がないか精査していくことも必要かもしれません。

市場活性化へ向けて、まだまだできることはあるような気がします。
がんばれ、東証!
関連記事


  





コメント

ちょっと考え方が違いますが

ベンチャー企業の上場ですが、無駄にハードルを上げているのかを議論するのは必要と考えていますが、その一方でマザーズ企業の不祥事が多発し信頼を失いました。
個人的には、逆にハードルを上げて個人投資家に信頼をおける企業だけを上場させるようにした方が結果的には信頼回復につながるのではないかと思います。
実際に不祥事を起こしたマザーズ企業であるFOIの件は酷いの一言です。
赤字決算ならば赤字でも堂々と個人投資家に信頼ある決算書類を開示すれば良いので、そこから先は個人投資家の自己責任で投資をするのかどうかを決めさせれば良いのかなと思います。

規制の緩い韓国で上場すれば良いじゃない

・韓国はベンチャー企業の上場基準が日本より緩い為、日本企業で上場できない企業が資金集めの為に、韓国で上場するケースが増えているという話をニュースでやってました。
→グローバルな社会では、自国だけ規制を厳しくしても、他国へ脱出する企業が増えるだけ、みたいな意見もあるわけですけど、この場合はどうなんでしょうねー。
→韓国の上場基準は大分緩いみたいだけど、そんなに緩かったら、日本以上に上場企業の不祥事とか出そうだけど、(韓国の投資家は)大丈夫なのかなー。それとも規制の厳しさと、不祥事の発生頻度は相関が薄いのかな?よくわからないなー。

>タカちゃんさん

「不祥事が起きたから規制しろ」では市場全体の活力までもが奪われてしまいかねません。
大切なのは、新規上場にかかる費用・事務処理・時間などが適正レベルであるかどうかです。
適正レベルが難しいですが、ひとつの参考指標として、諸外国と比べて明らかに厳しければそれは問題でしょう。(もちろん明らかに緩いのも問題ですが)
適性レベルでないならばそのレベルを模索すればいいだけのことだと思います。
インデックス投資家は、個々の企業の不祥事に殆ど影響されないから甘いのかも知れませんが…(^^;


>hinoさん

規制の厳しさと不祥事の発生頻度の相関、たしかにわかりません。
規制の厳しさだけ考えれば、言葉や文化の壁を乗り越えるほどのインセンティブがあれば、韓国市場に日本のベンチャー企業がなだれ込んでもおかしくありません。
でも現実にはそこまでにはなっていないようです。
難しいですね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)