公的年金運用先分散の記事につっこみ

公的年金が伝統的資産以外の分野への投資を模索しているとのこと。

【日経新聞2010年8月19日朝刊4面より引用】
公的年金の積立金 運用先分散を模索
公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、国債や上場株式に偏った運用の見直しに向けた研究を始める。未公開のベンチャー企業や、海外のインフラ事業など新しい分野への投資を視野に入れている。
GPIFは9月上旬にも調査を委託する企業を選び、年度内に報告書を受け取る。報告書の中身に基づいて、新分野の投資が可能かどうかを内部で検討する。必要に応じて、厚生労働省と協議する可能性もある。
【引用おわり】

まだ研究・模索段階なので決まったわけではありません。
もし、未公開株やインフラ事業への投資をするとなると、大きな判断になると思います。
いろいろ研究していただき、結果は自分の資産運用の参考にさせていただきたいと思います。

ただ、記事のなかで事実と違うと思われる記述があったのでつっこんでおきます。

・金融危機の影響でGPIFは08年度に約10兆円の損失を計上。債券や株式など伝統的な金融資産の市場が乱高下する事態に、GPIFの硬直的な運用は対応できなかった。
→これはウソ。金融危機を通して、ほぼ全てのアセットクラスが一斉に下落するなか、ほぼ唯一上昇を見せた国内債券クラスに7割も投資していたおかげで、損失は10兆円程度で済んだというのが正しい。ちなみに、09年度は全く同じ運用で約9兆2000億円の利益を上げている。(出典:GPIF 平成21年度業務概況書

・未公開企業やインフラへの投資は「代替投資」(オルタナティブ・インベストメント)と呼ばれることが多い。伝統的な資産と異なる値動きをすることが多いため、市場が大混乱する局面でも一定の運用益を上げる効果がある。
→これもウソ。オルタナティブが伝統的資産と別の値動きをすることが多いのは事実だが、一定の収益が上がる(絶対収益)というものではない。ましてや市場大混乱時はオルタナティブは種類と状況によりどうなるか分からない。ちなみに、世界金融危機の時、代表的オルタナティブのヘッジファンドは全戦略でマイナスを計上していた(関連記事)。

代表的アセットクラスの過去リターンの推移を把握していないことや、オルタナティブ投資が絶対収益だと思い込んでいるあたり、この記事を書いた記者は資産運用についてはよくご存じないのではないかという疑念を抱かせます。
公的年金は国民の重大な関心ごと。ミスリードにつながらないよう、しっかりしてほしいと思います。
関連記事


  





コメント

確かに記事の指摘は的を外していますね。

そもそも2008年の市場は乱高下と言っていますが、リーマンショックと呼ばれた事象もあり株価は大きく下落。債券も日本から見れば円高進行で下落です。
全体がマイナスになった(期待リターンがマイナス)中で100兆円を越す資産で10兆円のマイナスで済んだのは素晴らしい成果です。

リスク資産に資金を投じている投資機関で、100年に一度とまで形容された状況をこれだけの損失で切り抜けたのは素晴らしい。
この時期に硬直的な運用ではなく、機動的な運用をしていたらどうなったんでしょうね?世界的に最先端をいっていて機動的な運用をしていた代表にアメリカの投資銀行がありますが、メリルリンチ、リーマンは自立していられなくなり、シティなども大きく傷つきました。彼らに資産運用を任せてもっとひどいことになっていた気がします。
インフラ投資はドバイで工事が軒並み停止したのに代表されるように景気悪化で大きく止まりましたし、今回の金融危機でIPOが減ったように未公開企業の成績も決して良くありません。


GPIFの硬直的な運用は、今回の金融危機局面では極めてディフェンシブで褒められるべき結果だったと思っているのですが、この日経新聞の記事では誰を手本とすべきと言っているんでしょうかね?

ベンチャー企業投資は慎重に

読んで納得、この記者は誤解しているように思えます。
特にGPIFは08年度に約10兆円の損失を計上した点は他の海外の年金基金に比べて相対的にダメージが少なかった事をGPIFのHPで公開された時期があり、この点はGPIFの保守的な運用でダメージが10兆円程度で済んでいる事をアピールされました。

ですが、未公開のベンチャー企業や、海外のインフラ事業などはかなりリスクが高いのに加えて、GPIFの資産が大きい事もあるのでどうするのかを見守っていきたいです。

>吊られた男さん

記事によると、GPIFの運用資産は約120兆円だそうです。
10兆円の損失というのは金融危機の影響からすればごく小さいものだと言えると思います。

オルタナティブもいろいろで、十把一絡げに「一定の運用益を上げる効果がある」と言っているのは乱暴ですよね。


>タカちゃんさん

そうなんですか。
そのWEB告知はぜひ見たかったですね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)