将来役に立つテスト問題ですぞ

山崎元氏の獨協大学春学期授業が終わったとのこと。

山崎元のホンネの投資教室
第130回 大学の「金融資産運用論」の春学期授業が終わった

学生さんには来週テストがあるそうですが、問題が公開されています。
その問題とは……

以下の4つの問題の中から1つを選択して、800字~1000字をめどとして論述して下さい(字数の制約は厳密なものではありま せん。また、評価の対象はあくまでも論述の内容であり、文字数の分量は評価の対象としません)。

回答の冒頭に、選択した問題の番号を明示してから、論述してください。

1.「行動ファイナンス」とはどのような研究分野で、現実のビジネスにはどのように応用されているかについて論述してください。
2.個人が金融資産を運用する際に必要な手順と運用内容の例を、具体的なケースを想定しながら、概説してください。
3.資産運用サービスの価格、特に「アクティブ運用サービス」の価格がどのように決定されるかについて論じてください。
4.日本で投資教育をどのように行うのがいいでしょうか。回答者の意見を、理由を明示した上で、できるだけ具体的に論述してください。

山崎氏の著作を2~3冊読んでいればよく出てくるテーマではありますが、あらためて1000字で書けとなると、難しいかもしれません。
でも、学生さんは授業でしっかり習っていることでしょうし、テスト当日は持ち込みもOKということですから、大丈夫でしょう。
がんばれ学生さん!!

このテスト問題、特に2番の問題あたりは、将来、学生さんにとって大いに役に立つ内容だと思います。
一夜漬けで全て忘れてしまうのはあまりにももったいない。
ぜひ頭の片隅に残しておいてほしいと思います。

P.S
エクセルでのリスク・リターンの計算方法の実習もあったとのことで、僕が学生だったら別途お金を払ってでも受けたい授業です。うらやましい~!
関連記事


  





コメント

こんなマジックはどうですか?

山崎 元さんは、どちらかと言うと「行動ファイナンス」を重視ってイメージがあります。
持ってきた資料としてインデックス投資交流会ではAPT(今回はファーマ=フレンチのモデル)に関する物ですが、これが否定されてしまうと、株式のリスクプレミアムがどのようにして付くのか?という素朴な疑問が出てきます。
元々は、CAPM、APTはリスク資産のリスクプレミアムはどのようにして決まるのか?という物だからです。
ファーマ=フレンチのモデルについても賛否両論があり、専門家の間でも激しい議論が絶えないのだそうです。
「行動ファイナンス」については特にスワップポイントが絡んでくる「外国為替」辺りは特に有効だと考えています。
こんな事を考えると何を信じて投資すれば良いのか分からなくなります。

「行動ファイナンス」だったら、こんな事を・・・
A氏:Bさんのお金を使っても減らない仕組みを作りました、例えば100万円を1魔貨=1円換算で100万魔貨に換えてお買い物をします。
1年後には100万魔貨をお渡しするので使っても減らないお金です。
しかも、これはインチキではありません、きちんと金融庁に届け出をしているので1年後には100万魔貨を保証します。

Bさん:100万魔貨だとチョコビはいくつ買えますか?
A氏:”現在では1個109魔貨”なので、9174個買う事ができます。
Bさん:それなら魔貨でお買い物しよう!
・・・・・・・・・・・・・・

その1年後にはチョコビの値段が1090魔貨になったそうです、更に1魔貨=0.1円にしないと誰も相手にされない事になってしまった、でも100万魔貨が貰えたので、使っても減らないお金を実現できたそうです。
ちなみに、日本円で買うと1年後のチョコビの値段が109円で買えたそうです。

と言うのはどうでしょうか?

山崎元氏の講義資料、確か公開されていましたよね。。。? 全部保存して見ていました。僕も実際に聞きたいなーと思っていました。

自分は1.2あたりの問題はなんとなく論述できそうな気がします。。。が、800~1000字と制限がつくと結構難しいかもしれませんね。

でも、4番が一番興味がありますね。
どのようにして投資教育を行うのかには非常に興味があります。。。

>1.「行動ファイナンス」とはどのような研究分野で、
>現実のビジネスにはどのように応用されているか

山崎氏ということを考えると、ビジネスシーンは金融機関のボッタクリ商品なんて論じるとウケがいいのでしょうかね。


「行動ファイナンスとは、人間が経済的に合理的な経済人ではないとし、その選択・行動について研究する学問である。
金融機関は、これを用いて個人のみならず機関投資家も含めた投資家に、非合理的だが選びがちな選択肢となる商品を売って利ざやを稼いでいる。
実例としては、投資信託における毎月分配型…(略)」
という感じでしょうか。


個人的には3番のモノ・サービスの価格の決まり方が、社会人となった時に資産運用以外の一般ビジネスでも使えそうですので、面白いと思います。

>タカちゃんさん

APTはともかく、チョコビは却下!(^^)


>PETさん

投資教育は、学校という学びの場がある学生向けと社会人向けで2種類必要な気がしています。
社会人向けには誰が何をどう教えるか?う~ん、奇抜なアイディアを書いてしまいそう…(^^;


>吊られた男さん

高得点コースの書き出しではないでしょうか?(^^)

テスト問題で検索しています

国語は 難しいなぁ。(ごめん)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)