上場企業中間配当18%増、個人消費の喚起につながるか

上場企業の配当が増えているようです。

【日経新聞2010年9月11日朝刊1面より引用】
上場企業中間配当18%増 東芝や三菱電機は復配
上場企業の配当が回復してきた。2010年4~9月期の配当(中間配当)総額は前年同期比18%増の2兆円強になりそうだ。東芝や三菱電機が配当を復活するなど、製造業を中心に増配や復配をする企業が相次ぐ。自社株買いを実施する企業も増えており、財務改善で手元資金に余裕の出てきた企業が株主配分に力を入れている。低迷する株価のてこ入れや個人消費の喚起にもつながりそうだ。
【引用おわり】

業績改善で株主配分を強化とのことで、個人消費の喚起にもつながりそうとの指摘。
一方、景気の先行きが不透明で設備投資に慎重になっている面もあるとの指摘がありました。
そんなことをTwitterで話していたら、こんな会話になりました。

「企業は設備投資しても需給ギャップが広がるだけしょうしね」
「出した配当で消費してくれという感じでしょうか」
「民間発の経済対策(給付金支給)という訳ですか。市場やるなw ただ、直近の株価下落で、消費マインドは冷え込むと予想されるので難しいところですね^^;」
「再投資しちゃってゴメンナサイ」
「私もw」

資産形成層は配当を再投資に回してしまうことが多いと思うので、個人消費の喚起には、個人株主の大半を占めると思われる高齢者の方々に、配当をぱーっと使っていただくのがよろしいかと思います。(勝手な要望ですが)
もらった配当で、お子さんやお孫さんを連れて美味しいものでもいかがですか?

関連記事


  





コメント

良いニュースですね

最近は円高など悪いニュースが続く中、久々に良いニュースですよね。
業績不透明で設備投資に慎重になっているからと言って社員への給与や株主配当を減らすという事ではどのステークホルダーでも納得はいかず、結局は配当するか社員へ還元するのかどちらかだと思います。
積極的な設備投資など再投資ができなければ内部留保を増やす事は長期的に資金を貯めこみ、敵対的買収のターゲットになる可能性があります。
利益がでたら配当を増やすか自社株買いを実施するのは投資家としては歓迎です。

配当が多少増えても株価は低迷して大きな含み損を抱えている人も多いでしょうからねえ。まさに焼石に水と言うか。

>タカちゃんさん

成長に寄与できない資金は内部留保しないで配当するのはいいことだと思います。


>うーんさん

そうかもしれませんね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)