生活防衛資金が役立った例

僕は株や債券などのリスク性資産とは別に、生活費の2年分以上を生活防衛資金として銀行預金で保有しています。
(最近は「2年分“以上”と表現を微妙に変えているのにお気づきでしょうか)

この生活防衛資金には、突然のリストラや長期入院などに備えると同時に、資産運用の心の平静を保つための大切な役割があると考えています。
今回の世界金融危機で、その大切さを再認識しました。
なので、アセットアロケーションを掲載するブログ記事(関連記事)には必ず生活防衛資金についても別掲で書いていますし、マネー誌などに掲載される場合にも極力、生活防衛資金についても書いてもらうようにしています。

先般、相方が気胸で入院しました(関連記事)。肺に穴があいてしまう病気です。
比較的短期間の入院で済んだので費用はそれほど高額ではありませんでしたが、まとまったお金が急に必要になりました。
加入していた医療保険がおりるのはずっと先であり、ここで生活防衛資金がおおいに役立ちました。

そんなこんなで、相互リンクブログ巡りをしていたところ、「とあるサーファーのインデックスWAVE」さんがもっと大変なことになっていました。
とあるサーファーのインデックスWAVE
2010/07/24 それは突然やってくる!!(生活防衛資金を発動)

詳しくは上記ブログをご覧いただきたいのですが、管理人のじろらもさんが働かれていたベンチャー企業が資金繰りにあえぐ中、パートナーの裏切りによって破綻してしまわれたそうです。
大変なことになっておられ、心中お察しいたします。

幸い、2ヶ月程度で新たな仕事につかれたようですが(本当によかったですね!)、じろらもさんはブログ記事の中で、
「生活防衛資金があるおかげで心の余裕が出来ましたし、しっかり将来設計を見据えた判断もできたのではないかと思っております」
と仰っています。
おそらくそれが偽らざる実感なのだと想像します。

上記二例とも、生活防衛資金が実際に役立った例です。
やはり生活防衛資金は大切だなとあらためて思いました。
関連記事


  





コメント

生活費≠年収(あるいは手取り)?

いつも楽しく拝見しております。

質問させてください。
水瀬さんは「生活費の2年分以上」を生活防衛費として
貯蓄していらっしゃるそうですが、
これは「年収の2年分以上」とは違いますよね?

そうだとすれば、
生活費はどのように割り出しているのでしょうか?
あまり厳密に考える必要もないのでしょうが、
生活費はあまりにも不確定要素が多いと思うのです。
年収とて同じでしょうが。

皆さんが生活防衛費を
どのように積算しているのか
関心があり質問させていただきました。

人それぞれの性格や家族構成・年齢によって差があると
思いますが、

①想定外の病気:収入保障の保険を掛け捨てで入っていますので
        これでカバーできます(会社のなので格安)。

②リストラ対策:会社都合なら退職金(満額割り増し有?)+
        失業保険がすぐ降りますので、これで2年分に
        なります。

ただ、、リストラあるようなときには不景気でリスク資産も下がって
いて売りたいタイミングじゃない可能性が高いと思います。
引越し等々の可能性もゼロではないので、私は1年分くらいでいいと
思っていますが、残り資金をリスク資産に入れるようなことも
ないですね(今の株価水準は別です。気にせずポイポイ入れていますw)
個人向け国債を重宝させてもらっています。個人向け国債をリスク資産
といわないと思いますけど、①②+個人向け国債+現金は少々で、今は
良いです。

僕が勤めていた会社は、6月末日を持って「解散」しました。よって今は「求職中」の身です。おかげでワールドカップは堪能出来ましたが・・・。

幸い(?)僕は独身で親と同居しているので、相当に気分は楽です。まだ支給されてはいませんが、「会社都合」の退職なので、失業手当もすぐにもらえますし、時期に(微々たる)退職金も振込まれるハズです。
それでも「生活防衛資金」は確保しています。概ね、年収1年分くらいでしょうか?基本的には「定期預金」と「MMF」ですね。今のところは取り崩す状況でもないですが、取り合えず、投信の毎月の積立は減額しました。気分的に。もっとも、「余裕資金」はないので当然と言えば当然ですが・・・。

「会社都合」の良いところ(?)は、「国民健康保険料の”軽減”」と「国民年金保険料の”免除”」が受けられるところです。「年金」については現在、年金機構への申請・回答待ちですが、「健保」については要件を満たしているので、即軽減になりました。
健康保険料の試算をしてもらったのですが、”普通の状態”であれば、年間20万円ほどでした!これだけ払っているのに、さらに、医療保険に加入を続ける必要があるのか?と、つくづく考えさせれました。

話しは少々脱線しましたが、人生、何が起きるか分かりません。備えは絶対に必要だと想いますし、制度についての知識も必要だと、改めて認識した次第です。

もっと生活防衛資金についての議論が活発になると良いですね!

生活防衛資金の必要性を感じていても、
例えばこればかり10年もかけてはいられないよ、という
人も多いでしょうね。
投資と生活防衛資金の積み立て比率を何対何にしているとか、
いやいや自分は何年間で遮二無二貯めましたよとか、
そんな話が増えると良いですね。

1つモデルケースを挙げましょう

stern18さんへ

ここでは幾つか仮定をおきます。
月収20万円、交通費2万円、年収240万円としておき、厚生年金保険料と社会保険料(40歳、東京)と雇用保険料を計算します。
標準報酬月額22万円(交通費2万円+月収20万円)、平成22年9月時点の厚生年金保険料8.029%、社会保険料+介護保険料5.41%、雇用保険料0.6%としましょう。
社会保険料(介護込)11902円、厚生年金保険料17664円、雇用保険料1320円なので源泉所得税は5670円、住民税(今年のデータと等しい仮定)は81300円(=6775円/月)。
手取り=200000円-11902円-17664円-1320円-5670円-6775円=156669円/月となります(住民税は去年の所得と控除の関係によるので、正確な値ではないですが、今年のデータと同じである仮定)。

つまり、税金や健康保険を考えると月収20万円、交通費2万円の投資家は月に156669円で生活をして、更にここから投資や貯蓄をしています。
ですから、現実的な生活費は月156669円よりも低くなります。
ただし、仮にリストラが起きた場合は今度は国民年金や国民健康保険の支払いがあるので、国民健康保険料と国民年金保険料を足し戻します。
156669円+15100円+152712円/12(東京都葛飾区)=184495円

僕の場合は、上記の仮定をおいて生活費を1ヵ月184495円として生活防衛資金を3ヵ月553485円と言うように計算しています。
なお、「交通費+月収」が違えば計算結果は当然違います。

絶対額や生活費○ヶ月分の内容の違いは置いといても

常識の範囲で起こりえるバッドラックに遭遇した時に対応できるだけの資金があるというのは重要ですね。
特に実際に役に立つというだけではなく、じろらもさんが言われてもいるように「精神的に余裕がある」という効用も大きいと思います。

自分で想像してみてもそう思います。

>stern18さん

生活費を出すには、1~2か月だけざっくり家計簿のようなものを付けてみるのがいいと思います。


>龍王さん

ご自身なりのリスク管理ができていて、いいんじゃないでしょうか。
生活防衛資金もなにがなんでも預貯金で生活費の2年分でなくてもいいと思います。


>平野孝太郎(仮名)さん

平野孝太郎(仮名)さんも大変な状況なのですね。
保険などの制度の知識についても必要とのご意見、同意です。
今はなにかと大変かと思いますが、なんとか乗り越えられることを祈念しております。


>1もるさん、吊られた男さん

投資の理論に対して、生活防衛資金は軽んじられているような気がします。
実用面でも精神面でもとても重要だと思うので、自分のブログではことあるごとに重要性を訴求してきましたし、今後も続けようと考えています。

雇用情勢が厳しい中、リストラや病気といったことに備える生活防衛資金は大切ですね。

私の周りにも失業状態が長引いている人がいます。明日は我が身かもしれません。収入が途絶えてしまった場合でも投信などのリスク資産は極力取り崩したくないものです。(積立金額を減らす、積み立て自体を一時的に休止することもあると思いますが。)

私の場合、1年間の生活費を預貯金で置いています。ただし、普通預金だとあまりにも金利が低すぎるので、ネット専用銀行で1年満期の10数本の定期預金にして毎月満期が来るようにずらしています。

あと、見落としてはいけないのが家計の管理。住宅ローン、家賃、車、保険の見直し(必要な保障を削らず保険料の負担を減らす)などで固定費を削減するといった家計のメンテナンスも大切かと思います。

ありがとうございます

皆さまありがとうございます。
いろいろな考え方があるのですね。
要はアクシデントがあっても
動じずにいられる程度ということでしょうか。
これからも有益な記事を期待しています。
ありがとうございました。

インデックス投資の根拠であるポートフォリオ理論においては、リスクフリー資産と組み合わせるからこそ最も効率的なポートフォリオがインデックスに定まる、という分離の定理からしても、生活防衛資金として一定額以上のリスクフリー資産を持つことは必要ですよね。
生活防衛資金の重要性という観点からしても、少しでも高いリスクフリーレートを得られる資産についてもっと議論されてもいいと思います。

>milkshakeさん

毎月満期が来るなら、ネット定期でもいいかもしれませんね。
家計管理も、当市に回せる余剰資金を捻出するためには必須だと思います。特に、固定費の見直しは一度やってしまえば効果が継続するので後が楽ですね。


>stern18さん

たしかにいろいろな考え方があるようです。
自分の場合はなるべく安全サイドで考えたいので、繰り返しになりますが、生活費の2年分以上を生活防衛資金として銀行預金で確保しています。


>オデュッセウスさん

自分の場合、おそらくそのお考えとは違います。
ポートフォリオ理論におけるリスクフリー資産とも別に、独立した準備資金として生活防衛資金を確保しています。

リストラや急病のような人生のピンチの時に躊躇なく使えるように準備している資金なので、それを使うことでポートフォリオのリスクが上がってしまっては本末転倒だと考えています。

僕の場合は・・・

オデュッセウスさんへ

僕の場合は、トービンの分離定理で言っている安全資産とは別に安全資産で持っています。
トービンの分離定理で言っている安全資産は、あくまでも自分が取れるリスクを調整する為に安全資産を購入しています。
ここではマーケットPFを株式PFとします。

例えば、株式PFのリスクを16%と仮定し、リスク許容度が8%なのでリスクを下げる為に安全資産を持つ場合は安全資産のリスクは0%で、相関係数が0なので、株式PF:安全資産=1:1で持つ事になります。
しかし、僕の場合はこれとは別に安全資産を保有しています。
つまり、トービンの分離定理で言っている安全資産はポートフォリオとして保有し、更に生活防衛資金を安全資産としてポートフォリオとは切り離して保有しています。

仮に、株式PFを300万円を持ち、リスクとリスク許容度は上記の通りで、月収20万円とし、生活防衛資金を3ヵ月持つと仮定すると、次のようになります。
株式PF300万円、安全資産300万円(これでリスクが8%、トービンの分離定理、安全資産は国民年金基金も可)
生活防衛資金60万円(緊急待機資金で安全資産)

ちなみに、少しでも高いリスクフリーレートを得る目的でトービンの分離定理を実現する為に確定リターンの国民年金基金を活用しても良いでしょう。
何故ならば、税金や国民健康保険からのリターンが手に入るので通常のCAPMよりも高いリターンを得られます。
ただし、生活防衛資金は何時でも解約できる定期預金やMMFや普通預金など、流動性が確保できる前提で運用を行う事にしています。

パートナーが万が一、(賃貸をやめて)住宅を購入したいと
言い出すと、ウン千万の出費になります。
住宅ローンを組んで金利を払うのもばかばかしいので、
今保有しているファンドを売却してあてる事になりかねません。

これは出費の可能性がある生活防衛資金に含むもの
なんでしょうか?
これを含むと実質的にほとんど投資ができなくなって
しまうのですが、皆様、どのように対処されているん
でしょうか・・・



>のびさん

ケースバイケースではないでしょうか。
水瀬家は賃貸派ですが、将来気が変わって家を購入するとなれば、ファンドやETFは解約すると思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

私の会社は大丈夫! ・・・?(人的資本の投資について考える)

前回のエントリ 【それは突然やってくる!!(生活防衛資金を発動)】 が、水瀬さんのブログ 『梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー』 ...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)