世界の株式時価総額比率とMSCI AC Worldインデックス比率は違う?

ゴールドマンサックスによると、2030年、世界の株式市場は激変するとのこと。

ロイター 2010/09/17より引用】
2030年世界の株式時価総額は145兆ドルに、中国が米国を抜き市場は激変=ゴールドマン
ゴールドマン・サックスは16日、2030年までに中国の株式市場の時価総額が米国を追い抜くだろう、とするリポートを発表した。今後20年間で現在43兆ドルの世界の株式市場の時価総額は145兆ドルにまで増加すると予想。なかでも新興国市場が大幅に増加することで、世界の株式市場は激変するとしている。

同社のティモシー・モウ氏は、新興国株式の時価総額は現在の14兆ドルから2020年には37兆ドル、2030年には80兆ドルに増加する可能性があると予想。世界の株式市場に占めるシェアも現在の31%からそれぞれ44%、55%に拡大する可能性があるとしている。このため、MSCI AC World指数におけるウエートも、現在の13%から2020年には19%、2030年には31%に拡大する見込みだ。
【引用おわり】

新興国大躍進の予想ですね。
記事によると、世界の株式市場に占める新興国の比率が

2010年 31% → 2020年 44% → 2030年 55%

と拡大する見込みとのこと。
MSCI AC Worldインデックスにおける新興国の比率も、

2010年 13% → 2020年 19% → 2030年 31%

と拡大する見込みとのこと。
ここでアレッ?と思ったかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

なんで世界の株式市場比率とMSCI AC Worldインデックス比率が大きく違うの?という疑問です。

記事に堂々と並べて書いてあるので、どうやら間違いではなさそうです。
僕も疑問だったので調べてみました。

結果は、MSCI AC Worldインデックスにおける比率は、単なる時価総額加重平均ではなく、浮動株調整を行っているからということでした。
言われてみれば、ああそりゃそうだよね…ということなんですが、こういう素朴な疑問って調べるのに時間がかかるんですよね(^^;
中国をはじめ新興国の多くでは、国や財閥などが主要企業の株式のほとんどを所有していることが多いので、先進国企業に比べて浮動株はかなり少なくなる。だから、株式市場比率とインデックス比率の差も大きくなるというわけです。

全世界インデックスに投資していると浮動株調整後の比率になりますが、僕のようなIVV+EFA+VWOというような「組み合わせ」でやっている投資家には工夫の余地が生まれます。
純粋な株式時価総額の比率で組むと、新興国の比率は今でも31%に上昇します。
これをGDP比率にすると37%(ゴールドマンサックスの元レポートより)まで上昇します。
新興国の将来の成長をどこまで取り込むかということになるのかもしれませんが、楽しくも悩ましい問題です。

まぁ、「株式投資の未来」(ジェレミー・シーゲル著)で指摘されている「成長の罠」(成長企業は過大評価されることが多いので投資家にとってのリターンが低くなることがある)という話もありますし、結局のところ、新興国の将来予測というあやふやなものよりも、自分のリスク許容度と相談して新興国比率を決めるのが無難だと思います。
関連記事


  





コメント

はじめまして

はじめましてkentaと申します。
最近、株式投資に関するブログを始めましたので、見に来て頂ければ幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。

一流投資家への道
http://invest.sihalo.com/

新興国の定義はどのようになっているのですかね?

いつも興味深い記事で勉強になります。
質問なのですが、先進国と新興国の切り分けはどのように行われているのでしょうか?
今後新興国の比率が伸びるのは先進国なみのGDPを持っている国がいまだに新興国扱いされているためだと思うのですが・・・

記事の論点とはズレていますが気になって投稿してしまいました。

す、凄い

ここでアレッ?

と思えず……。

いやぁ、記事の内容が濃いですね。
少しずつ勉強させて頂くとします。

そういえば、先進国と新興国の割合が・・・というのは、
ゴールドマンサックスのレポートでよく出てきますが、、、。

中国、インドはいつまでたってもいつまでたっても
新興国なんでしょうかね・・・。

という、投げかけは無しかな~

浮動株調整の影響はこんなにあるんですね。想像以上でした。


>Black bulletさん、

GDPは先進国・新興国を分ける定義には関係なく、1人当たりの収入やGDPが基準のようです。
中国やインドは規模でGDPを稼いでいますが、1人当たりの収入やGDPは大したことはありません。一方、人口は少ないですが、1人当たりだとシンガポールのような国が上位に入っています。

>kentaさん

あとで拝見しに伺いますね。


>Black bulletさん、矢向さん

MSCI社は、1人当たりGDP(国内総生産)、時価総額、外国人に対する投資規制の有無、市場環境の整備状況、為替回送金制限の有無等を基準にインデックス構成国を分類しているそうです。
http://www.sumishinam.co.jp/common/cms/whatsnew/368.pdf

このゴールドマンサックスのレポートで、国の入れ替えが考慮されているかどうかは不明です。


>せんちえ慶次さん

何かのご参考になれば幸いです。
せんちえさんのブロガーマトリックスのリンク可能版、便利ですね。


>吊られた男さん

フォローありがとうございます。
勉強になります。


吊られた男殿
水瀬殿
フォローありがとうございます。
イスラエルも先進国なんですね。
なんとなくイメージと乖離している感じですが・・・

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

先進国と新興国の分類基準とは?

先の「新興国株式の組み入れ比率をどう考えるか?」という記事の中で、MSCI AC...

新興国インデックスを少し見てみました

先日社内でemiさんに、「新興国のインデックスと実際の割合っておかしくない?」と、疑問を投げかけられたのですが、はっきりと答えられず・・・ しかし、住信アセットさんのセミナーでその答えがありました。 新興国株式のインデックスは買いやすさも評価されている。 ...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)