ファンドのリターンと資金流入の関係

水瀬ケンイチ

モーニングスターに、ファンドのリターンと資金流入の関係を示した記事が掲載されているので、ご紹介します。

モーニングスター アナリストの視点(ファンド)
2010/08/19 ファンドのトータルリターンと純流入の関係

詳しくは上記記事をご覧いただきたいのですが、ひと言でまとめると、ファンドのトータルリターンと純流入の関係には正の相関がありそうです。
以下のグラフは、縮小しているので文字が潰れちゃってよく見えないかもしれませんが、「2010年7月末までの追加型株式ファンドの過去1年間のトータルリターンと純流入の関係」というグラフです。

photo_20100820_1.jpg
(モーニングスター上記記事より)

ぼんやりとした正の相関(左下から右上方向の散らばり)が見て取れると思います。
もちろん、データ取得期間が1年と短いとか、データ取得期間の相場状況による部分があるなど、これだけで断定するには尚早かもしれません。
ただ、ひとつの参考データにはなると思います。



ここで、自分が保有しているファンドの資産流入状況はどうなっているのか知りたくなりました。
インデックスファンドは資産流入状況に関係なくリターンは同じでしょうから、ここはアクティブファンドを調べてみます。
ヤフーファイナンスで調べてみたところ、以下のとおりでした。(下段の青いグラフが純資産額です)

■MHAM株式オープンの場合
photo_20100820_2.jpg
あー…なるほど…。


■DIAM中国関連株オープンの場合
photo_20100820_3.jpg
ああ、そうですか、そうですか…。


■アムンディ・ロシア東欧株ファンドの場合
photo_20100820_4.jpg
これは少し盛り返しの兆しが……またなくなってきた感じですね。


なんというか、保有ファンドはダメダメでした。
改めて純資産額の推移を見てみると、ほぼ基準価額と連動してしまっています。
ほとんど同じ形の山。
資金の流出入に大きな動きがないということでしょうか。

基準価額に関係なく、継続的に資金が流入してくるようなファンドが理想なのでしょう。
アクティブファンドの選択基準のひとつに、「継続して資金流入しているかどうか」というのはあっていいような気がしました。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ