2010年上半期の国内ETF売買状況、特に1680・1681について

2010年上半期の国内ETF売買状況についてのレポートが出ています。

QUICK MoneyLife
2010年上半期・ETF売買代金、新興国株の商い減り・商品系は増加(10/07/15)

詳しくは上記レポートをご覧いただきたいのですが、ポイントを自分なりに無理やりまとめると以下のような感じです。

・上半期の売買代金は東証と大証を合わせて1兆8千億円超に達し、09年下半期の1兆7千億強を上回った
・売買代金首位は、日経平均連動型「225投信(1321)」。売買代金は約6千3百億円
・売買代金の増額が顕著なのは、金価格連動型の「SPDRゴール(1326) 」で約530億円。09年下半期に比べ倍増
・「上証50連(1309)」「ボベスパ(1325)」などの新興国株ETFの売買代金は全体でも910億円あまりとなり、09年下半期の約1千5百億円から減少
・個人投資家の注目を集めた「上場MSエマ(1681)」、「上場MSコク(1680)」の売買代金はそれぞれ約46億円、約36億円
・日本株ETFの市場価格と基準価額の騰落率差(乖離幅)は小さめ
・新興国株ETFをはじめ海外資産で運用するETFの乖離幅は大きくなりやすいものの09年下半期に比べ縮小傾向

個人的には、全体的なETFの堅調ぶりと、金ETFの躍進、そして「上場MSエマ(1681)」「上場MSコク(1680)」のスモールスタートっぷりが印象的でした。

特に、「上場MSエマ(1681)」「上場MSコク(1680)」については、市場価格と基準価額の乖離率が大きいかったのでいろいろ調べてみましたが、現在のところ、個人投資家としてはどうしようもないという結論に個人的には至っています。
当初は売買高が大きくなってくれば裁定が働き乖離率も落ち着いてくると考えていましたが、海外資産対象のETFの場合、価格評価時点のズレがあるために乖離率はどうしても発生し、その乖離率のうちどの程度がプレミアム(ディスカウント)要因でどの程度が価格評価時点のズレ要因なのか、個人投資家側では判断がつかないというのが現状のようです。
(関連記事)
2010/05/06 「市場価格」と「基準価額」の乖離率に意味がない?
2010/05/07 昨日の記事に対するtwitterでの反応をメモ
2010/05/09 1680・1681の乖離率がえらいことに
2010/05/15 ETF売買の新たな目安の導入が検討中

国内ETFの、信託報酬の安さや特定口座に入ることの利便性などのメリットが自分にとって大きいと考えるならば、ある程度の乖離率には目をつぶってえいや!と買ってしまうのもひとつの考えだと思います。
どうしてもそれが嫌ならば、インデックスファンドや、比較的乖離率の小さい海外ETFを含めて運用するのがいいと思います。

関連記事


  





コメント

お疲れ様です。 

僕は、上場MSコク(1680)を少しだけ持っていますが、
余り売買されていないことにびっくりしました。

とはいえ、個人で持っている分の流通に対してであれば、
売りたいときに売れるくらいの板の厚みはあると

感じているので余り心配はしていません。

もっている理由はまさに「信託報酬の安さや特定口座に
入ることの利便性」だけです。

それについかすると、割と小口で買えます。
9400円くらいからかな?買えました。(10口単位で買えるので・・・)

尚且つ、インデックスファンドは、夜間ニューヨークの
取引所が開いていないと買えないのですが、上場MSコク(1680)
だと買えました。

不思議ですが、微妙なメリットがありますね。

Re: GPIFの評価

水瀬さん

こんばんは

私のつたないブログに訪れていただきありがとうございます。
私もGPIFの運用は評価しています。ほとんど何もせず、しっかりした運用方針を守っているだけです。アセットアロケーションは意見はいろいろあると思いますが、哲学をもって運用しているところがいいと思います。
国内債券の比率の高さは今後どうなるか分かりませんが、ここ数年もっとも運用成績が良いアセットクラスなのでなんとも言いがたいです。
私も確定拠出年金ではじめて、国内債券の運用をしていますが、ブログに書いたとおり、結構な値動きがあります。今後どうのような値動きになるのか興味深く見ていきたいです。
水瀬さんも確か国内債券への投資をしておられますが、どんな感想をお持ちですか?

日本のETF市場もこれからというところでしょうか。

ETF先進国のアメリカでは時間差のある市場を対象とするETFでも流動性が確保されていることもあるのですから、日本もそうなる可能性はあるということで。

特定口座なども含めて今後に期待ですかね。

金価格連動型ETFは厳重警戒

1680、1681は意見が分かれていますが、今後、こうしたETFが登場するものとみられます。
このETFは1万円前後から買えてお手軽なので、アセットアロケーションを考えるときに、アセットクラスの比率の調整がやり易いのも魅力ですし、特定口座対応で将来の税金の事を考えなくても良い事も気に入っています。

金価格連動型の「SPDRゴールド(1326) 」は今の金価格高騰の要因が強いように思えます。
実際に、OKWaveでは金の積み立てを勧める回答が目立っているので、金価格に対しては警戒を強めています。
そんな訳で、金価格連動型は単にブーム的な要因と考えています。

>矢向さん

1680も1681も、価格のワープには注意してくださいね。
成行注文はまだまだ危険ということで。


>atok440さん

国内債券クラスは、安定度と他アセットクラスとの相関の低さが魅力だと思います。


>吊られた男さん

仰るとおり、今後に期待だと思います。


>タカちゃんさん

金は、確かにブームかもしれません。
相場を見て売り買いできる人ならいいと思うのですが、ほったらかし投資には向かないと思っています。

どうしても踏み切れないんですよね

ようやく実現した世界連動の国内ETF「上場MSエマ(1681)」「上場MSコク(1680)」。税金問題も何とかなりそうという事で期待しているのですが、未だ購入までには踏み切れないのが正直なところです。

 一番怖いのは売買高で、かつてのインデックスファンド強制償還の様に資金が集まらず上場廃止になるリスクが頭から離れません。
 ※この辺は水無瀬さんもご理解頂けると思います。ファンド漂流はしんどかったですよね。。。

 少なくとも1年運用して、初回分配金の結果を見るまではバンガードETFを買ってしまいそうな気がします(連動指数が同じでも運用会社の信頼性が違いすぎます)。

 ・・・同じ理由でTOKも買えなくなりました。日本で1680ができた以上、米国市場でMSCIコクサイ連動のETFを上場する意味は非常に薄くなります。ブラックロックが次回ETF整理する際、どうなるかが気になる銘柄です(iSaresは『身売りされたブランド』ですからねぇ)。

 ともあれ、貴重な一歩です。是非続上場継続して、安心して買えるようになって欲しいですね。

>ハイマージェさん

過渡期の商品選択は悩ましいですが、どちらかというと嬉しい方向での悩ましさなので、それ自体楽しんでいろいろご検討されるのがよろしいかと思います。
個人的には、今までどおり海外ETF中心の運用でしばらく様子を見るつもりです。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)