みずほ総研の2010・11年の内外経済見通し

みずほ総研が2010・11年の内外経済見通しのレポートを公開しています。

みずほ総合研究所 調査レポート
2010年8月18日 2010・11年度 内外経済見通し

詳しくは、上記全31ページの長編レポートをご覧いただきたいのですが、サマリーを紹介させていただくと、以下のとおり。

<海外経済>
○2010年後半の世界経済は、各国の景気対策効果が剥落することにより、減速局面を迎える。需給ギャップが大幅な供給超過の状態にある米国などの先進国の一部では、デフレ懸念が強まる。
○2011年の成長率は2010年と比べて低下を余儀なくされるものの、先進国では民間需要が緩やかに持ち直し、中国をはじめとする新興国が高成長を維持することによって「二番底」は回避される見通し。
○ただし、先進国を中心に財政緊縮が予想以上に景気を下ブレさせるリスクは高まっている。自国通貨安も狙って先進諸国間で金融緩和競争の様相が強まると、かえって世界貿易の回復を阻害する懸念がある。また、先進国で供給された過剰流動性は新たなバブルを生み、世界経済を不安定化させる要因ともなりうる。

<日本経済>
○2010年度の後半から、2011年度にかけて、景気は一時的な調整を伴いつつも回復基調を維持する見通し。
○2010年度は、子ども手当の支給による所得の下支えやエコカー補助金支給停止前の駆け込み需要を受けて秋口までは消費が盛りあがるものの、それ以降は、耐久財購入支援策の終了を受けて内需が弱含み、海外経済の減速を背景に外需主導の回復も期待し難い状況となる中、生産活動の停滞感強まる。
○2011年度は、緩やかな回復軌道に復帰。過剰ストックの調整が次第に進捗する下で民需は回復傾向に。一方、海外経済の減速を背景に輸出拡大テンポは緩やかとなり、公共投資の減少も続くことから、成長率は2010年度と比べてやや鈍化。
○需給ギャップの供給過幅は縮小するも解消しない。自然体で「2011年度中にデフレ脱却し安定的に物価上昇」という政府目標の達成は困難。


みずほ総研は、海外経済の二番底は回避される見通しと言っていますが、実際はどうなるか分かりません。
現に、レポートで懸念されている「自国通貨安も狙って先進諸国間で金融緩和競争の様相が強まる」という状況に、今まさになっているように感じます。
先進各国政府は通貨安を黙認しているように見えますし(そして欧州経済はドイツを中心に輸出が絶好調)、日本でも政府・日銀に単独為替介入しろという緊急声明が民主党の「デフレから脱却し景気回復を目指す議員連盟」から出されているようです。

日本経済についても、回復基調とのことですが生活実感がまるで伴っていないような気がします。
水瀬家が子どもがいないし車も持っていないので、子ども手当やエコカー減税・高速道路休日1000円などの施策の恩恵にあずかっていないだけかもしれませんが。
雇用状況を見ていても、失業率は高止まっているように見えます。

あまりネガティブなことは言いたくありませんが、個人的にはこのレポートはやや楽観的なような気がします。
もちろん、僕の印象など外れて、経済が楽観的に推移する方が望ましいのですが。

シンクタンクの経済見通しが当たるかどうかは分かりませんが、「こういう見方がある」ということは知っておいて損にはなりません。
できれば、複数のシンクタンクの経済見通しを見て比較するともっと面白いと思います。

ただし、経済レポートを見るにあたり、投資家として注意すべきと自戒していることがあります。
仮にシンクタンクの経済見通しどおりになったとしても、必ずしも経済状況=株価にならないということは頭に留めておく必要があると思っています。
株価は投資家の期待と現実のギャップで動く面があり、好況下の株安や不況下の株高という事態もありえますし、実際過去にもありました。
経済レポートの見通しに賭けて投資することのないようにしたいと僕は思っています。

関連記事


  





コメント

必ず外れるパターン

必ず外れるのは、恐慌来た場合ですね。

恐慌が不可避、というレポートだけは絶対に出ません。
政府が頑張り、恐慌回避するものの、二番底を試す展開か、みたいな。
でも、実際に恐慌になる可能性は、もちろんあります。

このレポートでは、二番底は回避、以外は、悲観的な部分もあります。
そろそろアメリカも暴落始めると、日本株も底抜けそうな予感します。

あまりあてにしていない

そもそも、今回の金融危機やギリシャショックを予想していたシンクタンクはどれだけあったか?
株価下落は突然やってくるので、数年先の予想はあまりあてにしていません。
もっと当たりにくいのは株価、為替の予想です。
とにかく外れる「宝くじ」のようです。

円高や株価下落になったらその時に考えれば良いので、長期予想よりも、その時の対処の方が重要だったりします。

>市場関係者さん

必ず外れるパターンがあるのですね。
なるほど。勉強になります。


>タカちゃんさん

記事にも書いたように、僕もあてにはしてません。
ひとつの見方として参考にするだけです。
ましてや株価や為替などは……ですね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)