投信の乗り換え勧誘監視、それがあろうとなかろうと。

証券会社による投信乗り換え勧誘を監視するそうです。

【日経新聞2010/08/06朝刊4面より引用】
投信の乗り換え勧誘監視 顧客保護へ監視委方針
証券取引等監視委員会は、証券会社による投資信託の販売状況について立ち入り検査を通じて重点的に点検する方針を決めた。顧客に対して、ある投信を売って別の投信を買う行為(乗り換え)を頻繁に勧める事例が増えていると判断。投資家保護の観点から是正を促す。手数料収入を増やすため、顧客にとって有利でない乗り換えを、十分な説明をせずに勧めていないかといった点を点検する。
【引用おわり】

基本的には、良いことだと思います。
同じ顧客に新商品を回転売買させる営業方針では、証券業界の将来はジリ貧です。
もういい加減、証券各社は株式売買委託手数料の落ち込みを、新規投信の「販売手数料」で手っ取り早く穴埋めしようという発想を切り替えた方がよいと思います。

証券業界は、同じ池から同じ魚を繰り返し釣り過ぎました。
今いる魚たちはもう疲れ果てています。
(それでも新しい餌が目の前にぶら下げられると、つい食いついてしまう悲しい生き物ですが…)

投信協会によると投信銘柄数は3,751本(2010年6月末)、東証の上場企業数は2,308社(2010年8月3日)。
東証の上場企業数よりも投信の銘柄数が多いなんて、どう考えても異常です。

証券業界は、「長期投資に耐えうる定番投信」を作り、じっくり資産残高を積み上げながら、「信託報酬」等で細く長く儲ぎ続ける資産管理型のビジネスモデルに転換しないと、先がないのではないでしょうか。
この「長期投資に耐えうる定番投信」で、継続して資産流入するような運用ができるかどうかは、運用会社の腕の見せ所です。ここで運用各社は競うべきです。
ロングセラーの定番商品が魅力的なら、毎年新規顧客も集まるでしょう。

一方で、投資家側も、証券取引等監視委員会の監視があろうとなかろうと、証券会社に新規投信を「勧められたから買う」のではなく、自分の頭で考えて比較検討し、納得できるものを「自分で選択する」ようでありたいと思います。
そうしないといつまでたっても、新しい餌が目の前にぶら下げられるとつい食いついてしまう悲しい習性の魚のまま、何度も釣られることになりかねません。

自分たちも勉強するから、証券業界も変わってくれ。
そう願わずにはいられません。
関連記事


  





コメント

鴨ネギにならないように願うのみ

先日、分別ゴミを出しに行った集積所でご近所の旦那さんと立ち話をしたときの話です。

最近、定年退職したので、退職金の運用相談にご夫婦で某証券会社の窓口に行かれたそうです。(投信 手数料3.15%の会社です)

まじめに勤め上げて、子供も無事育て一本立ちさせ、住宅ローンも完済し、これから第二の人生をスタートさせる時に、初めて資産運用を開始するサラリーマンはかなりの数になると思います。やはり大手の証券会社窓口で相談が一般的スタイルだと思います。

売る側としては、窓口に相談に来てくれるお客様は、さぞかしおいしいお客様なのではと想像してしまうのは私だけでしょうか?

実話ですが、うちの部長から冬のボーナス時期に「これってどう?」と
冊子を渡されました。見ると米国ハイイールド債でした(笑)
3年満期・購入手数料3%・信託報酬1.9%くらいだったと思います。
ボーナス時期になると銀行が紹介にくるそうです。
私「部長、こんなの買うの?」部長「いいと思うんだけどな。だって
今は円高だし、金利もいいし」私「だってコスト高いし、高いコスト
払ってジャンク債買う?」部長「そう?いいと思うんだけど」という
感じです^^;;3年満期ってのもミソですよね。上手く儲かれば再度
他の商品を買わせるし、損しても いろいろトークでこっちならって
いけますので。。

(E)名前がポイント

僕は最近は暑さでヘトヘトです、それでも銀行は店舗の営業に加えて顧客の資産を把握していまうから、夏バテどころか強気ですね。

証券会社は資産が無ければ言い訳出来そうですが、銀行は顧客の給与やなどの情報を持っているので強みがあります。
お金を持っていながらにして知識がなければ当然、銀行の餌食の対象になりうる訳でして、どうみても投資の事を知らないように思える客がカタカナ投信をやたらに買う傾向にあります。
例えばクラウド・コンピューティングみたいなカッコいい名前が付いた投信は売れ易いようです。
ハイ・イールド・ボンドもカッコ悪い書き方をすれば紙屑債ですが、カッコいい書き方をすると売れ易いです。
唯一、カッコ悪い書き方をしている毎月分配型は売れていますが、それだったらディビデンデンド・フリケンシー⇒マンスリーって書けばカッコ良すぎて意味不明になりがちの投資家でもあります。

やはり、カッコ良くてある程度理解できそうなカタカナが一番ブレイクしそうな気がします。
要は投信が売れるポイントはカッコいい名前でしかも自分が理解できそうな錯覚を起こせそうな投信かも知れません。

投資家層の拡大の必要性

資産管理型のビジネスモデルへの転換は迫られていると思いますね。と同時に、そのためには、元本割れを恐れない投資家層の拡大も必要かなと。ここら辺は、金融機関だけの努力では進まないと思っています。

>オーク X32さん

まだまだ大手証券の窓口に相談に行くというのが、一般的なスタイルなんでしょうね。
大手証券でも、インデックスファンドや海外ETFがないわけではありません。
ご近所の旦那様の運用がうまくいかれることを祈念しております。


>龍王さん

さ、3年満期の投資信託ですか。
初めて聞きました。
投資は自己責任、部長さんに幸あれ…(^^;


>タカちゃんさん

名前かいっ!


>yyy1980さん

そうですね。
投資家側の理解促進も欠かせないと思います。
投資家気取りでも1円でも損すると途端にクレーマーになるような人たちが相手ではまともな運用はできないでしょう。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)