ライフ > 家計 > 点検個人マネー外債投資が日本株の成績まで高める理由とは 外貨投資の誤解(5)詳しくは上記記事をご覧いただきたいのですが、無理やりまとめると、外債投資が大切な5つの理由が以下のとおり。1. 今後、どの資産が上がるかは分からない2. やり方さえ間違わなければ大...\" /> 外債投資が大切な5つの理由 - 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

外債投資が大切な5つの理由

日経電子版に、外債投資の必要性についての記事が掲載されています。
例によって、データで解説された良記事ですのでご紹介します。

日経電子版 > ライフ > 家計 > 点検個人マネー
外債投資が日本株の成績まで高める理由とは 外貨投資の誤解(5)

詳しくは上記記事をご覧いただきたいのですが、無理やりまとめると、外債投資が大切な5つの理由が以下のとおり。
1. 今後、どの資産が上がるかは分からない
2. やり方さえ間違わなければ大けがは避けられる可能性がある
3. 値動きの違う資産を組み入れることでポートフォリオ全体のリスクが小さくなる
4. 少子高齢化が進む日本は諸外国に成長率で見劣りする可能性が高い
5. 人によっては「日本は財政悪化が進み、いずれ大幅な円安になる」という予測

なるほどねー。どれもわからないでもありません。
参考になります。

良記事ですが、個人的にはちょっと違う考えです。
過去に何度か書いていますが、「外債ほぼ不要論」に傾きつつあり、ポートフォリオにおける外国債券クラスの比率を縮小中です。
主な理由は、

・長期的には購買力平価が意外に強力で、外国債券の期待リターンは日本債券と同じであるという考え
・過去データを見ると、外国債券クラスはリターンが低い割にはリスクが高い
・為替リスクはなるべく外国株式クラスに振り向けたい

といったところ。

将来は何が起こるかわかりませんから、外債投資についても、常に正しい正解があるとは思えません。
外債投資をするのもしないのも、多めにするのも少なめにするのも、考え方次第でいいんじゃないでしょうか。

※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。

関連記事


  





コメント

この件は…

自分の資産運用に関して、この1~2年間で考えている時間が最も長いテーマです。。

現状では正解は分かりません(そんなのない?)が、各人の考えや想定する未来によって様々なアセットアローションがあるからこそ、興味が尽きなく、インデックス投資家で集まっても語るネタになるんだと思うので、今後も肩の力を抜いて楽しみながらあれこれ思案したいです(^^)

議論になりやすい

僕だったら・・・
2. やり方さえ間違わなければ大けがは避けられる可能性がある
これだと思います、外債投資は理論上は期待リターンは円金利並みというのは賛成、しかし、実質実効為替レートを見ると強い通貨と弱い通貨があり、弱い通貨は輸出競争力が強まっているので経常収支が改善し、通貨が相対的に強くなりやすいです。
ここに目を付けて外債で大きなリターンを狙う方法は有りです。

警戒している理由ですが・・・
4. 少子高齢化が進む日本は諸外国に成長率で見劣りする可能性が高い
こちらは専門家が声をそろえて発言しますが、もっと厳密な意見をいう専門家が存在せず、しかも「日本は少子高齢化で外国は高金利で有利です」程度の小学生低学年レベルの発言内容が多い点に驚かされます。
なお、高齢化の進展で貯蓄の取り崩しが起こり、将来、経常収支が悪化する事で円安を予想する専門家がいます。
日本の経常収支が悪化すれば、長期トレンドは円安方向に変わるかも知れないからです。
ただし、ここで僕が強く言いたいのは「仮に長期的に円安になるとしても、その理由だけで外債(ソブリン債、高格付け債)が有利だという意見には真っ向から反対」します。
その時の円金利水準や、株式の魅力など、幾つか検討しなければならない事があるからです。
外債投資っていうとみんなソブリン債や高格付け債を思い浮かべる人は多いですが、ハイ・イールド債や投資適格社債(BBBクラス)も立派な外債投資対象です。

5. 人によっては「日本は財政悪化が進み、いずれ大幅な円安になる」という予測
これも外債投資の理由としてはあまり強力な物ではないです、むしろ外国株式を持つ方が良い場合があります。

いずれの場合にしても日本の経常収支はよく見ておく必要があると思います。
このテーマは賛否両論が出ていますが、4については銀行や証券会社、5についてはOKWaveで外債が推奨されています。
しかし、4、5については日本の経常収支を含めて厳密に検討し、誰もが納得いくような意見でなければ外債投資の理由としては弱すぎるように思えます(外国株式を使ってもよい)。
2、3の場合はやり方さえ間違わなければ、それなりに合理性が有りそうです。

記事に関するコメントありがとうございます。
外貨投資については本当にいろいろな考え方がありますね。

例えば記事にはグラフを入れ忘れたのですが(おい!笑
日銀の発表している実質実効レート。
つまり物価水準まで勘案したレートの推移をどう見るかも
興味深いです。

皆さんご存じのように
エクセルで実質実効レートのグラフを作って
トレンドライン(近似曲線)を引くと
変動相場になった1973年から円高ピークの95年まで
物価変動を反映した実質相場でみても円高傾向で、
その後はトレンドが円安方向に転換しているようにも
見えます。

これを「長期的な円安が始まった」との傍証とも
とらえることが可能というわけで、
東大の伊藤元重先生などは
実質レートも95年を境に転換したとみているようです。

一方、学者の中には
「たかだか数十年のデータ。
期間が短すぎて判断できないし、
トレンド転換と言えるほどの明確な変化ではない。
むしろ一定の範囲内で推移していると見える
(つまり購買力平価が効いている)」
との立場もあります。
(僕はどっちかというと後者より)

高齢化による貯蓄率悪化、経常収支悪化、円安というシナリオにも
うなずける点もある一方
①経常収支がず赤字だから通貨が弱くなるとは限らない(米国のように
②すでに高齢化は進み始めているが、
予想されたほど経常収支は悪化していない。
今後も意外に黒字を維持し続ける可能性がある――

など様々な見方がありますね。

ともあれ僕は、
金利差や高齢化をネタに、やみくもに外債を
買わせようという一部の金融機関の在り方については、
なんだかな、という気がしています。

多くの個人は
「わかりやすいストーリー」に
魅力を感じてしまうのでしょうけれど。

どう見ても円高、円金利低下に向かっていると思われるのですが・・

質問させてもらってよろしいでしょうか。(ぶしつけですみません)

評論家の方々が、このまま低金利は続かない、円安になるとよく言われておりますが、実際は逆方向へ進んでいるように思えます。
実際、長期金利は1%を割ってますし、ドル安も止まる気配がありません。
長期になれば、この傾向に変化は出てくるものなのでしょうか?




>虫とり小僧さん

基本的なことなのに悩ましいテーマですよね。
外債を肴に、またお話しましょう。


>タカちゃんさん

記事内容の分析ありがとうございます。
仰るように、理論の裏づけがある話と単なる見通しの話が混在していますので、見極めが必要だと思います。


>日経田村ですさん

筆者直々のコメント、恐縮です(^^)
本当に様々な見方があって悩ましいです。
でも、何らかの見方を選択しないとアセットアロケーションが決められません。
自己責任で、自分が納得のいく方法を採用したいと思います。

表面上の金利差や高齢化をネタにやみくもに外債を買わせようという一部の金融機関のやり方は、私も残念に思っています。


>預金王さん

個人的に、為替動向については予測不能と割り切っております。
なので、ご質問にはお答えできません。申し訳ありません。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)