債券投信はいいけど通貨選択型には気をつけて

投信市場で「株から債券へ」の流れが鮮明だそうです。

【日経新聞2010年8月13日朝刊4面より引用】
投信も「株から債券へ」 リスク避け分配金求める
安全志向を強める投資マネーの債券買いで、先進国の長期金利低下が続く中、日本の投資信託市場でも「株から債券へ」という資金の流れが鮮明になっている。欧州不安後の回復が鈍い株式投信が敬遠される一方、相対的に価格変動リスクが小さく、分配金も見込める商品が多い債券投信が資金を集めている。債券投信の人気を背景に、7月の公募投信は16カ月連続で新規購入が解約・償還を上回る資金流入を記録した。
(中略)
中でも人気なのは、高利回り債と高金利通貨での運用を組み合わせて、分配金の高さを売り物にする投信だ。1年間の分配金総額を残高平均で割った「分配金利回り」は右肩上がり。野村総合研究所によると、7月は6.5%と約2年半ぶりの水準まで上昇した。
【引用おわり】

債券クラスへ投資すること自体はおかしなことではありません。
しかし、その投資商品が日経新聞の中で人気と書かれている「通貨選択型投信」だと話は別です。
通貨選択型投信は、投資対象資産のリターン、為替ヘッジプレミアムによるリターン、選択通貨の値上がりによるリターンの3つの収益獲得を目指した投信ですが、この仕組みとバランスが理解できるでしょうか。

たまたま昨今の経済情勢だと高い分配金で儲かっているかもしれませんが、どの変数がどれだけ変わると最終的な損益にどれだけ影響を与えるかが分かっていないと、車の運転方法がよく分からないまま真っ直ぐな高速道路を突っ走っているのと変わりません。カーブが来たらあっという間にドカンです。

YOMIURI ONLINEのコラム「ランキングで読み解く投信」(2010年3月11日)によると、米国ハイ・イールド債券をブラジルレアルでヘッジした場合のリスクを算定したところ、リスクは原資産の18.4%から40.6%まで上昇しました。
これは新興国株式クラス並みのリスクです。

最近読んだ「投資信託にだまされるな![新版]」(竹川美奈子著)によれば、通貨選択型投信は買ってはいけない投信だそうです。
その本に「通貨選択型投信が抱える5つの問題」が載っていたのでご紹介しておきます。

1.投資対象がハイリスク商品である(ハイ・イールド債、新興国の債券など)
2.選択できる高金利通貨は為替の変動が激しい
3.高い分配金がずっともらえるとは限らない
4.手数料が高めに設定されている
5.通貨切り替え時にスイッチングコストがかかる

「自分は仕組みやリスクも理解しているしコストにも納得しているのでいいんだ」というかたは止めるつもりはありませんが、そのあたりがよく分からないかたは、よく言われる「自分が理解できないものには投資しない」という原則に従っておいた方がいいかもしれません。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。
関連記事


  





コメント

HYGと勝負だ!

まさに山崎 元さんの辛口コメントが出そうな商品です。
ハイ・イ-ルド社債や新興国債券その物に問題があるのではなくて、高金利通貨へヘッジする事で実質的なリスクを増大している事です。
そもそも為替ヘッジは期待リターンを上げる物ではなくて、リスクを下げる為に使うのが一般的です。
この為替ヘッジについても、外国債券でヘッジあり、なしで議論になりますが、理論上は期待リターンを変える物ではない筈です。
この点を誤解している記述としてはOKWaveではこんな説明をする人がいます。
「外国債券を為替ヘッジ(円ヘッジ)すると円と同じ金利になります。」
これは一見正しいように見えますが、ヘッジあり、ヘッジなしのどちらでも期待リターンは円金利で変わらないです。

このような通貨選択型商品が売れる背景には行動ファイナンスがあり、もはや分配の減ってしまった分配型商品を手放してこちらを買う人がいるようです。
実際に昔は数兆円規模の純資産を誇っていたあのファンドも長期的な資産残高減少へ向かっています。
更にこの投信で問題なのは信託期間が設定されています。
つまり、長期では高金利通貨の下落によって化けの皮が剥がれるので期限を設定する事で、次のファンドへの乗り換えを促す狙いと、基準価額の大きな下落の前に償還させようという「たちの悪いファンド」でもあります。

勿論、2009年~今年にかけては分配金込基準価額でみると良い成績が見られますが、税金の影響を考えなければ恐らく10年以上の期間でみればこれらのファンドはHYGに投資するよりも手数料が高い分は損をするように思えます。
税金の影響を考えなければハイ・イールド債に投資するのならば素直にHYGを買った方が良いように思えます。

>タカちゃんさん

あはは、たしかに山崎さんなら黙っていないでしょうね。
償還期限が設定されているんですか。そこは見ていなかったですが、ますます使いづらいですね。

個人的には米国ハイ・イールド債には投資していませんが、投資したいかたにはHYGはいい選択かもしれませんね。

文中の、リスクとして説明されている%はどんな単位なのでしょうか?

ちょっと文章が変ですが

まずは「原資産の18.4%」は米ドル建てのリスクだそうです。
ブラジルレアルヘッジ後は円建てリスクに直したのが40.6%なのだそうです。
ですから、この記事は原資産の18.4%を円建てリスクに直さないと単純に判断できません。
これについては、YOMIURI ONLINEによれば「ここでは、原資産の価格変動のみが変動の要因となります。米ドルと日本円間の為替リスクはあまり考える必要はありません。
なぜなら、次に米ドルをブラジルレアルでヘッジするからです。」
と答えています。
本当は、両方とも円建てで比較する必要があると思います。

ただ、米ドルとブラジルレアルヘッジの両方の通貨を考えた時に一般的にはブラジルレアルヘッジの方がリスクが高いと言われます。

>山崎さん

申し訳ありませんが、ご質問の意味が分かりません。
リスク(標準偏差)についての説明であれば、1年間で68%の確率で収まる価格変動のブレ幅を%で表しているのですが、詳しくは以下のサイトなどをご参照ください。
http://allabout.co.jp/finance/gc/22627/


>タカちゃんさん

まあ、詳しくは元記事を見てくださいってことで…(^^ゞ

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)