あなたのETFポートフォリオをいつリバランスするか(ETF Trends)

個人的な英語の勉強の一環で、ETF Trendsのコラムを読んでみました。

ETF Trends
When to Rebalance Your ETF Portfolio(July 30th)

ない頭でコラムの内容をざっとまとめると、こんな感じのような気がします。
(もちろん、すべて米国市場のお話です)

あなたのETFポートフォリオをいつリバランスするか

・リバランスは、ポートフォリオや退職年金プラン管理の重要な部分を担っている
・多くの投資家たちが、退職年金プランの株式:債券の比率を6:4に設定している
・もし、あなたの退職年金プランで同じようなことをやろうとしたら、1年以上手持ち資産を見ないだろう。すると、資産配分が変わり価値も変わっているだろう
・「スマートマネー・レポート」では、リバランスは、当初目標だった理想的な株と債券の組み合わせに戻すように、資産配分を調整することを意味すると述べている
・あなたのポートフォリオのリバランスが必要な出来事が他にもある

1.市場の大幅な騰落(ひとつのアセットクラスに偏りがないかチェックすべき)
2.個別株の持ちすぎ(ポートフォリオ全体の20%以上持つべきではない)
3.ライフイベント(結婚、配偶者の転職など)
4.金融商品の選択肢の変更(会社の金融機関変更で選択肢が変わることがある)
5.リタイアメントが近づいたら(退職まで3~5年になったらリスクを減らせ)


※水瀬の貧弱な英語力での解釈ですので、誤解・曲解があるかもしれません(多分あるでしょう)。あまり参考になさらないでください。

リバランスの重要性について書かれたコラムでした。
個人的に、「へぇ~」と思ったのは、退職年金プランの株式:債券の比率を6:4に設定している投資家が多いということですね。
僕は年齢とともに債券比率を上げていくことを考えていますが、面倒くさいのでリタイア直前(3~5年前)まで株式:債券は6:4で固定、それに向けてひたすらリバランスというのもアリなのかなと思いました。

また、個別株投資はポートフォリオ全体の20%まで、というのも興味深いです。
個別株の投資比率もリバランスの対象というところが新鮮でした。
退職年金プランでは、ファンドやETFを活用することがメインなのでしょうね。
僕は個別株投資比率は0%ですが(^^ゞ

米国の退職年金プランにおけるポートフォリオの話がメインなので、日本の個人投資家の資産運用とは少し違う部分もあるかと思いますが、老後資金のための資産運用という観点では参考になる部分も多いと思いました。
関連記事


  





コメント

へぇ~!!!

実は僕も数年前から運用資産の株式債券比率を6対4にしているんです。。若いくせにちょいと債券比率が多いかな(男らしくない?笑)と思っていたので、あまり大きな声では言わないようにしていたのですが、なんかちょっとホッとしました(^^)

リタイヤまでひたすらリバランスってのも、まさに今のところ自分もイメージしている方針です。。

《追記》
リタイヤ後も運用資産の株式債券比率は6対4くらいに保ったまま、トータルなリスク資産と非リスク資産の割合を調整するだけでもいいのかなぁ、なんてことも最近は思案してます。
んまぁ、その歳になればまた色々と考えも変わっているかもしれませんが…

ライフイベントをどうするか?

やはりライフイベントでしょうか?
結婚するとなると大きな出費になる場合もあるので、現金は潤沢に持っていたいです。
最近は育児が嫌になって育児放棄をして子供を死亡させるケースが有りますが(可哀そうですが・・・)、育児にもお金がかかります。
その他に自分の病気、リストラ、身内の不幸などもライフイベントとして考えると現金は欲しいです。
ライフイベントはどうやっても避けて通れないので、どうするかを考えておく必要がありそうです。
恐らく子供がいる家庭では育児にお金がかかる事から、資産運用をやる経済的余裕が無い家庭が多いのではないかと思います。

20代~40代ぐらいまではライフイベントによる出費がかさむ時期なので、そこを考えておく必要が有りそうです。

米国では投資をするのは日本と違って、一握りの富裕層が中心のようなので、リタイア前ともなるとかなりの高収入だから多少リスクを取っていても問題ないのかも知れません。

>虫とり小僧さん

ご自身で納得感があればいいんじゃないでしょうか。
株:債券=6:4じゃなくて、4:6ですが、バンガード・ウェルズリー・インカムファンドが長期で好成績のようです。NightWalkerさんが推してましたね。


>タカちゃんさん

ライフイベントに関しては、元記事では、「もしあなたが結婚したり、配偶者が転職したり、別の退職年金プランになったりしたら、リバランスを考えなさい。そのうえ、相方のポートフォリオも考慮に入れなさい。そして、二つのものというよりもむしろひとつの投資単位としてそれらを見なさい」ということを指摘していました。


>anonymouseさん

そういうこともあるかもしれませんね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)