「敗者のゲーム」のチャールズ・エリス氏がやってくる

ウォール街のランダム・ウォーカー」(バートン・マルキール著)と並ぶインデックス投資の名著「敗者のゲーム なぜ資産運用に勝てないのか」の著者、チャールズ・エリス氏が来日します。
それに合わせて記念セミナーが行われるそうです。

バンガード・インベストメンツ・ジャパン セミナー情報
チャールズ・エリス氏セミナー開催

2010年9月11日に、青山学院にて。こちらは英語講演で、先着順。
2010年9月12日に、有楽町朝日ホールにて。こちらは同時通訳アリで、応募者多数の場合は抽選。
詳しくは上記セミナー情報をご参照ください。

もちろん、即申し込みました。当たるといいなぁ。

ちなみに、勘違いしている人がけっこういるのですが、書名にある「敗者のゲーム」とは、「負けてしまうダメな投資法」という意味ではなく、「相手側がミスして自滅していくのを見届けて生き残る投資法」というような意味です。

テニスの試合に例えると、プロの試合は狙って点を取りに行く者が勝つ「勝者のゲーム」ですが、それに対して、アマチュアの試合は自分のミスを最小限に抑えて相手の自滅を待つ者が勝つ「敗者のゲーム」です。
プロがひしめき合う資産運用の世界では、大半のアクティブファンドはインデックスファンドに勝てない「敗者のゲーム」の要素が大きい。
つまり、インデックス投資は「敗者のゲーム」でいいのです。

そんな話をしていたら、また「敗者のゲーム」を読みたくなってきたので、再読したいと思います。
関連記事


  





コメント

チャールズ・エリス氏来日 & 即申込ですか。

私は東京マラソン2011に即申込です。って関係ないですね。


個人的には名著同士でも『敗者のゲーム』の方が『ランダム・ウォーカー』より好きだったりもします(スミマセン・・・)

>吊られた男さん

敗者のゲームもランダムウォーカーも、同じインデックス投資をすすめてはいますが、その論拠は微妙に違いがありますよね。
同じように、内藤忍氏と山崎元氏とカン・チュンド氏などもインデックス投資をすすめてはいますが、それぞれ違うようなところがあるように思えます。
かなりマニアックになりますが、細かく比較してみると面白いかも。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)