ETFの運用の分類を解説してくれているコラム

かなりマニアックですが、ETFの運用の分類を解説してくれているコラムがありましたのでご紹介します。

日興アセットマネジメント コラム もっと知りたいETF!
No.8 2010年9月21日 投資対象の広がりとともに改良されるETFの仕組み

詳しくは、上記コラムをご覧いただきたいのですが、ざっくり言って以下のとおりです。

1.現物株式設定・償還(交換)方式: 日興AMのほとんどのETF
2.現金設定・保有有価証券払出(交換)方式: 日興AMでは上場パンダ(1322)
3.現金設定・償還方式: 日興AMでは上場外債(1677)、MSCIコクサイ株(1680)、上場MSCIエマージング株(1681)

日本で初めてETFができた当時、国内株式だけだった投資対象が、制度の拡大によって、コモディティや海外株式など他のアセットクラスに広がってきたというお話です。

今まで、ETFに関連する金融制度の規制緩和のニュースを単発で見ることは時々ありましたが、実際のETFの仕組みについて、ここまできちんと分類して解説してくれた情報は見たことがありません。
僕もETFの仕組みについてはよくわからないことも多いので、非常に貴重な情報だと思いますし、たいへん勉強になりました。

ただ、個人的に気になったのは、2番の「現金設定・保有有価証券払出(交換)方式」はETFではなく「ETN」では?ということです。
ここまで詳しく解説してくれれば違いの説明も簡単なのに、何故に頑なにETFと言い張るのかがよくわかりません。
ETNには、ETFにはないカウンターパーティリスクがあるので、米国のように明確に区別した方が個人投資家のためになると思いました。

とはいえ、貴重なETF運用情報です。
今後新たなETFが出てきた際に、どの仕組みを使っているのか考えるために、しっかりブックマークしておこうっと。
関連記事


  





コメント

おひさしぶりです

溜まった未読RSSを消化中…

ETNに触れない理由ですが
○日本ではまだETFも十分に認知されてるといえないので余計にわかりにくい
○東証がETFに分類しているので運用会社で別の扱いにすると混乱を招くかもしれない
あたりですかねぇ

>アルビレオ師匠

多分そんなところでしょうね。
東証ではETNを「指標連動有価証券への投資」とか、大証では「リンク債型」とかいって一応区別しているみたいです。
かえってわかりにくいような気もしますね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)