円高でげんなりしている国際分散投資派の方々へ

ここのところ円高、円高と毎日のようにニュース報道されています。

外国資産に投資すると為替リスクを負い、円高になると資産はその分目減りします。
僕を含め、げんなりしている国際分散投資派も多いのではないでしょうか。
リーマンショック以来、円は全ての通貨に対して高くなる「円独歩高」の状態が度々あり、その印象が強く頭に残っています。
しかし、日経新聞2010年7月30日夕刊に、それを覆す面白いデータが掲載されていたのでご紹介します。

photo_20100801.jpg

10年前との為替レートの比較です(正確には9年半前ですが)。
「この円高だ、どうせ全ての通貨に対して円独歩高なんだろうなぁ」と思って見てみると、意外や意外。
米ドルと英ポンドに対しては10年前より円高ですが、ユーロ・カナダドル・豪ドルに対しては10年前よりむしろ円安になっています。

これを見ると、通貨の分散に一定の意味はありそうです。
投資をしているとつい近視眼的になりがちですが、少し期間を長くして見直してみると、印象とはまた違った現実が見えてくることがあります。
国際分散投資派の方々、少しは元気が出たでしょうか(^^)


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。

関連記事


  





コメント

金利

その時の金利が知りたいです。

将来 日本円で取り崩すわけですので 為替リスクより投資先のほうが
魅力あれば買っていけばいいのでは?と思っています。
仮に、投資先以上に為替リスクが大きいと思えば止めればいいだけだと
思います。
あとは、インデックスFで世界に分散投資の場合は、米ドル比率は
高いですが、様々な通貨が入り混じっていますので、まさに分散投資
だと思います^^;

個別株をやる私の実感としては、インデックスで分散投資するよりも
日本の個別外需株のほうが為替による影響(リスク)が多い気がして
います。

実質実効為替レートで見ると・・・

ここに出ているのは名目為替レートですが、実質実効為替レートでもはっきりと強弱が出ています。
2000年末時点での実質実効為替レートでみます。
豪ドルは実質金利がマイナスの影響で通貨が弱かった時期です。
ですから、投資家は”豪ドルの実質金利がマイナス”を嫌っていたのでしょう。
ユーロもこの時期は非常に弱かったです。
英国ポンドは若干強めの通貨でした。
米ドルは若干強い通貨でした。
カナダドルはデータの加工をしていません。

ですから、実質実効為替レートでみると豪ドル、ユーロは弱く、英国ポンド、米ドルは若干強めの通貨でした。

ちなみに、実質実効為替レート米ドルは2000年末時点よりも2010年6月では約13%程度弱くなっています。
しかし、名目為替レートであるドル円で見ると29%も安くなっています。
つまり、貿易相手国の総合為替レートである実質実効為替レートは単独の為替レートよりも変動が低くなると思われます。
その他にも、金利差があれば長期的に金利差を打ち消すように為替レートが動くため、名目為替レートの変動が大きくても実質実効為替レートの方が動きが小さくなるようです。
ここに国際分散投資の強みがあると思います。

>いしころ

グーグルで「米ドル 金利 推移」とか入れるだけでわらわら情報が出てきますよ。
例えばこれとか↓
http://kakaku.com/gaikadepo/hikaku.html


>龍王さん

>>個別株をやる私の実感としては、インデックスで分散投資するよりも
>>日本の個別外需株のほうが為替による影響(リスク)が多い気がして
>>います

そんなもんですかね。面白い!


>タカちゃんさん

「貿易相手国の総合為替レートである実質実効為替レートは単独の為替レートよりも変動が低くなる」とは、初めて知りました。
勉強になります。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)