円安&金利上昇する方法

円高に苦しむ日本経済にとって、円安になり、金利も上昇する方法があるそうです。
それは……

ギリシャのように事実上、財政破綻(はたん)すること。  ガクッ ○| ̄|_

モーニングスター アナリストの視点(国内株式)
2010/08/16 円安、金利上昇を実現する“毒薬”
関連記事


  





コメント

答え

積極財政。

マクロ経済的にいえばそれしかない。為替介入する金があるなら庶民に還元するか、公共事業。デフレが続く限り円が世界でもっとも「物」に対して強い通貨なんですから、円高基調は変化しません。

マンデル・フレミング理論

 いつも楽しく拝見しております。

LEOPARDさん
>答え 積極財政。

 記事にもあるように、我が国が自由貿易、変動為替制度の下にある以上、マクロ的に財政政策は効果がないのではないでしょうか。
 一方、だからといって日銀が非伝統的な金融政策を採れば、我が国の経済規模からして不必要なバブル、ひいては制御できないインフレ(そもそもインフレは制御できないものなのでしょうが)を誘引しかねない。
 ということで、記事のような財政破綻だけが残された手段であるとの一見シニカルな結論になるのだと思います。

>びのちゃんさん

経常赤字国ならびのちゃんさんのおっしゃる通りだと思います。(それでも世界中が積極財政を行ったわけですが。)

マンデルフレミングモデルは、

財政政策

金利上昇

通貨高

輸出減少、輸入増加

という過程だったかと思いますが、日本の金利はバブル崩壊後の景気対策で上昇しましたか?それだけでこのモデルが【日本には当てはまらない】事が理解できると思います。

日本と日本以外の世界で考えて見ましょう。

日本の需要、供給のバランスを  80:100=黒字20
世界の需要、供給のバランスを 100:80 =赤字20

とします。この場合、日本が財政政策をおこなうと、
日本の需要、供給のバランスが 100:100=収支0
世界の需要、供給のバランスが 100:80 =赤字20
になります。

これでは辻褄が合わないので最終的に世界の金利と物価が上昇し、
世界の需要、供給のバランスが  80:80 =収支0
になるはずです。

これが
日本の需要、供給のバランスが 100:80  =赤字20
世界の需要、供給のバランスが  80:100 =黒字20
であるなら、日本が財政政策を行っても金利と物価が上がるだけで意味が無いのです。また、世界の供給能力が増えれば、その分輸入が増加するだけで、これまた意味が無いのです。

そして、この需要、供給のバランスを見る指標が金利であり、インフレ率であり、経常収支なのです。経常収支と聞くと輸出産業の頑張り次第に思えますが、マクロ経済的には国民の貯蓄額と等しくなるのです。

民間の収支+政府の収支=経常収支という公式がマクロ経済学にはありますね。

では、経常黒字は何を意味するのか?もうお分かりですね。国内の総生産量より国内の総需要が小さいのです。所謂貯蓄超過。日本企業は同じ需要なら国内向けと海外向けをどちらを優先するでしょうか?普通に考えれば言葉も文化も通貨も同じで法律も同じなのですから、国内向けを優先するでしょう。だから、その需要不足分を補う財政政策は有効なのです。

失われた20年、デフレ、低金利、財政赤字、円高、これらはすべて日本人がそういう政策を選択した結果であって偶然でもなんでもないのです。

LEOPARDさん

 経常黒字国でマンデル・フレミング理論が通用しない、とのことですが、初耳なのでよく分からないのですが・・・。

 積極財政支持者らは、「断続的な積極財政をなせば、デフレを脱却できる」と言説されるわけですが(おそらくLEOPARDさんもご同旨だと存じます)、アドホックな財政出動が現在の我が国において乗数的に効果がないことに争いがないことから「断続的な」積極財政が必要だと言われても、それは公共事業の効果がないと認めているに等しいと思う次第です。
 デフレ等が結果論であることについては同意なのですが、需要不足分を補う財政政策といったあたかも制御可能な結果論については懐疑的であります。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)