投資信託の「基準価額」?「基準価格」?

一般に、投資信託の価格のことを「基準価額」(きじゅんかがく)と言います。

目論見書にもそう書かれています。
先般、目論見書の簡素化が行なわれ、一部の専門用語が一般的な用語に変更されましたが、変更後も基準価額は基準価額のままのようです。

ところが、日経新聞では基準価額のことをなぜか「基準価格」(きじゅんかかく)と表記することが多いのが、昔から気になっていました。
今朝の日経新聞でも、4面中央の「ことば」というコーナーで「投信の基準価格」という用語解説記事がありました。(内容は投信の基準価額についてでした)

実は以前、ある日経新聞関係者のかたに、「どうして日経新聞では基準価額のことを基準価格と表記することが多いのですか?」とこの疑問を投げかけたことがありました。
その時のお答えが以下のとおりです。

『「基準価額」という表現には相応の理由があるわけでしょうから、専門家の中には「基準価格」という言葉に違和感を感じられる方もいらっしゃるかとは存じます。ただ、あまり本質的な問題が生じないのであれば、できるだけ一般の人にわかりやすい表現を使った方がいいというのが、社内の多くの意見だと思います。』

一般の人にわかりやすいからというのが理由のようです。
たしかに、「基準価額」ってわかりづらい。
僕も投資信託の勉強をして初めて「価額」なんて言葉に出会ったクチです。
ただ、かといって正式な用語があるのに、それを勝手に書き換えて伝えてしまっていいのかどうかも、ちょっとだけ引っかかります。

もしかしたら、投資信託とは関係ない他のいろいろな言葉全般でも、専門用語は一般的な用語に書き換えて報道されているのかもしれませんね。
新聞社も、言葉の使い方はいろいろ苦労されているようです。

ちょっとした雑学記事でした。
関連記事


  





コメント

取得価格と取得価額の違いとかも分かりづらいですよね(^^;

本質的な意味

こんにちは。こちらには初めてコメントさせていただきます。

私もこの2つについては、調べたことがあるのですが、わかりやすく解説されているサイトがあって、価格=price 価額=value
だから、2つは間違いやすいけど違うものなんだよ…という説明でした。

厳密に言うと、同じとは言えない気もしますが、一般の人には説明しても???かもしれませんね。字もそっくりだから見落とすかもしれないしw

これはどうなんだろう。勝手な判断で似た言葉に置き換えているだけで混乱のもとのように思います。
気付かない人は気付かないし、気付いた人は混乱する良くない例ですね。

もともとは、「基準・価額」ではなく「基準価・額」ではないでしょうか?
つまり、「基準価」の「額」。
この場合の「価」は、例えば「地価」の「価」と同じ意味です。

私はむしろ、「基準」と言う単語に違和感があります。
この数字が「基準」なんだ、参ったか、と言われているようで(笑)。

現在平均価格、あたりがニュアンスが近いですね。

へ~っと勉強になりました。
なんとなく、、、なんとなくで分かりやすいほうが日本語らしい

ってことに近い気がしますが、、価額と価格は違うでしょう・・・って
気もしています。

会計では、価格は単価を、価額は単価に数量を乗じた総額を指すという使い分け、ではないでしょうか。
そういう意味でいえば、基準価格が本来的に正しい使い方と思っています。
売出しの目論見書作成の際、やはり混同が見られたので質したことがあります。
明確な理由はなく、いつのまにか使われたものが続いており、いまさら直せないのです。そんな返事がありました。
意外にそんなことってありますよ。

今まで気付きませんでした。この言い換えで一般の人にとってわかりやすくなっているとは、とても思えないのですが…。

この件で相続税法を思い出しました。相続税の課税標準は「課税価格」と規定されており、これを「課税価額」と書こうものなら、絶対に税理士試験には合格できません。

用語は厳密に規定されているものなのですから、恣意的に勝手に変えるのは極めて問題だと思うのですが…。金融商品取引法で規定されていないのかな?

面倒なので・・・

実際にはマスコミ用語で見られるように、専門用語ではないけれどもヒットした用語は沢山あります。
例えば集中豪雨、脳殺がそれです。

ただし、僕の場合は言葉の厳密な定義を使いたいとは考えていません。
例えば「インフレ率年-0.3%」と言えば「年率0.3%のデフレ」と同じ意味を持ちます。
しかし、一部の専門家からは「インフレ率年-0.3%」という表現はおかしいと言う人もいます。
決算短信を見ると「のれん」が載っている場合があります。
「のれん」の値がプラスで有ればB/Sの固定資産に、「のれん」の値がマイナスならばB/Sの固定負債に計上されて20年以内に定額法、その他合理的な方法で償却する事になっています。
会計用語的には符号が必ずプラスで借方、貸方になるのですが、面倒なので符号をつけて表現しています。
僕の場合は別にプロを目指す訳ではないので理論的に正しければ多少の言葉の厳密さは犠牲にしても良いと考えています。

>虫とり小僧さん

なに!?そんな言葉の違いもあるんですか。
意識したことなかったです…。


>fp cercleさん

こちらでは、はじめまして(^^)
英語の意味でいうと「価格=price 価額=value」のようですね。
ツイッターで教えていただきました。

最後の一文字の違いって、見落としやすいですよね。
単純に覚え違いをしているかたも多いようです。


>HTさん

難しい問題です。
でも、あとで出てきますが、ETFの基準価額と市場価格の乖離などの説明がしづらくなると思いますので、私は基本どおりの「投信の基準価額」で今後も記事を書こうと思います。


>ひょっとしてさん

あはは、そうかもしれませんね。


>ひでさん

私は一般に分かりやすい言葉に変えるなら、単に「価格」でもいいんじゃないかとも思いました。
(日経新聞関係者さんにもそう提案しました(^^ゞ)


>矢向さん

分かりやすさを横においておけば、意味が違うので使い分けるのが本筋だとは思います。


>chocobiiiさん

何事もはじめが肝心ということでしょうか(^^;


>取りすがりさん

FPの資格試験などではどうなっているのか、ちょっと気になりました。


>タカちゃんさん

マスコミ語があったりして、ますます言葉は難しいですね。

野村アセット・マネジメントにPrice/Valueの違いに触れた項目を見つけました。
http://www.nomura-am.co.jp/basicknowledge/mame/12_bunpai/

本来なら別物のValueで売買できてしまうからPriceと混同されているのかもしれませんね。

(twitterではETFのValueとMarket Priceを挙げさせてもらいましたが)
"基準価格"だと、売買価格を示すのであって、ファンドの資産の価値を表してしていません。ファンドの中身の有価証券の価値に触れていない表現です。
一方"基準価額"だと、ファンドの中身の有価証券等の価値を評価した表現となりそうです。

少しずれますが・・・このエントリーで触発された便乗エントリーを書く予定です^^;

>吊られた男さん

価格と価額の違いを明確に説明していると思います。
ただ、別の意味で「これが野村の免罪符か」と思ってしまいました(分配金のくだり)。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)