年金の黒字

水瀬ケンイチ

2009年度の厚生年金と国民年金が黒字になったとのこと。

【日経新聞2010年8月11日朝刊5面より引用】
厚生年金、3年ぶり黒字 昨年度収支運用改善で
厚生労働省は10日、サラリーマンが加入する厚生年金と自営業者らが加入する国民年金の2009年度決算を発表した。時価ベースの厚生年金の収支は7兆8474億円の黒字、国民年金も3042億円の黒字だった。
運用が好調で厚生年金は3年ぶり、国民年金は4年ぶりの黒字になった。ただ運用益の影響を除くと、厚生年金・国民年金の収支は支払い超過だった。
【引用終わり】

年金について、マスコミは悪い面ばかりをクローズアップしがちですが、資産運用は堅実にやっていると思います。
この記事もごく小さな扱いではあるものの、大切な情報だと思うので、ブログで取り上げました。



北村慶氏は著書「大人の投資入門―真剣に将来を考える人だけに教える「自力年金運用法」」のなかで、

『少なからず不安を煽ったマスコミには、その後についても、きちんとフォローする責任があると思います。
「国は、私たちの年金保険料を運用して見事に稼いでくれましたよ」
「皆さんの年金に生じていた損は、ちゃんと取り戻されていますよ」
不安を煽るだけでなく、こうした事実を国民にきちんと伝えることが、社会の公器としてのマスコミの使命だと筆者は考えます。』

と述べています。僕も同意見です。
もちろん、国民年金未納問題や賦課方式の問題など課題は多いものの、資産運用はまじめにやっている印象です。
悪いところだけでなく、良いところもきちんと評価しなくてはと思います。

年金運用については、個人投資家の資産運用でも参考にできる部分があります。
各アセットクラスの過去実績・期待リターン・リスク・相関係数などのデータや運用方針が無料で公開されています。
GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)だけでなく、国民年金基金企業年金連合会など、複数の年金組織の運用方針をチェックすると、また違ったデータや考え方が比較できて面白いですよ。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ