ETFはもはや単なるミューチャルファンドの補足ではない(ETF Trends)

個人的な英語の勉強の一環で、ETF Trendsのコラムを読んでみました。

ETF Trends
ETFs: No Longer Just a Mutual Fund Supplement(June 28th)

ない頭でコラムの内容をざっとまとめると、こんな感じのような気がします。
(もちろん、すべて米国市場のお話です)

ETFはもはや単なるミューチャルファンドの補足ではない
・ほんの10年前、ETFはミューチャルファンド業界の補足として見られていたが、今ではミューチャルファンドはETFへの流出と戦っている
・チャック・ジェフィは、先週シカゴで行われたモーニングスター・インベスター・カンファレンスでこのシフトに着目した。その中で3つのサインが出ていた
①バンガードが新たな19本の株式クラスのETFをアナウンス
②グレイル・アドバイザーズが債券ファンド部門のスターファンドであるダブルライン・キャピタルの債券ETFの取り扱いをアナウンス
③24の伝統的ミューチャルファンドを運用しているハンチントン・アセット・マネジメントがそのうち2つをETFに転換
・このETF化の動きは、特にパッシブ運用されるETFの人気と認識されるはず
・実際、最近の研究ではパッシブなグローバル資産は15%から25%へ跳ね上がると見積もられている

※水瀬の貧弱な英語力での解釈ですので、誤解・曲解があるかもしれません(多分あるでしょう)。あまり参考になさらないでください。

「先週シカゴで行われたモーニングスター・インベスター・カンファレンス」というのはこれのことだと思います。
(関連記事)モーニングスター 2010年モーニングスター・インベスター・カンファレンス開催

どうやら、米国ではミューチャルファンドからETFへの移行がトレンドのようです。
ETF化に伴って、パッシブ運用化も進むだろうという記事であったと思われます。
(違ってたらゴメンナサイ)

翻って日本ではどうでしょう。
投信協会のデータによると、2010年6月の株式追加型投資信託(ETF除く)の純資産額は約45兆円(44兆9815億円)に対して、ETFはたったの約2兆円(2兆2754億円)。
(出典)投信協会 投資信託概況6月

まだまだ投資信託全盛です。
足元を見れば、販売会社主導のもと、通貨選択型などヘンテコで複雑な投資信託が幅を利かせているようです。
日本も米国のようにETF化が進めば、パッシブETFなどもう少しシンプルな金融商品がスタンダードになるかもしれません。

もっとも、最近の米国では、ETFでもデリバティブものやヘッジファンドものなど、複雑な商品も出はじめてきていますので、ETF化が進めばすべてよしになるかどうかはなんとも。
ETFでも投資信託でも、投資家が賢くシンプルな運用を心がければよいと思います。
関連記事


  





コメント

デリバティブ型ETFは条件によっては賛成

米国では良い意味で競争している訳ですね。
米国のように地震リスクを考慮しなくても良い市場ならばETF化に伴って、パッシブ運用化も進むというのは極めて合理的です。
ただし、日本は事情が違います。
勿論、メインはパッシブ運用で問題は無いのですが、日本では関東大震災が起こるとサラリーマン家庭の大半は壊滅状態になります。
しかも、一回の大震災で保険金の総額が5.5兆円を超えた場合は、その分は全てカットされるので、住宅ローンの人は住宅の倒壊に加えて、借金だけが残るという状況にもなる家庭が非常に多くなります。
そこで、東証に考えてもらいたいのは地震デリバティブ型ETF(あるいは地震オプション)を1万円から買えるようにする事です。
現在は、損害保険会社がやっている地震デリバティブや天候デリバティブを販売していますが、コストが非常に高い問題が有り、更に少額で取引ができない問題点があります。
デリバティブは透明性に問題が有り、コストを割高にできる点が問題です。
少なくともサブプライムローンを証券化できるだけの頭脳レベルはあるのだから、世の為人の為になるデリバティブ型の商品(例えば地震ETFや地震オプション)は絶対必ず作れます。
金融工学を駆使すれば殺人オプションすら作れるのですから、それからみれば超簡単です。

コストが安く、透明性が有れば世の為人の為のデリバティブ型ETFについては僕は大賛成です。
ただし、今までのようなコストを見えないようにするデリバティブ商品については投資家から資産をむしり取る行為にも思えるので反対です。

楽天証券/ブラックロックのセミナーでも、楽天証券/ブラックロックの方が言われていたかと思いますが、


ETFは機関投資家も含めた投資家全般が実現したい投資方法を実現するためのツールという位置づけであるという気がします。
一方、投信は使用用途がある程度限られており、Buy&Holdの個人投資家に限ってはあまり大きな差は無くても、違うスタイルの投資家にとっては大きな違いでしょう。

>タカちゃんさん

よい商品が出るといいですね。
今までの個人向けデリバティブ型商品は、コストとリスクを見えないようにしているだけのような気がします。


>吊られた男さん

仰るととおり、スタイルが違う投資家にはETFの方が活用の幅が広がるのでしょうね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)