運用資産の取り崩し方

ブログやツイッターで、「資産運用の方法ばかりで資産の取り崩し方法に関する情報が少ない」という声をたまに聞きます。

多くのブログ執筆者にとってまだ先の話になるので、情報が少なくなるのは自然の成り行きかと思います。
しかし、情報がないなどということはなく、よく探せばあるものです。

ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理」(バートン・マルキール著)では、「4.5%ルール」の活用をすすめています。
「4.5%ルール」とは、1年間に生活費のために取り崩す額を保有資産の4.5%以内にとどめるというものです。
なぜ4.5%なのか?合理的理由があるのですが、その理由はぜひ本を読んで確認してください。

なお、「4.5%ルール」には3つの注意事項が付加されています。
(1)初年度に4.5%引き出した後は、毎年その金額に平均インフレ率の2%を加えた額を引き出す。
(2)元本資産を取り崩す時には目標アセットミックスに照らして基準を上回っているものから。
(3)IRAや401kに関して連邦所得税法が定める必要最低引き出し額をまず生活費に。

米国の本なので、(1)のインフレ率とか(3)の連邦所得税法とかは、脳内変換して読まないといけませんが、参考にはなります。

同じテーマで竹川美奈子氏がブログ記事を書かれているのでご紹介します。

About Money,Today
2010/09/06 投信をどう取り崩す?

いろいろな取り崩し方が紹介されていますが、やはり、定額ではなく定率での取り崩しをすすめているようです。
また、証券会社の自動解約サービスでも使えそうなものが出始めているとのことです。

いろいろな情報を参考にしながら、自分の場合どうするか、ゆっくりと検討していこうと思います。

関連記事


  





コメント

色んな方法がある

インデックスファンドを使う場合は簡単にできるし、売買手数料もかからないし(信託財産留保額を設定している所もある)。
401Kだと、一定額を取り崩す(例えば50000円/2ヵ月などのように)事ができますが、解約時に手数料がかかります。
401Kは手数料を考えると、効率が悪い問題があるので一時金で受け取って(退職所得扱いにできて有利)、インデックスファンドを買って、そこから総資産の数%ずつ取り崩すやり方が使えそうです。

ただ、資産総額が1億円程度ある場合は高配当株式(例えばDVY)を使う方法で、配当と公的年金を生活費として使っていく方法も有ります。
これだけだと配当利回りが年3.67%で税引き後年2.64%程度になりますが、これに公的年金をプラスすれば十分な水準に持っていけます。
しかし、国民年金のように公的年金が少なくて控除が余る人は、配当所得と控除を相殺して税金を取り戻す事もできます。
勿論、配当成長にも期待が出来るので、長期的にインフレに負けない配当成長が起こればマクロスライドによる年金の目減りに対してもある程度の抵抗力が有ります。

インデックスファンドを使うか、株式配当を使うかで判断は異なりますが、年金資産が少ない時はインデックスファンドを使ってコストを下げるようにしたいです。
株式配当を使う場合は年齢に関係なく株式100%の運用も可能なので、株式の期待リターンを享受できます。
最近は、401Kで運用中に不幸にも金融危機で資産を大きく減らしてしまった人が社会保険事務所へ訪れる機会が多いそうです。
しかし、株式配当を使う場合は自分が死ぬまで株式100%で運用できる利点があるので、期待リターンを落とさずに済みます。
株式配当の欠点は税金が大きいコストになる点です。

ここで、仮に国民年金に加入で65歳時点で792100円/年の年金を受け取る投資家がいて、DVYを1億円保有した場合の例。
DVY配当3670000円
米国源泉税367000円(税率10%)
所得税495450円(税率15%)
住民税165150円(税率5%)
公的年金控除額は全額。
この場合は350000円分のDVY所得を確定申告すれば、その分の所得税と住民税の合算額31500円分が戻る計算(350000x0.9x0.2=63000)。
手取り額=3670000円-367000円-495450円-165150円+63000円+792100円-39900円(東京都葛飾区65歳、介護保険料はない)=3457600円/年
1ヵ月手取り288133円(税金、国民健康保険控除後)
同じ288133円でも、こちらは税引き後の金額です。
この場合は自分が死ぬまで保有し、100%株式による配当成長を期待しながら持ち続ける事が出来ますが、税金が痛いです。

水瀬さんご紹介のように情報はありますが、それでも日本語での情報はあまり多くないような気もします・・・

そんな中、記事を書こう書こうと思いつつ放って置いているレポートですが、野村資本市場研究所のレポートはお気に入りレポートで参考にしています。

http://www.nicmr.com/nicmr/report/repo/2001/2001spr15.html
http://www.nicmr.com/nicmr/report/repo/2008/2008win05.html
http://www.nicmr.com/nicmr/report/repo/2009/2009spr40.html

なお、ファイナンシャルアドバイザーの利用する商品は次のような順位とのことです。
1位:高配当株・投信
2位:投信からの体系的な引き出し

>タカちゃんさん

元本に手をつけずに配当や分配金だけで生活していくのは夢ですが現実はなかなかそうはいかないのではないでしょうか。
自分の場合、やはり取り崩していくことになると思います。
その際、海外ETFだと売却コストが嵩むのが悩ましいところです。1年分をまとめて取り崩す等の工夫が必要そうです。
(万が一特定口座対応されていなければ税務処理も面倒ですし)


>吊られた男さん

貴重な情報提供ありがとうございます。
野村資本市場研究所のレポート、米国の例のようですが、参考になる点は多いと思うのでじっくり読ませていただきます。
ちなみに、アクセス解析データによると、レポートはすごいクリック率ですよ。皆さん興味があるのですね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

運用の回収は売却以外に道はない?ある?

ツイッターなどで、「資産運用の方法ばかりで資産の取り崩し方法に関する情報が少ない」という声をたまに聞くそうです 運用資産の取り崩し...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)