インタラクティブ・ブローカーズのサービス内容が明らかに

2010年7月29日に、六本木WITVカフェで「ワールドインベスターズ夏祭り2010!」が開催されました。

第一部 トークセッション「なぜ、海外投資なのか?」浅川夏樹×西村貴郁×エマージング 司会:石田和靖
第二部 海外投資家必見!「海外投資における税金の基礎知識」 国際税理士 田邊政行
第三部 「世界最大のネット証券、Interactive Brokers上陸!」 角丸聖樹
第四部 交流会

という内容でどれも興味深かったのですが(文末にイベント全体記事へのリンクあり)、なんといってもお目当てはずっと追いかけていた、インタラクティブ・ブローカーズのサービス概要です。
それについて、まとめておきたいと思います。
(長文注意)



インタラクティブ・ブローカーズ証券
http://www.interactivebrokers.com/jp/main.php

■取扱商品ハイライト

取引所取引可能国:
アメリカ・カナダ・メキシコ・オーストリア・ベルギー・フランス・ドイツ・イタリア・スペイン・スウェーデン・スイス・イギリス・オーストラリア・香港・インド・日本

ETFや投資信託、ADRを利用して新興市場への投資:
BRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)
VISTA(ベトナム・インドネシア・南アフリカ・トルコ・アルゼンチン)

オプション取引:
個別株オプション・指数先物オプション・通貨オプションなど

先物取引:
指数先物・商品先物・通貨先物・ボラティリティ先物

カバレッジ:
NYSE個別株 約2800銘柄
CBOE上場オプション 2914銘柄
NASDAQOM上場オプション 564銘柄
CME-GLOBEX 先物91銘柄・オプション45銘柄

ETF 米国・欧州上場全て
香港株 約1400銘柄

最良執行システム(スマートルーティング):
北米個別株およびOPTIONにはSMARTが使用できます

手数料:
5年連続ランキング1位(北米オンライン証券会社と比較)


■手数料

C CITIGROUPを100株 約定代金377ドル: $1
MSFT マイクロソフト1000株 23840ドルで購入: $5
日経225先物 1枚GLOBEXにて買いたて: 267.33円
SP500指数オプション10枚、プット購入@$15: $10
MSFT株券オプション10枚購入@$2.33: $9

これ以外にも、プロ仕様の様々なツールが使用可能



どうやら、個人向けサービス、プロ向けサービス、という垣根はないようです。
様々な国の様々な金融商品にアクセスできること、そして手数料が安そうだということがわかりました。
日本に拠点ができたので、問い合わせ対応は日本語でOKとのこと。

ただ、手数料については、具体例が書かれていましたが、料金体系が分からなかったので、インタラクティブ・ブローカーズの角丸氏に、個別にメールで教えていただきました。
国によってもいろいろ違うようだったので、日本のインデックス投資家向けに一般的な「北米の株・ETF」の場合を想定して説明してもらいました。
それによると、以下のとおりです。



正式には、インタラクティブ・ブローカーズのWEBサイトの料金ページ、
http://institutions.interactivebrokers.com/en/p.php?f=commission&ib_entity=inst
で確認とのこと。(英語ですが)

■前提条件になる項目説明として、注文執行手数料には2種類の体系

・「Bundled」とは、取引毎に手数料を固定した体系です。取引レポート上で、取引毎の手数料の把握が容易になります。多くの商品において、月中取引枚数がボリュームディスカウント量に到達しない場合、手数料が低くなります。取引量が少ない個人口座に適しています
・「Unbundled」とは、取引所手数料等の原価に弊社の手数料を付加した手数料体系です。取引量が大きい場合に適し、月中取引実績によりボリュームディスカウントが適用されます。取引所手数料等の詳細な内訳の表示が可能になり執行コストの分析が必要な金融機関、または取引量の多い個人トレーダーに適しています
・上記は口座開設後の変更も可能
・一般的に個人トレーダーの方はBundledを選択するほうが良いと思います。以下説明はBUNDLEDベースで説明

■北米上場株式の取引手数料を調べる場合:

http://institutions.interactivebrokers.com/en/p.php?f=commission&ib_entity=inst
STOCKs,ETFs,Warrants / Bundled North Americaを選択し以下の画面を出す。

photo_20100731_1.jpg
(クリックで拡大)

・最初の行の $0.005/1株 が基本
・それに片道の最低料金と上限が設定されています
・EXAMPLEの説明 
 100株50ドルを発注の場合:$1
   0.005 X 100株 = $0.5 しかし最低$1の為$1が適用されます。
 1000株50ドルを発注の場合:$5ドル
   0.005 X 1000株 = $5 基本どおりの掛け算です。
 1000株0.5ドルを発注の場合:$2.5
   0.005 X 1000株 = $5
   しかし上限の約定金額0.5%プラス取引所手数料により、
   約定代金 $500 X 0.5% = $2.5
   (この例の場合取引所手数料の部分は小さい為IBが吸収)

・Non-Smart Routed API orders以下の部分はSMART(最良価格執行アルゴ)での発注でなく、APIでの発注の場合手数料が変わります
・またSMARTでなくVWAP取引の場合も若干手数料が高くなります

■その他の費用

・取引の有無に関わらず、最低手数料:$10/月
 (ただし、その月のIBに支払う手数料が$10を超えていれば二重に課金はしない)
・マーケットデータ費用
 リアルタイムデータの利用には、毎月のデータ利用料が各市場別で発生
 北米物メインであれば月額$10で株と商品が見れるPACKAGEがあるのでそれを使うのが良い
 (その$10もIBへの手数料が$30を越えた月は免除)

・結果的に月$30分手数料を発生(トレード)すれば余計なコストは掛かりません。概算ですが、個別株だけなら月30トレード、先物・オプションが絡めば月に5~10回で$30に達します


英語ページを見ただけではよくわからなかったのですが、説明されるとようやく理解できました。
少々複雑ですね。ただ、インタラクティブ・ブローカーのビジネスは、金融機関に対するサービスと同じであり、取引の透明性を追求すると、複雑になってしまうとのことです。

しかし、この手数料レベルなら、インデックスファンドで積み立てて海外ETFにリレー投資というステップを踏まずに、いきなり海外ETFで積み立てるのもアリではないかと、個人的には思えます。(月$10の最低手数料をどう考えるかですね)
また、日本ではまだ取り扱っていないバリューインデックスなどファンダメンタル・インデックスの海外ETFに投資できるというのも大きな魅力です。

ずっと追っかけてきたインタラクティブ・ブローカーズですが、ようやくサービス概要が分かりました。
米国の超低コスト証券会社の日本進出ということで、歓迎したいと思います。
口座開設も検討したいと思います。


※実際の口座開設・取引は、ご自身で情報をご確認されてから行われることをおすすめします。

(関連記事その1)
2009/01/10 インタラクティブ・ブローカーズが日本進出
2010/01/24 インタラクティブ・ブローカーズの日本進出はその後どうなったのか?
2010/04/20 インタラクティブ・ブローカーズ日本法人に個人が口座開設できるようになる?
2010/07/22 インタラクティブ・ブローカーズ、イベントでなにか発表?

(関連記事その2)
イベント全体の様子はまっき~さんのブログで、リアルタイムツイートをまとめておられますので、ご興味があればそちらをご覧ください。

まっき~の議事録
2010/07/30 ワールドインベスターズ夏祭り2010
関連記事


  





コメント

課題もありますが良いサービスですね

サービス面では文句なしです。
月10$の最低手数料ですが、月10万円ぐらい買える場合はそんなに気にならないように思えます。

楽天証券の場合は取引明細書に為替レートが載っているので、確定申告の時はそのレートを使えますが、SBI証券ではそれが載っていないらしくて、自分でTTS、TTBを調べるしか方法が無いそうです。
インタラクティブ・ブローカーズでは、その問題に直面するかも知れません。
インタラクティブ・ブローカーズの進出で、選択肢が増えるのは良い事ですが、同時に最低限の英語が必要になってくる場合も有りそうです。

しかし、本当の意味でのインタラクティブ・ブローカーズの進出で目が離せないのが国内の証券会社の特定口座化、運用対象の拡大だと思います。
国内の証券会社の手数料体系でメリットが少なければ、特定口座化か、あるいは投資対象ETFを増やすかのどちらかになると思います。
特にファーマ=フレンチの3ファクターモデルの考え方を使った運用ができるETFがインタラクティブ・ブローカーズに限らず、国内の証券会社で買えるようになれば、今まで以上に運用の幅が広がります。

良い意味での競争に期待しています。

>タカちゃんさん

たしかに。
WEBページも日本語化されているのはTOPページと少々という感じで、実際の売買画面は英語だと思われます。
ある程度の英語力は必要かもしれません。
ただ、低コストと豊富な選択肢はとても魅力ですよね。

僕も健全な競争が進むことを期待します。

税金や相続

こんばんは

たしかに、取引できる商品が多いのはメリットですが、今回の進出は、あくまでも日本の窓口を作ったというだけで、実際の取引は米国内でされるんですよね?そうすると、国内の証券会社の方がまだ税金面では有利ではないでしょうか?また、相続時などにもいろいろ問題があるようですが。


そういえば、タカちゃんさん

配当との損益通算の住民税&国民健康保険の件はどうなりましたか?

>奈々パパさん

もちろん、国内金融機関とはいろいろ違う部分があると思います。
本文中にも書かせていただきましたが、実際の口座開設・取引は、ご自身で情報をご確認されてから行われることをおすすめします。

通算の件

>奈々パパさん

例を挙げておきます。
2009年株式損失30万円(3年間繰り越し控除適用)
2010年年収240万円、DIA配当30万円、控除は基礎控除のみと仮定します。
DIA内訳
米国源泉税30000円
住民税13500円
所得税40500円

ここでは40歳で東京都葛飾区の例で計算します、なお、千葉県八街市のように計算方法が全く異なる市町村ではこの通りにはなりません。
東京都葛飾区では国民健康保険料、千葉県八街市では国民健康保険税と呼びます。

DIAを確定申告をしない場合は・・・
所得税56000円、住民税118500円、国民健康保険料+介護保険料198840円
コスト=56000円+118500円+198840円+30000円+13500円+40500円=457340円

DIAを確定申告した場合
所得税15500円、住民税105000円、国民健康保険料+介護保険料182100円
外国税額控除=0円(東京都葛飾区の判断でこうなります)。
コスト=15500円+105000円+182100円+30000円+13500円+40500円-0円=386600円

コスト差=457340円-386600円=70740円

つまり、株式損失とDIA配当を損益通算した場合は住民税、国民健康保険料を安くする効果を確認できました。
これは葛飾区の場合は住民税を元に国民健康保険料を計算するからです。
ただし、外国税額控除は適用できますが東京都葛飾区住民税課税課によれば外国税額控除は0円になります。
なお、千葉県八街市では国民健康保険税が安くなる事は有りません、何故ならば東京都葛飾区と計算方法が違うからです。

レスありがとうございます

>実際の口座開設・取引は、ご自身で情報をご確認されてから行われることをおすすめします。


その通りだと思います。
私は税金はされておき、相続面から、AICでプロベートが問題になっていましたのでやめておこうと思います。


タカちゃんさん

詳しい説明ありがとうございます。
ご自分の事例では有利だったけれども、自治体によっては違う結果になる可能性もあると言うことですね。ややこしいですね。(^^;)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

ワールドインベスターズ祭り 2010 に参加しました。

乙は、29日(木)の 19:00-21:00 にトラベルカフェ六本木店 http://www.travelcafe.co.jp/shop/roppongi/ で開催された「ワールドインベスターズ祭り 2010」 http://www.worldinvestors.tv/guide/seminar_20100729.pdf に参加しました。 参加費は 500 円でした。ビール...

Interactive Brokers で気になること

昨日の午後8時以降、当ブログのアクセスが異常に急増しています。 どうやら、梅ランで Interactive Brokers の紹介記事があり、 その流れで検索されてアクセスされたようです。 インタラクティブ・ブローカーズのサービス内容が明らかに (梅屋敷商店街のランダム

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)