世界のお金持ち分布

水瀬ケンイチ

昨日の日経新聞夕刊に、面白いデータが出ていました。
世界のお金持ち分布です。

photo_20100811.jpg
(日経新聞2010年8月10日夕刊3面より引用)

ここでの「お金持ち」の定義は、住居用不動産を除いた資産額が、100万ドル(約8500万円)以上の人のことだそうです。



米国・日本・ドイツで54%と3カ国に資産家が集中する構図です。
これを見て思ったこと。

・やっぱり米国はお金持ち超大国(だからドル安誘導なんてセコいことしないでね)
・日本にもけっこうお金持ちっているのね(目立たないようにしてるだけでしょ?)
・ドイツが英国よりもお金持ちが多いのがちょっと意外(やはり大切なのは勤勉さ?)
・今後は中国がどんどん3カ国を追い上げていきそう(もっと日本に買い物に来て!でも水源買ったりするのはやめてね)

そして何より、

・資産額100万ドル(約8500万円)に仲間入りしたい

ということ。
自分のやり方ではコツコツいくしかないのですが、いや~遠いですなぁ(T_T)

なお、お金持ちの実態については、「となりの億万長者」および「なぜ、この人たちは金持ちになったのか」(ともにトマス・J・スタンリー著)が良書だと思います。(個人的には後者の方がよかったです)

※冗談半分記事ですので、あまり真に受けられませんようお願いいたします。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ