STAM、eMAXIS、CMAMの販売体制比較

本日より、eMAXISが楽天銀行で取り扱われることになったそうです。

三菱UFJ投信 プレスリリース
2010/09/28 ネット投資家向け「eMAXIS」(イーマクシス)を楽天銀行が取扱開始

このニュース自体は「へ~」という感じでしかなかったのですが、そもそもどこで取り扱っていたのか確認したくなりました。
せっかくなので、STAM、eMAXIS、CMAMの販売会社がどうなっているのか比較してみたいと思います。
外国株式クラスを例にとってみます。(出典:モーニングスター)

■STAM グローバル株式インデックス
楽天証券、カブドットコム証券、リテラ・クレア証券、フィデリティ証券、ジャパンネット銀行、マネックス証券、日興コーディアル証券、浜銀TT証券、東海東京証券、SBI証券、商工中金、山陰合同銀行、楽天銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行
計15社

■eMAXIS 先進国株式インデックス
楽天証券、ジャパンネット銀行、日興コーディアル証券(投信スーパーセンター専用)、マネックス証券、カブドットコム証券、楽天銀行、SBI証券
計7社

■CMAM 外国株式インデックスe
楽天証券、SBI証券
計2社

STAMは、ネット証券をはじめ、大手証券、中堅証券、メガバンク、ネット銀行など幅広く販売体制を敷いているのがわかります。
これが、純資産の拡大に寄与してきたであろうことは容易に予想できます。

eMAXISは、ネット専用商品ということで、ネット証券、ネット銀行を中心に販売体制を敷いています。
冒頭のニュースはここに楽天銀行が加わったというものでした。
(それにしても、モーニングスターのデータでは既に楽天銀行が加わってました。仕事早いなぁ)

CMAMは、楽天証券とSBI証券の2社でしか取り扱っていないんですね。
マネックス証券すらまだという状況。
ファンドの純資産がまだ小さく今後の拡大が求められていますが、そのためには販売チャネルの拡大も図った方が良いような気がします。

インデックスファンド3兄弟でも、販売体制はまちまちだということが分かりました。
これが、今後の規模拡大にどう影響してくるか、動向を見守りたいと思います。

<追記>2010/09/29
モーニングスターのデータでは、eMAXISの販売会社に「日興コーディアル証券」とありましたが、日興コーディアル証券に確認したところ取り扱っていないことが判明しましたので、記事から削除しました。


<追記>2010/09/30
モーニングスターに確認したところ、データが誤りで更新処理をしたとのこと。システム上の都合で本日夜に反映されるそうです。
関連記事


  





コメント

あまり店舗はないのですが、
eMAXISとCMAMも、SBI証券の店舗では買付手数料が無料で購入ができたと思います(STAMは手数料あり)。

あまり活用する人はいないかもしれませんが、
窓口からでも購入できるっていうのは嬉しいですよね。

これからも3ファンドには頑張ってほしいです。

>かえるさん

ネット証券であるSBI証券のリアル店舗は、独特な存在ですよね。
ネットが使えないけどネット証券が使いたい客層が一定数いることは分かりますが、コスト的にペイしているのかちょっと心配です。

STAM取り扱いだけではなく楽天銀行になった時から感じたことですが、楽天銀行と楽天証券の2重販売体制を楽天はどう考えているのでしょうかね。楽天証券に口座を開かない人にも買ってもらえるのでOK!!なのか、管理を1本化したいと考えているのか・・・とか気になります。

また、SBI、楽天、マネックスの3社をメインに使っていると、CMAMと他2ブランドの差は余り感じませんでしたが、こう販売チャネルを書いてみるとCMAMが圧倒的に貧弱に見えます。

>吊られた男さん

僕達にとっては投資信託という共通取扱商品がありますが、基本的には銀行と証券という基本機能は別なのだろうと思っています。

本文でも書きましたがCMAMは純資産拡大のため、販売チャネルに拡大余地がまだあると思います。
せめてマネックスを!

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)