ETF投資の7つの大罪(ETF Trends)

英語の勉強の一環で、ETF Trendsの英語コラムを読んでみました。

ETF Trends
7 Sins of ETF Investing (August 27th)

ない頭で内容をざっとまとめると、こんな感じのような気がします。
(もちろん、すべて米国市場のお話です)


ETF投資の7つの大罪

あなたのポートフォリオを壊さないように、避けるべき大罪のリストをまとめた

1.手っ取り早く儲けようとすること
投資で成功した何百万もの投資家たちがいるが、一夜にしてそうなった者はめったにいない

2.振り返ること
タラ・レバを振り返るな。ただし、あなたがやったこと、あなたの考え、あなたが次にすべきより良いことはなにかを把握せよ

3.細かいことを忘れること
注文方式のような細かいことに注意を払わないことは、避けられたはずのミスにつながりうる

4.エントリー戦略
自分が何をしているかちっとも考えずに、2本足で市場に飛び込んでくる人々がたくさんいる。あなたが何をしているかを理解せよ

5.勝ちに執着すること
新人投資家はしばしば市場で儲ける能力について自信過剰になっている。期待を抑えて、注意して進め

6.リスクを無視すること
まず、あなたが快適なのはどのくらいのリスク水準なのかを決定し、次に、それに従って投資せよ

7.興奮しすぎること
あなたが成功するためにやったことを、ただただ続けよ。そうすれば、さらなる成功が見えるだろう

※水瀬の貧弱な英語力での解釈ですので、誤解・曲解があるかもしれません(多分あるでしょう)。あまり参考になさらないでください。


ここで出てくる7つの大罪とは、スロウス(怠惰)・グリード(強欲)・グラトニー(暴食)など、人間を罪に導く可能性があるとみなされてきた欲望や感情のことを指すキリスト教用語です。
あちらでは馴染みがあるものらしいです。(僕はハガレン的に馴染みがありますが)

7つの教えは、それぞれ基本的なことですが、なかなか難しいことでもあります。
特に、ETF投資の場合、インデックスファンドと違い個別株と同じようにアクティブに売買できてしまうことから、ここにあるような教えを守りづらいという面があると思います。
信用取引で手っ取り早く儲けようとしたり、刻一刻と変わる市場価格に興奮しすぎたり。

逆に言うと、インデックスファンド投資の場合、7つの教えはもう少し減りそうです。
1、3、7あたりは該当しなさそうです。
インデックスファンドの不便さが役に立っている形です。

便利な道具は、使う側がうまくコントロールしないと「諸刃の剣」ということかもしれませんね。

関連記事


  





コメント

怖いのは人間の欲望なのかも知れない

人間は欲望があるからここまで成長してきた訳なので、あまりにも欲が深すぎると失敗するぐらいのイメージでしょうか。
5については何もETFに限らず、少し前のスワップ狙いのFXでは「高金利通貨はスワップポイントが貰えて有利だ」っていう意見がOKWaveでは圧倒的大多数(約99%と言えます)を占めていたので、自信過剰だった事が言えそうです。
原油価格も1バレル=140$台と大きく値上がりして、これが原因で運送業の人たちが苦しめられた結果になっています。
でも、市場関係者は1バレル=140$台が正しいと考えていたから、この価格で取引されていたのだと思います。

それを言っていたら、南海バブルの時はアイザック・ニュートンがこれに手を出して大きな損失を出した事で有名ですが、相場の世界ではアイザック・ニュートンは何時でも人間の強い欲望によって召喚されるのでしょう。

実際に2007年にはアイザック・ニュートンが召喚されて、万有引力によって高金利通貨は大暴落をして「高金利通貨はスワップポイントが貰えて有利だ」と言っていた投資家たちを抹殺してしまった訳です。
恐らく、原油バブルの時もアイザック・ニュートンが召喚されて投機家たちを抹殺したのでしょう。

実際には今の日本国債ってバブルなの?とか金相場ってバブルなの?って疑いたくなります。
疑っている内は大丈夫なのかも知れないですが、誰もが疑う事をしなくなったらお終いなのかも知れません。
その時にアイザック・ニュートンが召喚されるのだと思います。
「新人投資家はしばしば市場で儲ける能力について自信過剰になっている。期待を抑えて、注意して進め」は正にその通りなのかも知れません。

日本の国債ですか、、なんか国内債券インデックスファンドを
持っていますが今まで、大して金額の動きがなかったのに、
ここのところ急に価格が上がって怖いです。

>タカちゃんさん

仰るとおり怖いのは人間の欲望ですが、一方で欲望は資本主義発展の源泉でもあります。
求められるのは欲望のコントロールといったところでしょうか。


>矢向さん

うれしいお悩みですね(^^)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)