「くりっく株365」はインデックス投資に使えるか

水瀬ケンイチ

QUICK MoneyLifeの「くりっく365」関連記事に、「くりっく株365」のことが出ていました。

QUICK MoneyLife 2010/08/09より引用】
年内に上場が予定されている取引所株価指数証拠金取引「くりっく株365」についてもお聞かせください。スタート当初は日経225に加えて、イギリス、ドイツ、台湾、中国の株価指数の上場が予定されていますが。

中島:FXは為替レートの変化の「あや」をとり、短期的に取引できますが、新興国の成長通貨で金利を狙ったり、経済成長に伴う通貨の値上がりで中期的に利益を得ることもできます。もっとキャピタルゲインを狙いやすい投資手法はないかと考えた時、一番シンプルに国の経済状況を反映するのは、その国の代表的な株価指数です。それが「くりっく365」と同じように、ポジションを自動的にロールオーバーできれば便利ですよね。FXと同じ商品性、利用方法でアジアなどの株の指数が取引でき、為替より少し足の長い形でキャピタルゲインをとれる。それが「くりっく株365」の基本的な仕組みです。
【引用おわり】

日経225に加えて、イギリス、ドイツ、台湾、中国の株価指数の上場が予定!?
恥ずかしながら、「くりっく株365」というものの存在を初めて知りました。
随分前に情報が出ていたようです。

東京金融取引所
2010/04/28 取引所株価指数証拠金取引の愛称・商品ロゴ 等について

もしかしてこれは、インデックス投資に使えるのでは!?
期待を抱いて、商品情報を読んでみたところ……



なるほど、これはいわゆる「CFD」の取引所版のようです。

以前、CFDがインデックス投資に使えるかどうか検討したことがあります。
たしかに、海外株式インデックスを含め、リアルタイムに売買できて便利そうなのですが、インデックスファンドやETFにはないコストが発生します。
配当相当額については、「買い手:受け取り/売り手:支払い」でいいのですが、金利相当額については、なんと「買い手:支払い/売り手:受け取り」とロング派には不利な設定(ショート派は有利)になっているのです。よって、CFDは長期保有のインデックス投資には向かないと判断しました。

<追記>2010/08/10
コメントで上記修正部分の表現が正しくないとのご指摘がありました。
「CFDには様々なコスト(取引手数料、各銘柄の売付価格と買付価格の差(スプレッド)、金利調整額の受払い等)が発生します。一般的にはCFDは長期保有には向いていないと言われていますが、コストは銘柄や取引内容によって違うので、目的とする取引内容にかかる手数料をご確認ください。」
と修正させていただきます。
<追記おわり>


「くりっく株365」も同じ仕組みのようですので、残念ながら、今のとこと長期保有のインデックス投資には使えそうにありません。

ただ、ある程度強い相場観を持つ人が、スポット的にショートに利用するにはとても便利だと思われます。
ネット証券の海外ETFはショートできないという弱点がありますから。
要は使いようですね。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ