あと5年で先進国は新興国に追い越されるそうです

世界銀行によると、世界経済に占める新興国の割合は2015年までに先進国を上回る見通しとのこと。

Bloomberg.co.jp 2010/09/27より引用】
世界経済に占める新興国の割合、15年までに先進国を上回る-世銀
世界銀行によると、世界経済に占める新興国の割合は2015年までに先進国を上回る見通しだ。東南アジアや中南米で中産階級が拡大し、公共・民間投資が増加することが背景。
【引用おわり】

あと5年で先進国は新興国に追い越されるようです。
……えーと、いくらなんでも早くないですか?
先日ブログで紹介したゴールドマンサックスの元レポートでは、世界経済(GDP)に占める新興国の割合は、2020年に49%でした。
(関連記事)
2010/09/17 世界の株式時価総額比率とMSCI AC Worldインデックス比率は違う?

予測は所詮予測なのでいろんな数字があっていいのでしょうが、あまりの早さにびっくりしました。
でも、世界金融危機後の先進国経済の停滞と新興国経済の発展を見ていると、あり得ない話でもないなという気がしました。

期待の新興国経済にブレーキがかからないことを祈りますが、もしそうなっても生き残っていけるような分散投資をしていたいと思います。




関連記事


  





コメント

ドル換算だからドル安になって一気に差が詰まってますよ、
ってのが要因の一つかも、とか思いました。

先進国と新興国って

正直、先進国と新興国の境目ってなんですか??
そう率直に問われると実はよくわからなかったりしますね。私は先進国、新興国といった区別は大した意味を持たないと思っています。首脳会議なんてG20ですし。もう半分先進国みたいな国もたくさんあります。
投資の世界ではそれぞれの国の成長力があり、リスクがある。それに対して分散投資の意味がある。それだけだと思っています。私が先進国インデックスと新興国インデックスに投資するのはその方が重複が少なくて便利だからそうしているだけで、特にどちらがどうという意識は薄いです。皆さんはいかがでしょうか?

やはりカントリーリスクが怖いです

最近は尖閣諸島の問題も有り、中国からの圧力が怖いです。
新興国に占める中国の割合が高いので、何もない事を祈るばかりです。
インデックスの構成比率が大国に偏ると、その国で何かが起きた時に問題が起きるケースがあるので本当は1国の比率を均等に投資した方がリスクが少なくなる事もあります。

>ななしさん

ドル安が影響、それはあるかもしれませんね。


>kackyさん

先進国と新興国の定義はいろいろあるみたいですね。
MSCI社では以下のようです。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1510.html#comment10637


>タカちゃんさん

中国が国境に対して強硬に出ているのはなにも日本に対してだけではないようですよ。多くの周辺国に対して強硬姿勢。
あ、カントリーリスクの恐怖を増幅してしまいました?(^^;

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

世界のトップ企業50 その産業構造から日本の将来を考える

Sep 24 2010 米アップルの時価総額、中国ペトロチャイナ抜き世界2位に 【記者:Adam Satariano】  9月23日(ブルームバーグ):米アップルの時価総額が一時、中国のペトロチャイナ (中国石油)を抜き、世界2位となった。多機能携帯電話「iPhone(アイフォーン

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)