リスク許容度について

ファイナンシャルプランナー(FP)さんが語る資産運用相談の傾向とポイントについての記事がありました。

QUICK MoneyLife 東証ETF活用プロジェクト
[ ETFがわかれば世界がわかる 著名人にインタビュー ]
【第7回】ファイナンシャルプランナー藤川太氏が語る「資産運用相談の傾向と資産形成のポイント」

世界金融危機後、FPさんのもとにはどのような資産運用相談が寄せられているのか興味があったのですが、その一端が分かる記事でした。
やはり運用がうまくいっているという人は非常に少なくなっているそうです。

印象的だったのは、

「この手の経済危機というものは、これまでも10年に2回くらいは生じていました。ここで注目すべき点は、こうした株価の大暴落を受けて、心が完全に折れてしまったという人と、そうでない人とに二分されていることです」
「明暗を分けた一番のポイントは、やはり過剰なリスクを取っていたのかどうかという点に尽きるでしょう」
「自分自身で負えるリスクを超えてしまった人と、そうでない人との明暗を分けたのは、何だったのでしょうか」⇒「運用の目的が明確に見えている人の場合は、比較的リスクが抑えやすくなります」

というリスク許容度の問題についてでした。

自分のリスク許容度を把握するのは、難しいことなのかもしれません。
運用がうまくいっている間はリスク許容度が大きくなり、いざ相場が下落するとリスク許容度が下がってしまうという意見を聞くことがあります。
リスク許容度は変化するという意見です。

しかし、気持ち的には分かりますが、個人的には、それは本当のリスク許容度ではなかったのではないかと思います。
自分がどれだけの損失に耐えられ得るかということは、究極的には「想像力」の世界なのかもしれません。
でも、リスク許容度は投資において非常に重要な要素ですし、特に運用資産が大きくなってくると、「想像と違っていた」では済まされません。
最大限に「想像力」を働かせるべきだと思います。

次善の策としては、一度大きな下げ相場を経験し、その時の感覚をしっかりと胸に刻み、今後のリスク許容度に反映させるということでしょうか。
一度はフラついても、二度目以降はフラつかないということです。
コラムでは、運用の目的が明確に見えているとリスクが抑えやすくなるとのことですので、活用してみてもいいと思います。

いずれにしても、相場の波があるたびにフラフラと変化してしまうリスク許容度では、ポートフォリオ構築の要素として使いづらいです。
平時のうちから、しっかりと自分のリスク許容度を把握しておきたいものだなぁと思いました。


P.S
相場の波ではなく、ライフイベントにともなってリスク許容度が変化するのは自然なことだと思います(転職・結婚・子供ができる・住宅ローンを組む等)。その時は臨機応変に。

関連記事


  





コメント

日経平均の過去20年チャートを見てみますと、相場の波どころか大波の連続で、まるでジェットコースターですね。

このチャートを見ていると、インデックス投資でも夜も寝れない時があったのではないかなと思います。

やはり損失に耐えられるだけの投資額に抑えないと厳しそうですね。

こんにちは

>一度はフラついても、二度目以降はフラつかないということです。

まさに、ここなのかなと思います。
一度目にフラフラになったので偉そうなことを言える立場にはありませんが、二度とフラフラにならないリスク量に方向転換しました。

次の問題は、好転した時にです。
投資との距離をずいぶんとあけたので、普段は投資している事を忘れることが大切と思っています。
月1回の成績チェックで、ある水準にくれば一定量売却するというルールを実行できるか。好転している状況で投資のことをいかに忘れるか。
それができるかどうか、まだ、疑問符がつきますが…。

リスク許容度を図る

英語ですが、Vanguardのウェブサイトにはリスク許容度を調べるアンケートがありますよ。
https://personal.vanguard.com/us/FundsInvQuestionnaire
日本のVanguardにあるかどうかは知りませんが。 

残念ながら経験が必要かと

最初は小額で経験を積むしかないと思います。
私もそうですけど、リーマン経験者の方は既にこの辺は良く認識しているでしょう。

藤川氏の記事はおそらく-33%程度の下落を考えて
全財産 300万 リスク資産 120万 リスク許容度 -40万
となってますがまあ妥当な例だと思います。

私が個人的に推奨するならもう少し慎重に-50%まで考えて

全財産 300万 リスク資産 100万 リスク許容度 -50万

という所でしょうか。しかし
5倍の場合
全財産 1500万 リスク資産 500万 リスク許容度 -250万
10倍の場合
全財産 3000万 リスク資産 1000万 リスク許容度 -500万

となってくると-250万や-500万は大丈夫かと聞かれてもおそらく答えようがないでしょう。
個人的経験や資産クラスや総額で個人的調整が必要だと思います。

答は個人によって違うと思うので悩ましいですね。

リスクを考える

ライフイベントのように大抵のものは予想可能なものも有りますが、現実問題では予想不可能な問題もあります。
例えば、今回の金融危機で派遣労働者の多くが派遣切りされた話は記憶に新しいです。
あまりマネー関係では言われていないですが、大震災リスクもその1つです。
生活保護も6月時点で137万7930世帯と過去もっとも多くなっているそうです。
これらの場合は明らかにリスク許容度を大きく低下させます。
リスクを考える時に重要な事は最悪の事態を常に想定する事だと思います。
やり方としては生活防衛資金を上澄みする方法や、関東大震災が起きてもダメージの少ないポートフォリオを研究するなど、インデックス投資家であってもやるべき事は沢山あります。
相場に足を突っ込んでいる以上は関東大震災は必ず起きる前提に立ってポートフォリオを考える事が重要です。

リスク許容度はライフイベントも関係しますが、関東大震災や派遣切りなどによっても大きく変動するのが普通です。
相場の変動によってリスク許容度から耐えきれなくなって撤退するのならば最初からやらない方が良い。
また、相場の変動は関東大震災に比べて遥かに影響が小さいと断言できます。

それから当記事とは直接関係ありませんがこれは書かせてもらいます。
2007年後半~2009年にかけて実際にあったケースではスワップ狙いのFX投資家からは「助けてください~」「この円高どうにかしろ!」なんて言っている人がOKWaveで沢山見られましたが、結局は臨機応変であると言えます。
『スワップ狙いのFXにとって重要な事は為替相場はとにかく変動する事が大切』なのです(これが理解できないのならば超ど素人未満)。
では、我々のやっている国際分散投資はどうかと言うと、株式や債券などに投資した場合は期待リターンは無リスク金利よりも高くなると言えます。
それはリスクに対するリスクプレミアムが得られる可能性が高いからだと言えます。
結局は、株式や債券に投資をしてリターンを欲しいのならばリスクを取らなければならないと言えます。
リスク許容度を考える時は、リターンよりもリスクを自分で考える方が重要なのかも知れません。

簡単なようで難しい問題ですね

株や債券などのリスク性資産に投資をすれば、増えることもあれば減ることもあるという当たり前のことに対する「理解」と、損失に対する「覚悟」がリスク許容度そのもののような気がしています。
平時にその「理解」と「覚悟」を実感的で腹の据わったものにするためには、記事中にあるような「想像力」がまさに肝になってくるのでしょう。

んまぁ、実際に3~4割ヤラれてるような状況ではメディアも「まだまだ奈落の底まで落ちるぞぉ~!」的に悲観一色になって不安を煽りまくっているでしょうから、その時の自分の感情を含めて、想像だけで実体験並みのイメージを持つことは難しいかもしれません。

リスク許容度を考える上で、「理解」「覚悟」「想像」「経験」の割合は、各人の状況や性格などによって様々なのでしょうが、どれも重要なファクターなのでしょうね。

うまく行っている人はファイナンシャルプランナーと縁遠くなると言うのもあるかもしれません。

損失が出るときのほうがリスク許容度が上がった私はレアなんでしょうかね^^;;

個人的には日本含めた先進国債券とGOLD以外は 今からでもコツコツ
買っておけば報われるときもくるんじゃないの?程度に楽観してます。

リスクをより意識したほうが良い人は「ローンのある人」「使うお金が
決まってる人(養育費・車・旅行等)」「収入が無くなる不安のある人
(リストラ・定年)」かなと思います。

あとは、運を天に なるようにしかならんということで

リーマンショックのおかげで自分のリスク資産に対するおおまかな
許容度(最悪、ここまで下がっても対処しよう)が計れるように
なったのは大きいですね。しかも、30代で経験できたのはラッキー
です。


ロスカットラインを仮に30%損失までと決めておいても、
実際にそのラインまで来たときに、損切りできるかどうか・・・
また、実際に損切りした場合、もしその後に急上昇したときに、
また再度投資をするだけのガッツが残っているかどうか・・・
そんなことを思い悩むよりは、
最初から損切りはしない。全損OKと開き直った方が吉では?

ちなみに私の経験では損切りは鬼門です。
後で検証してみて、
やって良かったと思えた試しがないです(^^)

そうですね。
%よりも将来的には絶対額の方がキツイかもしれません。
リーマンの時にはポートフォリオを振り返ると月ベースではー40%くらいで収まってましたが、記憶ではその日の最大瞬間風速では-50%近くまでいっていた記憶があります。
それでも水瀬さんのブログみながら泣きながら毎月積み立てしましたけど。(笑)
今思えばそれが一番積み立て原価を下げるのに役立ってますし、ある意味鈍感度が強くなった気がします。
仮に1億の目標が達成できたときって、変動幅が5%~10%だとすると月によっては500~1000万金額が上下するってことですよね?
耐えれるかなぁ?(笑)

>ろうちゃんさん

リスク許容度を日経平均の動きで想像するのは無理があると思います。
日本一国の指数の動きは、世界経済全体の動きとはかけ離れています。
ご自身のポートフォリオに近いデータをもとにリスク許容度を考えるのが適当かと思います。

損失に耐えられるだけの投資額に抑えることには100%同意です。


>うさみみさん

現在は世界経済は試練の時ですが、そのうち回復に向かうかもしれませんし、ずっと底練りなのかもしれません。
大切なのは、相場環境とは関係なく、ご自身のなかのリスク許容度はどのくらいなのかということだと思います。
二度とフラフラにならないリスク量に方向転換されたのであれば、問題ないのではないでしょうか。


>Kayさん

バンガードのアンケート、参考になると思います。
ありがとうございます。

余談ですが、「ウォール街のランダム・ウォーカー」(バートン・マルキール著)にも「リスク選好テスト」という13問のテストがありますので、ご参考にされてもいいかもしれません。


>ぷれでたさん、hideさん

リスク許容度を、「率」で把握するか「額」で把握するかという問題だと思います。
人によりますが、投資しはじめはどちらでもいいと思いますが、最終的には「額」で把握しておいた方が無難だと思います。
資産額が大きくなってきたところで挫折するかたもいらっしゃるようです。


>タカちゃんさん

どこまでのリスクを織り込むかは人それぞれですが、世界の株式時価総額程度に国際分散投資をしていれば、一国の震災リスクをそれほど意識しなくてもいいような気もします。
結局は、一国集中にせず、分散が大切ということになろうかと思います。


>虫とり小僧さん

>>増えることもあれば減ることもあるという当たり前のことに対する「理解」と、損失に対する「覚悟」がリスク許容度そのもの

まさにそのとおりだと思います。
その当たり前のことが、なかなか理解されていないのでしょうね。


>HTさん

仰るとおりの傾向はありそうです。
定期的コンサル契約でない限り、うまくいかなくなってからFPの門をたたくというパターンは容易に想像できます。


>宮さん

宮△


>mushoku2006さん

損切りラインを決めていないのでなんとも言えませんが、損切りは、それそのものよりも、その後のエントリータイミングが何倍も難しいと思います。
相場動向を読めるかたがうらやましいです。

あまり信用しない方がよろしいかと・・・

http://diamond.jp/articles/-/9327
同じ時期のダイヤモンドオンラインでFXを進めるなど、相手にあわせてテキトーに答えてる印象です。
「昨年夏頃から、本格的に資産運用を始めたいというお客様からの相談が増えてきました」
東証での記事と言ってる事が全然別。ダイヤモンドの記事をみて、生半可な事言ってるなあと思いましたが、東証の記事とあわせるともうメチャクチャですね。
ETFに関する話なのでインデックスよりの話をしてるだけで、実際の所FPでは無く金融ライターという印象ですね。金融ライターでも別にかまわないのですが、FPの立場を装って発言するなよ、と思います。

>nyさん

リンク記事を見て、ハハハ、なるほどな~と。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

トレーディングは老人のゲーム

VWO(バンガード エマージング マーケットETF)を売りました。 5月25日に37.38ドルで買って、9月22日44.1ドルで売却です。 粗利で19.7%でした。 保...

【第1回】リバランス【債券買い増し・アロケーション変更】

■リバランスの季節 4月2日のエントリーで、アセットアロケーションを決定し、それに基づいた積み立てを始めました。 あれから半年。理想...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)