ETF投資は個別株投資に取って代わった?(ETF Trends)

英語の勉強の一環で、ETF Trendsの英語コラムを読んでみました。

ETF Trends
Have ETFs Replaced Stock Picking? (September 16th)

ない頭で内容をざっとまとめると、こんな感じのような気がします。
(もちろん、すべて米国市場のお話です)

ETF投資は個別株投資に取って代わった? (2010/09/16)

・ETFの出現とその有利さは、個別株投資とアクティブ運用のミューチャルファンドを、ドードー鳥が辿った道に送っているかもしれない
・ファンダメンタルズに基づく投資戦略の生真面目な個別株投資家たちは、市場で厳しい事態に直面している。株式は、様々なインデックスによりかき集められ、アルゴリズムとマシンによって活発に取引されている
・しかし、個別株投資家たちが戦わずして敗れると考えてはいけない。何百万株の取引のかわりに、何百株や何千株の小さな取引の合計により、レーダーに捕捉されずに飛行を続けている
・全ての投資法には中傷者と支援者がいる
・個別株投資とミューチャルファンドは人気がありすぎて簡単には廃れない

※水瀬の貧弱な英語力での解釈ですので、誤解・曲解があるかもしれません(多分あるでしょう)。あまり参考になさらないでください。


のっけから「ドードー鳥」という意味不明の言葉が出てきました。
これは何だ?と思って調べてみると、17世紀に絶滅した飛べない大きな鳥とのこと。
ETF投資が個別株投資とミューチャルファンドを絶滅へと追いやっているかもしれない、ということのようです。
それくらい米国ではETF投資が大人気のようですが、どっこい個別株投資やミューチャルファンドも、小さな取引規模ながら廃れずに頑張ってますよというお話でした。

米国ではスタンダードな時価総額加重のインデックスだけでなくファンダメンタル・インデックスETFやアクティブ運用ETFなど、様々なタイプのETFが花盛りです。(ETFのクローズも花盛りみたいですが)
日本ではETFはここで言われているほど盛り上がっていませんが、その分、投資信託と個別株投資家が頑張っている印象です。

投資法に唯一の正解はないと言われていますし、どの投資法にも一長一短あるようですので、自分に合った投資法を見つけていただければいいと思います。
僕の場合は、たまたまそれがETF・インデックスファンドを使ったインデックス投資だったというだけです。

関連記事


  





コメント

私は国内は個別株で海外はインデックスですね。ただ、個別株も
がりがり儲けるというよりも楽しめる範囲で興味ある良いと
思うところを小額分散しているだけです。なんというか、基本は
インデックス派なんですが楽しめる部分も残しておく感じです
(その楽しみが行き過ぎるとギャンブルになるので注意してます)

↓日経平均60年の歩みというのを見つけました。ご参考までに
 (結構楽しめました^^;)
http://www.nikkei.com/edit/news/special/stock60/

>宮さん

個別株投資には個別株投資の良さ・面白さがあると思います。
楽しめるのは何よりです。頑張ってください。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)