「売れ筋」の高利回りファンドは魅力に乏しい?

モーニングスターに流行の高利回りファンドに関する記事が掲載されています。

モーニングスター アナリストの視点(ファンド)
2010/07/27 「売れ筋」の高利回りファンドは魅力に乏しい?

詳しくは上記記事をご覧いただきたいのですが、新興国債券クラスについてのデータがいろいろ出ています。
そのうちのひとつを引用させていただきます。

新興国の株式と債券のリスク・リターン(米ドルベース)
photo_20100727.jpg
(上記モーニングスター記事より引用)

記事でも書かれていますが、新興国株式(10年)のリスクと新興国債券(10年)のリスクはほとんど同じでも、リターンは10%以上違います。
まあ、短期的には(5年で見ると)リスクはけっこう違うのですが。

<追記>2010/08/02
上記グラフに間違いがあるのではないかというご指摘が読者のかたからあり、モーニングスターに確認したところやはり間違いとのことでした。元記事のグラフが修正されていますので、こちらは削除しました。ご了承ください
<追記おわり>


また、「物価上昇率の高い国は、低い国対して通貨が下落する傾向にある点も考慮すべきであろう」と記事には書かれています。
いわゆる購買力平価の考え方ですが、長期的に見るとかなりきっちり成り立つようです。
長期的には購買力平価が成り立つとすれば、新興国債券ファンドの高利回りも実質的には続かないことになるかもしれません。
(関連記事)
2010/05/24 購買力平価は大正初期から成り立っていた

個人的には、現在、新興国債券クラスには投資していません。
新興国の市場リスクは、債券クラスではなく株式クラスで取りたいと考えているからです。
また、長期的には購買力平価の影響はかなり強いと考えています。
もちろん、現実が理屈どおりにならないことも十分あると思いますので、考え方は人それぞれということで。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。
関連記事


  





コメント

ちょっとデータが変?

このデータ変じゃないですか?
米ドルベースとは言え新興国債券5年よりも新興国債券10年の方が低くなっています。
また、新興国株式も含めて異常に高いリターンが出ています。
恐らく、新興国株式、新興国債券の両方が一定のスプレッドを保ちながらリターンが下がっていくと思います。
それは間違いなく為替の調整だと考えています。
新興国の通貨が大暴落した事例としては1998年のアジア通貨危機がありますが、高金利通貨のインドネシアルピアが対ドルレートで1年で価値が1/6にまで下落しました。
この時は金利の低かった同じアジアの通貨である日本円は1$=147円までの下落で済みました。

新興国株式については「先進国株式に比べれば、まあまあ良かった」ぐらいに、新興国債券は多くの人が知識を持たずに投資している事から「こんな筈はない!」なんて言うと思います。
OKWaveでは新興国債券へのアクティブ型投資信託に関するQ&Aをよく見かけるので、新興国通貨の大暴落が起きれば「銀行に勧められてブラジルの債券ファンドを買って損しています、どうしたらよいでしょうか?」的な質問ラッシュが起こるのは目に見えている状況です。
勿論、銀行が勧めようが理由を問わず自己責任ですよ!と言えばそれまでですが・・・

私は債券インデックスではなく、豪ドルと米ドルの
ゼロクーポン債を持っていますが、
直近の下落相場では良いヘッジになりましたし、株式同様
10年では無く20年先を見ていますので 株式より手堅い
という見方もしています。もちろん、米ドルが無くなって
アメロ?とかいう通貨になったりも20年先にはあるかも
しれませんが、無リスク資産はこの世に無いと思うし、
過度な悲観(妄想?)もないので そういうことは考えないと
株式同様 高金利ファンドもありかと思います。

毎月分配を選ぶような方の場合は取り崩し世代は
元本が減らないような錯覚にならない方であれば一考有と
思います(分配得ながら円安リスクを補填ということで。
全てその資産というのは何であれダメでしょうが。。。)

私はよく分かっていないですが、高金利の国は株式もダメ
なのでは?と思うこともあります。適度に分散しているので
気にはなりませんが・・・


このモーニングスターの記事ですが、比較の対象としている新興国債券のインデックスがEMBI指数なので、ここで言っている新興国債券は米ドル建ての新興国債券です(--;

新興国の現地通貨建て債券指数については、GBIエマージングですので、みなさんご存知だとは思いますが、念のため…。

酔っ払いの戯言

モーニングスターの図は横軸(リスク)と縦軸(リターン)が逆な気がします。
そうでないと、【インデックスのリスク・リターン(10年)をみると、米ドルベースのリターンは債券と株式は概ね同程度となる一方で、リスクは債券のリスクのほうが低くとどまっており】という文章が成り立ちません。



「購買力平価」「実質金利」
重要な言葉だと思いますが、なかなか一般の町の投資家には認知されませんね。

確認中

タカちゃんさん、吊られた男さんのご指摘のように、たしかにグラフが何かおかしいっぽいので、モーニングスターさんに確認中です。
結果が分かり次第、ブログでご報告したいと思います。
少々お待ちを。

どう見てもリスクとリターンが逆やがな・・・

やはり間違いとのこと

グラフに間違いがあるのではないかというご指摘を受け、モーニングスターさんに確認したところ、やはり間違だったとのことでした。
既に元記事は修正されてますので、当ブログのグラフは削除させていただきました。
それに合わせて、ブログ記事も一部削除させていただきました。

ご指摘いただいた方々、ありがとうございました。
モーニングスターの間違いを指摘するなんて、すごいですね~(^^)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)