円高進行の日に世界のビールを堪能

水瀬ケンイチ

最近、堅っ苦しい話が続いていたので、雑談を。

何やら1ドル83円台に突入したということでNHKに速報テロップが出たとか出ないとか。
そんな情報を尻目に、世界のビールが飲めるお店で飲んできました。



別に時価ではないので、今日の円高効果を享受できたわけではないのですが、「本日のおすすめビール」のオランダとブラジルのビールが、妙に安かったのを見逃さず注文してしまいました。

photo_20100824_1.jpg
1杯目ドイツ、ボフブロイハウス。
苦味と爽やかさが美味しいドイツビールでした。

photo_20100824_2.jpg
2杯目ギリシャ、ミソス。
第一印象は、うすーーーーっ。
いかにもギリシャ危機という感じでした(個人的嗜好ですので無視してください)。

photo_20100824_3.jpg
3杯目ブラジル、ピルセン。
バドワイザー的な爽やかなビールでした。
本日のおすすめビールで安かったので高ポイント。

photo_20100824_4.jpg
4杯目フランス、コロンバ。
久々のホワイトビール。香り高くて美味しい!
ベルギービールのヒューガルデンホワイトにはまっている身としては納得の一杯。

あとは何飲んだか忘れました(^^ゞ

円高の影響が本格的に小売まで及ぶのはまだ時間がかかるのかもしれませんが、輸入事業に追い風なのは間違いないですから、期待してしまいます。
マイポートフォリオへの影響は……今考えても仕方がありません。
将来、20年後か30年後かに取り崩しが始まる頃にどうなっているかでしょう。
今は円高を活かして安くドルコスト追加投資ができればそれでいいんじゃないですかね。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ