将来役に立つテスト問題ですぞ

水瀬ケンイチ

山崎元氏の獨協大学春学期授業が終わったとのこと。

山崎元のホンネの投資教室
第130回 大学の「金融資産運用論」の春学期授業が終わった

学生さんには来週テストがあるそうですが、問題が公開されています。
その問題とは……



以下の4つの問題の中から1つを選択して、800字~1000字をめどとして論述して下さい(字数の制約は厳密なものではありま せん。また、評価の対象はあくまでも論述の内容であり、文字数の分量は評価の対象としません)。

回答の冒頭に、選択した問題の番号を明示してから、論述してください。

1.「行動ファイナンス」とはどのような研究分野で、現実のビジネスにはどのように応用されているかについて論述してください。
2.個人が金融資産を運用する際に必要な手順と運用内容の例を、具体的なケースを想定しながら、概説してください。
3.資産運用サービスの価格、特に「アクティブ運用サービス」の価格がどのように決定されるかについて論じてください。
4.日本で投資教育をどのように行うのがいいでしょうか。回答者の意見を、理由を明示した上で、できるだけ具体的に論述してください。

山崎氏の著作を2~3冊読んでいればよく出てくるテーマではありますが、あらためて1000字で書けとなると、難しいかもしれません。
でも、学生さんは授業でしっかり習っていることでしょうし、テスト当日は持ち込みもOKということですから、大丈夫でしょう。
がんばれ学生さん!!

このテスト問題、特に2番の問題あたりは、将来、学生さんにとって大いに役に立つ内容だと思います。
一夜漬けで全て忘れてしまうのはあまりにももったいない。
ぜひ頭の片隅に残しておいてほしいと思います。

P.S
エクセルでのリスク・リターンの計算方法の実習もあったとのことで、僕が学生だったら別途お金を払ってでも受けたい授業です。うらやましい~!
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ